*

工学部助教授にしてベストセラー作家・森博嗣の『作家の収支』|論文執筆スキルを応用してミステリを量産する

公開日: : Kindle, オススメ書籍

先日は多数の電子書籍が期間限定で大幅値下げされており、僕自身も随分と買い込んでしまった。その中でも個人的にとても興味深く読んだのが、森博嗣の『作家の収支』だった。テレビドラマ化およびアニメ化もされた人気作『すべてがFになる』を始めとするミステリーで知られる著者は、これまたよく知られているように某国立大学に勤める工学部助教授でもあったのだ。この一冊が現在の「最大50%OFF|幻冬舎 電本フェア」のおかげで、今だけ52%の値引きに加えて40%のポイント還元と、一体どれだけと思うほどに安くなっているのだ。以下におすすめするように、とても興味深い内容で、生産性向上についても示唆に富むこの一冊を、ぜひこの機会に読んでみて欲しい。

 

 

 

さてまず初めに、将来作家になりたいと思ったことなど一度もなく、専門書は読むけれども小説などにはほとんど関心がない、そんな理系研究者がそもそもなぜミステリーなどを書くようになったのか?それは、趣味の模型に費やす小遣いが欲しかったから、という一風変わった、でもとても純粋な動機からなのである。研究に教育にと、極めて多忙な毎日の中でも何とか時間を捻出して副収入を得たいと思っていた。しかし、他大学で非常勤講師などをしても、通勤時間等を考慮すれば決して割のいいバイトではなかった。そんな中、効率のよい稼ぎとして着目したのが小説を書くということだったのである。この時点ですでに、他の小説家とは明らかに一線を画するスタートなのである。

 

しかも、娘が読んでいた当時の人気ミステリー作品を読ませてもらったところ、その謎解きのクオリティが決して高くないことに気づき、この程度でも世の中のベストセラーとなり得るのかと驚き、そして確信する。これならオレにも書けると。そう心に決めたら後は書くだけである。構想を練り、パソコンに向かい、後は一気に書き上げるだけ。そうやって作品を生み出し続けて19年。じつに著作は280を数え、そして収入は15億円を超えた。

 

PAK58_MBAkatakata

 

作家の世界ではいまだに締切に遅れることが普通にある。気分が乗らない。アイデアが降りてこない。いまはクリエイティブな気分ではない。言い訳はいくらでもできるが、それがそのまままかり通ってしまう業界の体質にも、森博嗣は鋭く批判する。それはこれまで一度も締切に遅れたことなどなく、それがプロフェッショナルとして最低限のことであると彼が考えているためであり、こうした指摘を通じて少しでも出版業界がまっとうになって欲しいという彼の願いでもあるのだ。

 

そんな彼の小説量産ぶりを目の当たりにして連想したのが、以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」の中で紹介した『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか』という一冊。この本の著者ポール・シルヴィアは、論文が書けないのは書かないからであり、書かないのはセルフマネジメントが出来ていないからだと喝破する。とくに本書では、「いかに書くか」ではなく、「いかに書き続けるか」について焦点を当てる。書くトピックがないとか、書く時間がないとか、自分への言い訳はいくらでもできるが、しかし質の高い論文を書きたければ、一定量(a lot)を書くしか方法はなく、だからこそライティング・マネジメントが欠かせない。目標をどう設定し、進捗をどう管理するかという極めて実践的なアドバイスに溢れた良書である。

 

 

小説界の異端児・森博嗣は確かに数多の作家とは相当異なるアプローチで作品を生み出している。しかしその背景には、彼が工学系の研究者であったということ、そして彼が論文を量産する方法論を体得しており、それをそのまま小説に当てはめたからこそ、現在のような多作のミステリ作家として不動の地位を築いたとも言えるのである。研究というのは専門的であり、ときに専門的すぎて他に使いみちがないと批判・揶揄されることもあるだろう。しかし、研究のアプローチをここまで一般化することができるならば、全くの異分野のように思える小説執筆にも大いに活かすことができるのである。作家になどなりたいと思ったことなどないし、いまも小説など読まないという森博嗣が、ビジネスとしてここまで徹底して研究者としてのスキルを応用したという点で、本書『作家の収支』は研究者にこそ多くの示唆に富む内容なのではないだろうか。本書『作家の収支』はそのタイトル通り、各作品の売上を事細かくリアルに公開している点でも極めてユニークであり、とても興味深く読んだ一冊である。

 

1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。

 

 

さらに、森博嗣の関連書『小説家という職業』も作家稼業の裏事情について綴ったリアルなエッセイであり、ぜひ合わせて読んでみてはどうだろうか。

 

もう一冊『自由をつくる 自在に生きる』も、なぜ研究者であった著者が副業として小説家を始めたのかがよく分かり、その人生観・仕事観を垣間見れるものとなっている。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

chess board

米ソ冷戦に翻弄された天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯

日曜日夜にNHK-BSで放送された「天才ボビー・フィッシャーの闘い~チェス盤上の米ソ冷戦~」をとても

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

kuzushi shougi

奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門

中学生でプロの将棋棋士となったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人であり、その後も第一

記事を読む

japanese dictionaries 1

2016年のベストセラー書籍トップ5冊【国語辞典編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」および【英語編】に続き、本ブログ

記事を読む

大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった

ちょっと前に『英国一家、日本を食べる』という本が、その続編「ますます食べる」も含めて大きな話題となっ

記事を読む

「ヘンな論文」を書き続ける動機と勇気

高学歴の芸人と言えば? という問いに、ロザンの宇治原と応えるのではあまりにもフツー過ぎる。もう少しツ

記事を読む

華麗な王者モハメド・アリと、そのアリになれなかった男|沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』と『一瞬の夏』を再読する

2016年6月4日、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが74歳の人生に幕を閉

記事を読む

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

【おすすめ経営書】ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか

話題の経営書『ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか』を、とても興味深く読んだ。著者はピータ

記事を読む

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

research proposal
科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学を

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2018年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

全米オープンテニス|錦織がフルセットを制して準決勝進出

日本時間早朝の全米オープンテニス生中継を観戦したみなさま、お疲れ様でし

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なお

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になった

ジョジョの奇妙な原画展|荒木飛呂彦の冒険

この夏最大の注目とも言えるべきイベント、「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒

PAGE TOP ↑