*

【Kindleセール】仕事・研究の生産性向上にむけて|イシューからはじめるエッセンシャル思考

公開日: : 最終更新日:2019/05/04 Kindle, オススメ書籍

本日の Kindle 日替わりセールに、グレッグ・マキューンのベストセラー『エッセンシャル思考』が登場。今日いちにち限定で54%オフと大幅値下げとなっているので、この機会にぜひ一読をおすすめしたい一冊だ。

Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める著者の99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?本書で紹介するエッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。

エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になるが、時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。

 

 

本書の副題が「最小の時間で成果を最大にする」となっているように、いかにして大事な部分を見極めそこに集中するかということがテーマとなっている。つまりは仕事の生産性をどう高めていくかという議論である。そんな生産性にいま再び注目が集まっているように、伊賀泰代『生産性』は、ずばりのタイトルでこのテーマに直接向かい合っており、こちらも合わせて読むと効果的。

かつて日本企業は生産現場での高い生産性を誇ったが、ホワイトカラーの生産性が圧倒的に低く世界から取り残された原因となっている。生産性はイノベーションの源泉でもあり、画期的なビジネスモデルを生み出すカギなのだ。本書では、マッキンゼーの元人材育成マネジャーが、いかに組織と人材の生産性を上げるかを紹介する。

 

 

 

さて、そんな本書をざっと読んで思い出したのが、数年前に出版された『イシューからはじめよ』である。こちらも同様に、本当に大事なことだけに集中すべきだと説いた一冊であり、個人的には上記の『エッセンシャル思考』や『生産性』よりも面白く読んだ。

 

それではなぜこの『イシューからはじめよ』が読み応えのある一冊となっていたのか?それは著者のユニークな経歴によるところが大きい。

1968年富山県生まれ。東京大学大学院生物化学専攻にて修士号取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。4年半の勤務後、イェール大学・脳神経科学プログラムに入学。平均7年弱かかるところ3年9カ月で学位取得(Ph.D.)。2001年末、マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域における中心メンバーの1人として、飲料・小売り・ハイテクなど幅広い分野におけるブランド建て直し、商品・事業開発に関わる。また、東京事務所における新人教育のメンバーとして「問題解決」「分析」「チャートライティング」などのトレーニングを担当。2008年よりヤフー株式会社に移り、現在は執行役員・チーフストラテジーオフィサーとして幅広い経営課題・提携案件の推進などに関わる。

 

上記プロフィールにあるように、この著者・安宅和人氏はマッキンゼーを経てイェール大学でPh.D.を取得しているのである。しかもとんでもなく短期間で!

 

なぜそんなことが可能だったのかは、氏のブログ「ニューロサイエンスとマーケティングの間」でも紹介され、それに大幅加筆の上で出版されたのが本書『イシューからはじめよ』なのである。だからこの一冊は、デキるビジネスマンの思考法として読むよりも、質の高い論文を量産するアメリカの研究者の思考法として読むと、現在の博士課程学生等にとっても、ものすごく役立つ内容となっているのである。

 

詳細はぜひ本書を読んで頂くとして、そのポイントを抜粋すると以下の四点が重要になる。

  1. まずイシューありき
  2. 仮説ドリブン
  3. アウトプットドリブン
  4. メッセージドリブン

 

 

つまり、まずは何よりも、自分は何にケリをつけるのか(=issue)を明らかにすること。そして研究を始める段階でトップメッセージとそれを科学的にサポートするための複数のサブ論点といったリサーチデザインを明確にしておくこと。後はそのデザインに沿って穴埋めするようにエビデンスを出していき、必要に応じて仮説に修正を加えていくこと。最後にこれがとても大事なことだと個人的にも思うのだが、上記のように進めてきた必然の結果として、提示されるメッセージが非常に説得力を帯びたものとなること。なぜこれに取り組んだのか、なぜこれが大事なのか、そして何を明らかにしたのか、そういった一連のテキストがクリアだからこそ、論文を査読誌に投稿しても採択率が高くなるのだという。

 

英語での論文ライティングは英語の問題(だけ)ではなく、そもそもの研究の構想の仕方と具体的な進め方に深く関わっているということ、そしてその根幹を成す思考法にまで遡って解説したものだからこそ、本書『イシューからはじめよ』は稀有の一冊となっているのである。ビジネスマンを主な読者対象として執筆されベストセラーとなったものだが、研究者そしてその卵である大学院生こそ読んでおきたい一冊なのではないだろうか。おすすめです。

 

 

最後に、もしも仕事全般の生産性向上ではなく、研究者としての生産性アップ、すなわち、いかに効率的に研究テーマを見つけて取り組み結果を出し、そして論文にまとめて発表する、ということに特に関心があるならば、以下の2冊を追加でおすすめしたい。1冊目は「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」の中で紹介したポール・シルヴィア『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか 』であり、2冊目は「おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント」で紹介した、同著者による続編『できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント 』である。研究者および大学院生には、理系・文系分野を問わずにぜひ一読をおすすめしたい良書なのだ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

闘う頭脳|将棋棋士・羽生善治VSチェス棋士ガルリ・カスパロフ

今年3月にNHKーETV特集で放送された「激突!東西の天才 将棋名人羽生善治 伝説のチェスチャンピオ

記事を読む

2015年ことしのベストセラー|紙書籍編

先日の「ベストセラー電子書籍編」に続き、今回は本ブログ経由でよく読まれた紙の書籍編を紹介しよう。以下

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったな

記事を読む

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント

以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」でもおススメしたように、ポー

記事を読む

町山智浩最新作『言霊USA2016』は、シリーズ最高の現代アメリカ社会批評だ

以前に、「町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評」と絶賛したように、町

記事を読む

shougi denou sen

「われ敗れたり」:完敗だったが名勝負もあった第3回将棋・電王戦

今夜11時放送のTBS「情熱大陸」は、将棋・電王戦。  将棋のプロ棋士とコンピューター将棋ソフトが

記事を読む

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments of History" がよう

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑