*

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

2014/07/25 | 英語

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書は僕もこれまで何度かオススメしてきた英語学習書であり、簡単に読めるように思えて、実のところきちんと翻

続きを見る

統計学と経済学をまる裸にする

ついにあの "Naked Statistics" に、待望の翻訳が登場。そしてあの "Naked Economics" が復刊、というグッドニュースだ。   統計学をまる裸にする─デ

続きを見る

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしているように、STAP細胞に端を発した今回の事件はまだ収束しそうにない。そんな中、論文捏造に関するこれまで

続きを見る

夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲もう!

アメリカのビールと言えばバドワイザー。そのイメージは正しい。なにしろ下図が示すように、市場シェアで圧倒しているのがバド・ライトであり、続けてクアーズ・ライトに通常のバド、そしてミラー・ライトというライ

続きを見る

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象徴されるように、今大会のドイツは終始圧倒的な強さだった。そして、その強さを支えたのがビッグ・データだ

続きを見る

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

2014/07/16 | アメリカ, データ

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介されているデータが興味深い。      

続きを見る

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書いたように、この二紙はほぼ同じ長さの歴史を持つ。FTが昨年125周年を迎えたのに対し、WSJは先日で同

続きを見る

学会@台北と、羽田空港-松山空港の圧倒的な便利さ

2014/07/13 | 研究・論文

先日は、Asian Meeting of the Econometric Society にて研究報告してきたのだが、今回一番驚いたのが、羽田空港-松山空港というフライトの素晴らしいまでの利便性の高さ

続きを見る

ディエゴ・マラドーナのもう一つの伝説と、リオネル・メッシの新たな伝説

2014/07/11 | スポーツ, データ

ワールドカップ準決勝第一試合でドイツがブラジルに大勝したのに続き、第二試合ではPK戦でアルゼンチンがオランダを退けた。決勝戦はドイツ対アルゼンチンという、欧州 vs 南米の伝統的な戦いとなった。ワール

続きを見る

愉しく美味しく走ろう!南魚沼グルメマラソンを応援してきた

本日のKindleセール商品は、『ウルトラマラソンマン 46時間ノンストップで320kmを走り抜いた男の記録』。こういう最強の、いや最狂のランニング本というのは、アメリカで大変よく売れていた。

続きを見る

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよね?南魚沼市の観光案内パンフ「美女旅」。   そのアイデア、コンセプト、デザイ

続きを見る

学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。

2014/07/07 | 英語

ちょっぴり気になっていたこの一冊、思わず読んでしまったじゃないか(笑)   正しいFUCKの使い方-学校では教えてくれない、取扱注意のFuck、Shit、Damn

続きを見る

Kindle電子書籍『クラウドソーシングの衝撃』は、成長著しい市場を概観する希少な業界本

『クラウドソーシングの衝撃』(比嘉・井川著)がKindle電子書籍が大幅に値下げされている。本書は現在成長が著しいクラウドソーシング市場を概観した良書であり、この分野に興味がある人にとっての必読書と言

続きを見る

ゲーム理論とサッカーW杯そしてPK戦:なぜネイマールは右へ蹴ったのか?

ブラジルで開催中のサッカーW杯もいよいよベスト8。ますます眠れない夜が続く。さて、今回のワールドカップほどデータで語られたものはなかったように思う。連日海外メディアを中心に、様々なデータで試合結果と分

続きを見る

ゲーム理論と経済行動:武藤先生と鈴木先生

2014/07/02 | 経済学・統計学

フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンの大著 "Theory of Games and Economic Behavior" の刊行60周年記念版の日本語訳が出版された。翻訳は、日経文庫『ゲーム理論入門

続きを見る

国際大学大学院修了式:卒業おめでとう!

2014/06/30 | 大学・授業

先週6/26(木)は国際大学の大学院修了式だった。アメリカと同様に秋学期に始まる本学では6月が卒業のシーズンとなっている。当日は快晴に恵まれた素晴らしい一日となった。  

続きを見る

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは今、新潟がアツいんです。明日ついに開幕する新潟クラフトビールの陣。  

続きを見る

アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです

2014/06/27 | アメリカ

先日ちょうど同じようなタイミングで、New York Times と Financial Times と朝日新聞が、米国のクラフトビール革命について取り上げていたのを見かけた。  

続きを見る

おすすめKindleコミック『幽麗塔』(原作は『幽霊塔』):この漫画の売り方と売れ方がすごい

2014/06/23 | オススメ漫画

これまで漫画を読むこともそれほど多くなかった僕だが、「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった」でも書いたように、Amazonキンドルのせいで、思わずおもい

続きを見る

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

2014/06/22 | オススメ書籍

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったなんて!という驚きと、そこでイキイキと働いている人たちが素敵、という感動なんだろう。そんな気持ちが色濃

続きを見る

日本経済学会@同志社大学に行ってきた

2014/06/20 | 日本, 研究・論文

先週末は日本経済学会の春季大会で報告してきた。会場は京都の同志社大学ということで、初めてここを訪れた。京都御所の目の前という絶好のロケーションにある。   キャンパスの規

続きを見る

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEconomistの記事。How did Japan come to be the world leade

続きを見る

機械 vs 人間:チェス、予測、ヒューリスティック

2014/06/16 | オススメ書籍

今回もサッカー・ワールドカップ予想をしている、毎度注目の統計家ネイト・シルバー。その彼の著書『シグナル&ノイズ』は、「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」の中でも紹介したように、圧倒

続きを見る

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかりはと応援するのだろう。Economist 誌の記事では、以下のように各国の国民がどれくらい前回(20

続きを見る

サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢

2014/06/13 | スポーツ, データ

いよいよ開幕したサッカー・ワールドカップ。日本時間今朝の開幕戦ブラジル対クロアチアは、3-1のスコアでブラジルの逆転勝ち。もちろん早朝から生中継見ましたよね?   さてさて、『シ

続きを見る

サッカーW杯:絶対に負けられないファッションブランドの闘い

2014/06/11 | ニュース

先日の「絶対に負けられないサッカー・ワールドカップの舞台裏:スポーツブランドのもう一つの闘い」では、サッカーW杯を前にいち早く過熱する世界のスポーツブランド同士の闘いについて書いたが、もちろんW杯はそ

続きを見る

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

2014/06/09 | 海外

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータン・パロ」だった。この番組を通して、ブータンの実に美しい景色と祭りをご覧になった方も多かったのではな

続きを見る

現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

2014/06/07 | オススメ漫画

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』でお馴染みの人気漫画家・佐藤秀峰によるエッセイ漫画『漫画貧乏』が、現在Kindleで無料提供中。これを機会に思わず再読し、そして改めて思う、電子書籍とくに漫画界

続きを見る

リニューアルオープンしたばかりの南魚沼市図書館に行ってきた

2014/06/04 | 南魚沼・新潟

今月リニューアルオープンした南魚沼市図書館に、早速行ってきたぞ。六日町駅前に立地しているこの図書館。玄関から入って内部を見渡すとこんな感じだ。明るいデザインに色調と採光、なかなかに素敵な雰囲気を醸成し

続きを見る

林業男子と林業女子:Wood Jobs!

「少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!」で書いたように、『舟を編む』の著者三浦しをんによる『神去なあなあ日常』が面白い。現在公開中の映画「WOOD JOB!」の原作だ。映画公開に合わせて現在Kind

続きを見る

Amazon Campaign

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム

japanese dictionaries 1
三省堂『辞書を編む人』が、今年の新語を募集中

時を経て社会は変容し、そして言葉も変遷する。いつの時代もワカモノの言葉

レギュラー化決定NHKの新番組「ろんぶ~ん」は最高のアカデミック・エンターテインメント

さて先週から始まったNHK-Eテレの新番組「ろんぶ~ん」をご覧になりま

PAGE TOP ↑