*

【Kindle大セール】高価格の経済学・統計学・数学関連書も全品まとめて20%還元キャンペーン

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 Kindle, オススメ書籍

今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、なんとほぼ全ての商品に適用されている。であるならば、漫画や新書を買うよりも、ふだんは高価格の書籍をこの機会に買った方が割引される絶対額がずっと大きい。

 

というわけで以下、紙書籍で1,900円以上する、お値段高めの経済学・統計学・数学関連書をまとめてみた。ふだん割引されることがほとんどない書籍が大幅にお買い得となっている今回の大キャンペーンをどうぞお見逃しなく。

 

まずは昨年話題となったピケティの『21世紀の資本』、そして昨年のノーベル経済学賞を受賞したディートンの『大脱出』、そしてアトキンソンの『21世紀の不平等』まで、格差を扱ったこれらの3冊がいずれも20%還元セール。紙書籍で買えば4,000~6,000円もするものだけに、今回のキャンペーンの威力は大きい。

 

 

 

続けて、アセモグルとロビンソンによる『国家はなぜ衰退するのか』。これも上下巻で5,000円するものだからこそ、今回のセールで買うのが極めてお得。

 

 

 

もしもまだ、世界中で大ベストセラーとなった『ヤバい経済学』シリーズや『その問題、経済学で解決できます』を読んでいないならば、いまこの機会にぜひどうぞ。

 

 

 

そして、マーケットデザインという新しい分野を開拓したロスによる『Who Gets What』が、今年3月に翻訳が出版されたばかりなのに、早くも今回のセールに登場。加えて、世界中でベストセラー『ウォール街のランダム・ウォーカー』の最新版までセール対象となっている。お見逃しなく。

 

 

 

経済学の教科書も20%還元セールの対象となっているので要注目である。八田達夫『ミクロ経済学』はサブタイトルにある通り、政策への応用例に詳しい。梶井厚志・松井彰彦『ミクロ経済学戦略的アプローチ』はゲーム理論の副読本に適した一冊だ。教科書がセールされる機会は少ないので、これもチェックをお忘れずに。

 

 

 

さらには、統計学関連での注目作も数多くセール商品にリストアップされている。なんといっても「テーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した『ヤバい統計学』に、「アメリカ大学ランキングの舞台裏」で紹介した続編『ナンバーセンス』はとても面白く読める内容だ。

 

 

 

そして、米国大統領選挙の予測を見事に的中させて時の人となったネイト・シルバーの『シグナル&ノイズ』は、データ・サイエンスに関心のある人すべてにおすすめしたい一冊だ。「今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選」の中でリストアップした書籍でもある。

 

 

 

「スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析」で詳しく書いたように、統計学はスポーツとも相性がいい。『サッカーデータ革命』から『ビッグデータ・ベースボール』、そして『ゴルフデータ革命』と、各スポーツ界においてデータをどう活かすかという熱い競争が始まっている。

 

 

 

もちろん統計学・計量経済学の教科書もお見逃しなく。藪友良『入門実践する統計学』に黒住英司『計量経済学』と、データ分析に必要なスキルはやはりきちんと教科書で学んでおこう。

 

 

 

最後に、数学書としてフレンケルの『数学の大統一に挑む』をおすすめしたい。これも以前に「NHKの数学ミステリー白熱教室がおもしろい|数学の大統一に挑む」の中で書いた通り、昨年大きな話題となったNHKスペシャルの主役フレンケル教授が一般向けに書いた著作である。もしも当時の放送を見逃しているのなら、この機会にぜひこの原著にあたってみてはどうだろうか。

 

 

 

というように、今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、たびたびセールされる漫画やビジネス書だけではなく、普段安売りされることの少ない経済学・統計学・数学関連書までがことごとく対象商品となっている。どうぞチェックをお忘れずに。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

rugby-673453_640

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

kindle-sale-comic-1506

【Kindle大セール】傑作漫画『僕だけがいない街』ついに完結|おすすめKindleコミック12作品がすべてセール中

僕だけがいない街 ついに最終話!ひさしぶりに胸を踊らせながら読み続けていた『僕だけがいない街』が、

記事を読む

medium_4455328823

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は、とくにランナーにはおすすめの

記事を読む

Doctoral-degrees

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

volley-ball

戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術

女子バレーボールのワールドカップもいよいよ終盤戦。リオデジャネイロ五輪への出場権をかけて瀬戸際のニッ

記事を読む

satoshi-movie

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

large_5697155818

文庫で学ぶ行動経済学

昨年は間違いなく統計学がブームとなった一年だった。「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書1

記事を読む

credit: boxchain via FindCC

【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの日」と答えるのが大正解である。

記事を読む

kindle-kadokawa-sale-1502

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

photo credit: Florence Ivy via photopin cc

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑