*

【Kindle大セール】高価格の経済学・統計学・数学関連書も全品まとめて20%還元キャンペーン

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 Kindle, オススメ書籍

今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、なんとほぼ全ての商品に適用されている。であるならば、漫画や新書を買うよりも、ふだんは高価格の書籍をこの機会に買った方が割引される絶対額がずっと大きい。

 

というわけで以下、紙書籍で1,900円以上する、お値段高めの経済学・統計学・数学関連書をまとめてみた。ふだん割引されることがほとんどない書籍が大幅にお買い得となっている今回の大キャンペーンをどうぞお見逃しなく。

 

まずは昨年話題となったピケティの『21世紀の資本』、そして昨年のノーベル経済学賞を受賞したディートンの『大脱出』、そしてアトキンソンの『21世紀の不平等』まで、格差を扱ったこれらの3冊がいずれも20%還元セール。紙書籍で買えば4,000~6,000円もするものだけに、今回のキャンペーンの威力は大きい。

 

 

 

続けて、アセモグルとロビンソンによる『国家はなぜ衰退するのか』。これも上下巻で5,000円するものだからこそ、今回のセールで買うのが極めてお得。

 

 

 

もしもまだ、世界中で大ベストセラーとなった『ヤバい経済学』シリーズや『その問題、経済学で解決できます』を読んでいないならば、いまこの機会にぜひどうぞ。

 

 

 

そして、マーケットデザインという新しい分野を開拓したロスによる『Who Gets What』が、今年3月に翻訳が出版されたばかりなのに、早くも今回のセールに登場。加えて、世界中でベストセラー『ウォール街のランダム・ウォーカー』の最新版までセール対象となっている。お見逃しなく。

 

 

 

経済学の教科書も20%還元セールの対象となっているので要注目である。八田達夫『ミクロ経済学』はサブタイトルにある通り、政策への応用例に詳しい。梶井厚志・松井彰彦『ミクロ経済学戦略的アプローチ』はゲーム理論の副読本に適した一冊だ。教科書がセールされる機会は少ないので、これもチェックをお忘れずに。

 

 

 

さらには、統計学関連での注目作も数多くセール商品にリストアップされている。なんといっても「テーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した『ヤバい統計学』に、「アメリカ大学ランキングの舞台裏」で紹介した続編『ナンバーセンス』はとても面白く読める内容だ。

 

 

 

そして、米国大統領選挙の予測を見事に的中させて時の人となったネイト・シルバーの『シグナル&ノイズ』は、データ・サイエンスに関心のある人すべてにおすすめしたい一冊だ。「今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選」の中でリストアップした書籍でもある。

 

 

 

「スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析」で詳しく書いたように、統計学はスポーツとも相性がいい。『サッカーデータ革命』から『ビッグデータ・ベースボール』、そして『ゴルフデータ革命』と、各スポーツ界においてデータをどう活かすかという熱い競争が始まっている。

 

 

 

もちろん統計学・計量経済学の教科書もお見逃しなく。藪友良『入門実践する統計学』に黒住英司『計量経済学』と、データ分析に必要なスキルはやはりきちんと教科書で学んでおこう。

 

 

 

最後に、数学書としてフレンケルの『数学の大統一に挑む』をおすすめしたい。これも以前に「NHKの数学ミステリー白熱教室がおもしろい|数学の大統一に挑む」の中で書いた通り、昨年大きな話題となったNHKスペシャルの主役フレンケル教授が一般向けに書いた著作である。もしも当時の放送を見逃しているのなら、この機会にぜひこの原著にあたってみてはどうだろうか。

 

 

 

というように、今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、たびたびセールされる漫画やビジネス書だけではなく、普段安売りされることの少ない経済学・統計学・数学関連書までがことごとく対象商品となっている。どうぞチェックをお忘れずに。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

超ヤバい経済学者のゼロベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

『ヤバい経済学』が世界中で大ベストセラーとなったばかりか、その続編『超ヤバい経済学』もヒットさせた売

記事を読む

NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!将棋会館」と題された今回は、東

記事を読む

町山智浩の『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』と、ハズレのない現代米国社会批評シリーズ

「教科書に載っていないし、知ってても全く偉くもないUSA語録」でも紹介したように、町山智浩のエッセイ

記事を読む

japanese dictionaries 1

赤瀬川原平『新解さんの謎』と『辞書になった男』:いま日本で最も売れている「新明解国語辞典」の誕生秘話

これまで何度か、各種おすすめ国語辞典のそれぞれの個性について書いてきたが、その中でも最も「個性的」な

記事を読む

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の定義が変更されることとなった。

記事を読む

japanese dictionaries 1

2015年ことしのベストセラー|人気の国語辞典ランキング

「電子書籍編」および「紙書籍編」に続いて、今回は本ブログ経由でもっとも多く選ばれた国語辞典の紹介であ

記事を読む

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

米国トランプ次期大統領が決まった今こそ読みたい現代アメリカ社会批評

アメリカ大統領選挙の結果、ヒラリー・クリントンが破れ、ドナルド・トランプが次期大統領に決まった、とい

記事を読む

「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた:奇想の画家が発見された背景

相変わらずの伊藤若冲の人気ぶりと言えよう。先日は新潟県立万代島美術館まで「伊藤若冲と京の美術」展を観

記事を読む

テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織圭。その後の凱旋ツアー

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑