*

【Kindle大セール】高価格の経済学・統計学・数学関連書も全品まとめて20%還元キャンペーン

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 Kindle, オススメ書籍

今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、なんとほぼ全ての商品に適用されている。であるならば、漫画や新書を買うよりも、ふだんは高価格の書籍をこの機会に買った方が割引される絶対額がずっと大きい。

 

というわけで以下、紙書籍で1,900円以上する、お値段高めの経済学・統計学・数学関連書をまとめてみた。ふだん割引されることがほとんどない書籍が大幅にお買い得となっている今回の大キャンペーンをどうぞお見逃しなく。

 

まずは昨年話題となったピケティの『21世紀の資本』、そして昨年のノーベル経済学賞を受賞したディートンの『大脱出』、そしてアトキンソンの『21世紀の不平等』まで、格差を扱ったこれらの3冊がいずれも20%還元セール。紙書籍で買えば4,000~6,000円もするものだけに、今回のキャンペーンの威力は大きい。

 

 

 

続けて、アセモグルとロビンソンによる『国家はなぜ衰退するのか』。これも上下巻で5,000円するものだからこそ、今回のセールで買うのが極めてお得。

 

 

 

もしもまだ、世界中で大ベストセラーとなった『ヤバい経済学』シリーズや『その問題、経済学で解決できます』を読んでいないならば、いまこの機会にぜひどうぞ。

 

 

 

そして、マーケットデザインという新しい分野を開拓したロスによる『Who Gets What』が、今年3月に翻訳が出版されたばかりなのに、早くも今回のセールに登場。加えて、世界中でベストセラー『ウォール街のランダム・ウォーカー』の最新版までセール対象となっている。お見逃しなく。

 

 

 

経済学の教科書も20%還元セールの対象となっているので要注目である。八田達夫『ミクロ経済学』はサブタイトルにある通り、政策への応用例に詳しい。梶井厚志・松井彰彦『ミクロ経済学戦略的アプローチ』はゲーム理論の副読本に適した一冊だ。教科書がセールされる機会は少ないので、これもチェックをお忘れずに。

 

 

 

さらには、統計学関連での注目作も数多くセール商品にリストアップされている。なんといっても「テーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した『ヤバい統計学』に、「アメリカ大学ランキングの舞台裏」で紹介した続編『ナンバーセンス』はとても面白く読める内容だ。

 

 

 

そして、米国大統領選挙の予測を見事に的中させて時の人となったネイト・シルバーの『シグナル&ノイズ』は、データ・サイエンスに関心のある人すべてにおすすめしたい一冊だ。「今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選」の中でリストアップした書籍でもある。

 

 

 

「スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析」で詳しく書いたように、統計学はスポーツとも相性がいい。『サッカーデータ革命』から『ビッグデータ・ベースボール』、そして『ゴルフデータ革命』と、各スポーツ界においてデータをどう活かすかという熱い競争が始まっている。

 

 

 

もちろん統計学・計量経済学の教科書もお見逃しなく。藪友良『入門実践する統計学』に黒住英司『計量経済学』と、データ分析に必要なスキルはやはりきちんと教科書で学んでおこう。

 

 

 

最後に、数学書としてフレンケルの『数学の大統一に挑む』をおすすめしたい。これも以前に「NHKの数学ミステリー白熱教室がおもしろい|数学の大統一に挑む」の中で書いた通り、昨年大きな話題となったNHKスペシャルの主役フレンケル教授が一般向けに書いた著作である。もしも当時の放送を見逃しているのなら、この機会にぜひこの原著にあたってみてはどうだろうか。

 

 

 

というように、今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、たびたびセールされる漫画やビジネス書だけではなく、普段安売りされることの少ない経済学・統計学・数学関連書までがことごとく対象商品となっている。どうぞチェックをお忘れずに。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

container boxes

プロフェッショナルのコンテナ物語

昨晩ひさしぶりにNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀 』を見た。「港のエース、ガンマンの絆」と題

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

Kindle電子書籍でエキサイティングに読もう、今あらためて宇宙論がおもしろい

僕は大栗博司『重力とは何か』を2年ほど前に読み、「この宇宙論はおもしろいよ!」と書いたのだが、その気

記事を読む

おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント

以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」でもおススメしたように、ポー

記事を読む

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだろう。NHKでも特集番組となり

記事を読む

世にもおもしろい英語|あなたの知識と感性の領域を広げる英語表現

小泉牧夫の『世にもおもしろい英語』は、サブタイトルにある通り「知識と感性の領域を広げ」、英語という言

記事を読む

統計学と経済学をまる裸にする

ついにあの "Naked Statistics" に、待望の翻訳が登場。そしてあの "Naked E

記事を読む

travel suitcase

留学前に読んでおきたいこの6冊

先日書いた「留学前に。」の続き。留学前にできることは色々とあるだろうが、留学に対するイメージをよりク

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

英国一家、最後に日本を食べる&お正月スペシャル

コアな人気を博していたNHK深夜アニメ「英国一家、日本を食べる」。ベストセラーとなった原作も素晴らし

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kuzushi shougi
藤井聡太・新棋聖誕生|史上最年少タイトル獲得の瞬間を目撃したか?

藤井聡太七段、渡辺明棋聖を3勝1敗で下し、史上最年少で初タイトルを奪取

将棋タイトル王位戦第2局|藤井聡太七段が木村一基王位に大逆転勝ち

いやあ、昨日の王位戦、ライブ中継で観た方は、これはもうとんでもないもの

【Kindleセール】経済学書などの高額書籍が半額キャンペーン

Amazon Kindle電子書籍の、「最大50%OFF 高額書籍キャ

kuzushi shougi
初タイトル目指す藤井聡太七段の連勝と、将棋棋士の獲得賞金・対局料

先日も書いたけど、いま将棋がめちゃくちゃ面白いね。コロナ禍で約2ヵ月間

Amazon専属ワインソムリエに直接聞いてみた、今回のまとめ買いセールでおすすめの6本

Amazonソムリエサービスを初めて使ってみた 以前に「Amazon

天才・奇才のおうち時間|日本に残る最後の秘境・東京藝術大学生の華麗な日常

NHKで放送中の「金曜日のソロたちへ」という番組をご存知だろうか? こ

将棋竜王戦ランキング戦決勝|杉本八段と藤井七段の師弟対決が素晴らしかった

前回、「藤井聡太七段が先勝|現役最強棋士・渡辺棋聖とのタイトル戦」でも

介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段「3度目の逆転人生」

Yahoo! ニュースにも掲載された記事「藤井聡太七段を撃破!介護士か

PAGE TOP ↑