*

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 Kindle, 英語

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれている。その中にある、僕がこれまでおすすめしてきた26選を改めて紹介しておこう。

 

まずは面白おかしく。ユニークな英語テキスト3選

何と言っても最初にご紹介したいのがこのユニークな3冊。「史上最高の英単語テキスト、その実践編がまさかの登場」で紹介した『出ない順 試験に出ない英単語』、「ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?」で書いた『ジョジョで英語を学ぶッ!』、それに「学校では教えてくれない」で触れた『正しいFUCKの使い方』の3選のことである。

 

それぞれ余りにも強烈なアプローチで読者の度肝を抜く構成となっているが、大変おもしろいことにこれら3冊の根底に流れる哲学は全くいっしょ。それは、日常生活では絶対に使うことがない英文をずらりと揃えたということ。それでも学びたいという奇特な、いや勉強熱心な方にはハートに刺さること間違いなし。

 

 

次は真面目に。ブルーバックスのアカデミック・ライティングシリーズ

先日もまとめて紹介したが、サイエンスものでよく知られる講談社ブルーバックスには、実は英語テキストそれもアカデミック・ライティングに関するものが豊富にそろっているのである。原田豊太郎と倉島保美の以下のシリーズも、今回のセールでまとめて20%還元。日本語で書かれた英語アカデミックライティングの書籍を探しているならぴったりだろう。

 

 

日本人の英語観を変えたマーク・ピーターセン『日本人の英語』シリーズ

マーク・ピーターセンの『日本人の英語』が岩波新書として登場したのが1988年。大ベストセラーとなったのはご存じのとおりであり、日本人のための英語学習テキストというジャンルにおいて、この本の影響を受けていないものはないだろう。それくらいの歴史的一冊であり、その後も続編そして実践編と続いた。もしも未読ならこの機会にシリーズでぜひ。

 

 

日本人による歴史的名著・杉原厚吉の『理科系のための英文作法』

マーク・ピーターセンとともに、もう一つの名著と名高いのが、1994年に中公新書から出版された杉原厚吉『理科系のための英文作法』だ。「理科系のための」という表現は、科学的というよりは論理的という意味として現在も数多くの書籍で使われるものだが、そのはしりは1981年に同じく中公新書が出した木下是雄の『理科系の作文技術』であろう。本書はその英語版という位置づけに他ならない。

 

 

英語自慢の鼻をへし折った越前敏弥の『日本人なら必ずミスる』シリーズ

そんな杉原厚吉の傑作に対し果敢に挑戦したのが越前敏弥だった。『ダヴィンチ・コード』等のベストセラー小説の翻訳家として知られる越前は、英語をどう自然な日本語に訳せばよいのかを日々自ら考え続けただけでなく、翻訳スクールで講師を務めたことからも、どんなミスをなぜ犯してしまうのか、ということに関して圧倒的な知識と経験を有しており、それを基にしたのがこのシリーズなのである。「英語自慢の鼻をへし折る」というキャッチコピーは伊達じゃないぞ。挑戦してみる?

 

 

岡倉天心・白洲次郎ら過去の英語マスターに学ぶ斎藤兆史の『英語達人』シリーズ

さて、「日本人は英語が苦手」というのは本当なのか?ということを歴史をさかのぼって確かめたのが斎藤兆史であり、結論は「いや、そんなことはない」である。そして、岡倉天心、野口英世、白洲次郎といった英語マスターとして知られる歴史上の人物たちが、いかにして英語をものにしていったのか、その勉強法について開陳する。とくに勇気づけられるのは、こうした歴史的偉人がみな必ずしも最初から英語ができたわけではない、ということ。勉強方法を工夫し、努力で勉強量を確保し、そして高みへと到達した彼らの足跡は、間違いなくこれから英語を学習しようという人を鼓舞するものである。

 

 

パワフル英単語に置き換えて文章を見違えるほど洗練させるシリーズ

そんな英語学習にかける努力もできれば最小限で、という効率重視でいきたい人には、関谷英里子の『ビジネスパーソンの英単語帳』シリーズがおすすめ。ちょっとした英単語に置き換えるだけで、自分の発言内容、文章内容がぐっと力強く説得力に溢れたものとなる。ウィリアム・ヴァンスの『パワー英単語』も同様のねらいの一冊であり、個人的にはこちらの方をおすすめしたいが残念ながらKindle化されていない。

 

 

英語学習のあいまの息抜きに

最後に、英語学習というのは大変ツライ、と思わない方がいいだろう。おもしろおかしく、そして楽しく英語を学んでいくには息抜きも欠かせない。というか息抜きの方が面白く英語を学べるんじゃないだろうか?と思ってしまうのが以下の3冊。ちょっとした隙間時間などにぜひ。英語っておもろいなぁ、と感じること間違いなし。

 

 

というように、今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンではほぼ全ての書籍が20%還元と大特価となっているが、その中でも上記で挙げた英語テキストは要注目だろう。英語をおもしろおかしく勉強できる優れた書籍だとおすすめしたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

世にもおもしろい英語|あなたの知識と感性の領域を広げる英語表現

小泉牧夫の『世にもおもしろい英語』は、サブタイトルにある通り「知識と感性の領域を広げ」、英語という言

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読めるこの漫画がすごい:思わずハマったコミック12選

「電子コミックの時代がやってきた」でも紹介したように、日本ではとくに電子コミックが現在の市場を牽引し

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

関谷英里子の『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』が現在Kindleで大幅に

記事を読む

writing and editing English

英語論文の書き方:英文ライティングここから始める必読テキスト4選

「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」で書いたように、国際大学の修士学生の多くは、各

記事を読む

writing a research paper

英語論文の書き方:スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング

3回連続で紹介したおすすめ英語ライティングテキスト、の続き。 英文ライティングここから始め

記事を読む

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深く読んだ。出版から2年で30万

記事を読む

Kindle電子書籍で、一生に一度だって使わないジョジョの奇妙な英語を学ぶッ!

いよいよKindle電子書籍で(ごく一部のファンの間で)超話題の(かも知れない)アノ一冊が登場した。

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑