*

【Kindleセール】月替わりキャンペーンおすすめの7冊

公開日: : Kindle

さて2020年度も早くも上半期が過ぎ、下半期の10月がスタートした。そんな今月の、Kindle月替わりセールにも注目作が多いので紹介しておこう。まずは、ゲーム理論のベストセラーにしてロングセラーの『戦略的思考とは何か』が、通常の半額以下という大特価。ビジネスから政治まで、戦略が欠かせない身近な事例を題材に、ゲーム理論のエッセンスを平易に解説するこの良書、まだ読んでいないのであれば、ぜひこの機会にどうぞ。

ゲーム理論を学ぶなら、この1冊!定番の超ロングセラーです。エール大学で教授される戦略思考の原点をビジネス・映画・スポーツ・国際政治などの例を用いてわかりやすく解説。


 

続けては、近年ますます分析の精度が高まっているセイバーメトリクスからこの一冊だ。アメリカで始まったマネーボール革命は、いまや日本でも当たり前となった。選手それぞれの成績をもとに、だれがどれだけ本当に勝利に貢献しているのかを定量化するこの流れはますます加速していくだろうし、それによる年俸査定も当然のこととなっていくだろう。野球の見方をより面白くするこのデータ分析を視点を知りたいのなら、ぜひ本書から始めるといいだろう。これもいつもよりも半額以下と大幅値引き中です。

統計を基に選手やチームを評価するセイバーメトリクスは、もはや野球界の常識となった。だが、マネーボールでそのさきがけとなったオークランド・アスレチックスは以後、一度もワールドシリーズへ進出できていない。データ分析が当たり前となった今、世界のトップたちはどのように周りと差をつけているのか? ダルビッシュ有選手を筆頭に多くのプロや専門家から支持を集める独学の素人が、球界の最先端トレンドを明らかにする。


 

 

さらには、僕がいつもおススメする高野秀行のこの名著も大特価となっている。飲酒が禁じられているイスラム教の国々で、酒を飲んでみたい。そんな型破りの願望を見事かなえるまでの奮戦記にこちらも思わず手に汗握ってしまう。周りの目を避けるようにして、地元民が、地元民の手で、地元民のために用意する密造酒。それを一口のんだときの旨さったら、すごいらしいよ。ちなみに僕自身もこの本に(悪)影響され、某イスラム教の国で、こっそりお酒飲みに行ったことがあるのだが、極めてアヤシイ経験でした(汗)。

「辺境作家」の著者は、毎日酒を飲まないと一日を終えられない。取材でイスラム圏にいるときも必死でご禁制の酒を探す。そこで見えてきたイスラム圏の“建前と本音”とは?


 

 

また、漫画『宇宙兄弟』で一躍注目を浴びることになった宇宙飛行士の選抜試験。密室に一定期間閉じ込められての共同生活、次々と降りかかるトラブルに心にストレスを抱え、人間不信に陥っていく。そんななか、誰の言葉を信じ、誰の行動についていくのか、そんな強いリーダーシップを備えた人物をどう探し出すのか。漫画ももちろん圧倒的な迫力だったのを覚えている人が多いと思うが、その現実がここにあるのだ。大変興味深い貴重なドキュメンタリーのこの一冊も、いまだけ半額以下とお買い得です。ぜひ読んでみて欲しい。

2008年2月、日本で10年ぶりとなる宇宙飛行士の募集・選抜が行われた。本書は、この選抜試験の取材を日本で初めて許され、さらに候補者10人に絞られた最終試験で、その一部始終に密着することに成功したNHKの番組スタッフによるドキュメンタリー。10人の行動をつぶさに追いながら、宇宙という極限の状況下で自らの命を賭け、かつ他の乗組員の命をも預かる宇宙飛行士とはどういう職業なのか、その資質と人間力に迫る!


 

 

最後におすすめしたいのが、こちらの一冊『トレバー・ノア 生まれたことが犯罪!?』だ。強烈なタイトルと思うだろうが、いやいや彼の人生そのものの方がもっと激烈、そんな内容なのである。アメリカのこの人気コメディアンによる本書は、トランプ大統領のもと、アメリカで人種差別問題がさらに深い分断を招き、Black Lives Matter 運動につながっている今だからこそ刺さる一冊だ。日本ではなかなか根付かない、政治風刺というアメリカンコメディを知る意味でも面白い一冊だ。普段あまり読むことがないかも知れないこんな書籍こそ、半額セールのいま読んでみてはどうだろうか。

「人生は不公平」なんて愚痴を吹き飛ばす涙と笑いの痛快な自伝。渡辺由佳里(洋書レビュアー、エッセイスト)

笑いが未来を開き、生きる力そのものになる。茂木健一郎(脳科学者)

ビル・ゲイツ絶賛、映画化決定。全米注目のコメディアンとその母の愛とユーモアのストーリー。

「ものごとの明るい面を見なきゃ」かあさんにかかれば、どんなにことだって、笑いのタネだ。彼女のその生き様が、ぼくの人生を開いた。

人気風刺ニュース番組「ザ・デイリー・ショー」の司会をつとめる、注目のコメディアン、トレバー・ノア。特にトランプ大統領就任以降、「分断」の騒がれるアメリカでユーモアによって新しい風を吹き込む存在として、注目を集めている。アパルトヘイト下の南アフリカで、彼の人生は「黒人の母と白人の父から産まれたこと」という犯罪行為からはじまった。政府の目をかいくぐって暮らした幼少期、生き抜くために上達したモノマネ、毛虫も食べた極貧生活、悪友たちとの闇商売、モテなかった学生時代の淡い恋……。不条理な状況をユーモアで乗り超えていく母と子の生き様を描いた物語。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介したように、カイザー・ファング著『

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

関谷英里子の『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』が現在Kindleで大幅に

記事を読む

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

Kindle電子書籍でエキサイティングに読もう、今あらためて宇宙論がおもしろい

僕は大栗博司『重力とは何か』を2年ほど前に読み、「この宇宙論はおもしろいよ!」と書いたのだが、その気

記事を読む

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見が世界中で話題となった。「ブラ

記事を読む

稲垣栄洋の植物論と生き物の死にざま

稲垣栄洋の植物論は大変におもしろい。例えば、『雑草はなぜそこに生えているのか』であれば、そもそも書名

記事を読む

Kindle電子書籍で(不)真面目に読める、おすすめ英語テキスト19冊

Kindleで安く手軽に読める英語テキスト。まずオススメしたいのは、何と言っても越前敏弥の『日本人な

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読めるこの漫画がすごい:思わずハマったコミック12選

「電子コミックの時代がやってきた」でも紹介したように、日本ではとくに電子コミックが現在の市場を牽引し

記事を読む

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、ステイホームの継続と静かな

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

no image
宗教的絶望と科学的真理|異色マンガ『チ。―地球の運動について―』が面白い

前回「中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―

ここで今こそ学ぶ倫理です。

1/16土曜からNHKで放送が始まるドラマ『ここは今から倫理です。』は

大人になったら国語辞典|ことし成人式を迎える人への最高の贈り物

コロナ感染の再拡大による、全国で成人式の中止や延期が発表されるなど、大

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受

日本語の誤用をとことんを考える『明鏡国語辞典』が10年ぶりに大刷新|新しい「問題な日本語」

今年も国語辞典の話題が多かったが、最新のトピックとして最も注目すべきな

アイデアと問題解決につづく第3弾『独学大全』ついに登場|一家に一冊、学びの百科事典として

さてさて、あの『独学大全』もう読みましたか? 人生100年時代、つねに

イェール大学出版局「リトル・ヒストリー」は初学者に優しい各学問分野の歴史解説

以前にもおすすめしたのだが、米国イェール大学出版局の “A Littl

中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―地球の運動について』が面白い

『鬼滅の刃』で全国盛り上がっているところ申し訳ないんだけど、ものすごい

PAGE TOP ↑