*

【大特価電子書籍】瀧本哲史『僕は君たちに武器を配りたい』

公開日: : 最終更新日:2020/06/03 Kindle, オススメ書籍

瀧本哲史『僕は君たちに武器を配りたい』は、2019年に亡くなった著者の大ベストセラーだ。以下のプロフィールにあるように、東大法学部を出て助手に着任というアカデミック・エリートの道を歩むものの、大学教授の進路を選ばずに、マッキンゼーでコンサルタントとして働き始める。しかし著者は、起業家・投資家を経て、その後大学にもどり、いくつもの人気講座を開講してきた。

瀧本 哲史(たきもと てつふみ)
生年月日非公表。エンジェル投資家。経営コンサルタント。京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門客員准教授。全日本ディベート連盟代表理事、全国教室ディベート連盟事務局長なども務める。

東京大学法学部卒業。学部卒業と同時に大学院をスキップして東京大学大学院法学政治学研究科助手に採用される。専攻は民法。助手の任期終了後は学界に残らず、1997年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社、主としてエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事する。3年で独立し2000年、多額の債務を抱えていた日本交通の経営再建に取り組む。以後、企業再生やエンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教鞭をとり、「意思決定論」「起業論」「交渉論」等を人気講義へと押し上げる。15年以上エンジェル投資(創業期における自己資本投資)を行い、IT、リサイクル、医療機器、コンテンツ、マテリアルなど幅広い業界に投資し、exit実績多数。

著書に『武器としての決断思考』、『武器としての交渉思考』(以上星海社)、『僕は君たちに武器を配りたい』〈2012年ビジネス書大賞受賞〉、『君に友だちはいらない』、『ミライの授業』(以上講談社)、『戦略がすべて』(新潮社)、『読書は格闘技』(集英社)等がある。NHK「NEWS WEB 24」では番組立ち上げよりコメンテイターを務め、好評を博した。

 

そんな著者だからであろう、本書をふくめ、彼の著作シリーズは常に、これからの新しい時代を担い、切り拓いてく若者たちに贈った激励の言葉で溢れている。ただしそれは、優しく包み込むような言葉ではなく、必要なときに果敢に戦うための武器なのである。それが本書、『僕は君たちに武器を配りたい』だ。「ボクキミ」と略して呼ばれるようになるほどに愛された本書は、その後の、『武器としての決断思考』(ブキケツ)、『武器としての交渉思考』(ブキコウ)の「武器」シリーズへとつながり、そして『君に友だちはいらない―The Best Team Approach to Change the World』と連なる。

 

そして著者が提示する必要不可欠の武器とは、彼が大学時代を捧げたディベートであり、それに基づく思考法である。本書『僕は君たちに武器を配りたい』は、「これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非常で残酷な日本社会を生き抜くための『ゲリラ戦』のすすめである」というメッセージに共感する者が数多くいるということが、本書がベストセラーになったという事実を如実に伝えている。

 

日本全国がコロナ禍で自粛が求められるいま、ステイホームを続けている現役大学生やとくに新生活がいきなりストップしてしまった新入生、そしてもちろん、新社会人としての旅立ち初っ端から災難を被ったひと、そしてこれからの就職活動であらためて真剣に自分の進路を考え始めた人たちにこそ、いま読んで欲しい一冊と言えよう。現在、Amazon Kindle 電子書籍なら、74%ものポイント還元という価格で買えるのは、絶好の機会となるはずだ。。最後に、スーパーエリートであり、超合理的思考の著者の、ときに周囲を困惑させるほど圧倒的な天才ぶりと同時に、彼が持つ優しく温かい気持ちと、そして誰からも愛されるキャラクター、さらにはあまり知られることのない、ときに合理的ではないプレイベートの一面まで、「追悼 瀧本哲史さん 30年来の友人が語る「天才の人間性」」で垣間見ることができる。自分が亡くなったとき、これほど愛情に満ちた追悼文を書いてくれるような友達が果たしているだろうか? 『君に友だちはいらない』と煽る著者だが、武器を持ち一緒に立ち上がって戦った仲間だからこそ、それは「お友だち」を遥かに超えた戦友とも呼ぶべき同志なのだと思う。そんな著者が魂を込めて書き、自分が亡くなったあとも後世の若者にまで伝わるようにとメッセージを込めたであろう本書が、いまのさらに困難なこの時代だからこそ、あらためて多くの人に読んで欲しいと思う。これほどの大幅値引きは例がないので、終了する前にお早めにお求めください。

非情で残酷な日本社会で、20代が生き残るための思考法とは何か?不安に立ちすくむ日本人が、今こそ学ぶべき「本物の資本主義」とは何か?東大、マッキンゼーを経て、京大で人気No.1の授業を持つ客員准教授が世に問う必読の書。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

圧倒的ユニークな視点でつくるアカデミック・エンタテインメント|NHK「ろんぶ~ん」が面白い

先日まで、4週連続で放送されたNHK番組「ろんぶ~ん」、ご覧になりましたか? これは以前にも放送され

記事を読む

japanese dictionaries 1

卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学・入社といった新たな始まりを意

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

春の入学・進級・入社シーズンに絶対おすすめの国語辞典3選

3月は日本全国いたるところで卒業式が行われる。小学校を卒業して中学生になれば電車もバスも大人運賃だ。

記事を読む

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は、とくにランナーにはおすすめ。

記事を読む

チェス界のモーツァルト、天才ボビー・フィッシャーの生涯が待望の文庫化

伝説的なチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯を記録した傑作ノンフィクション『完全なるチェス』

記事を読む

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかり

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介したように、カイザー・ファング著『

記事を読む

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

英語辞書の決定版|オックスフォード現代英英辞典に最新第10版が登場

オックスフォード現代英英辞典の最新第10版が出版されたのでさっそく購入

南魚沼の「雪国まいたけ」が5年ぶりに再上場|その背景で創業者はなんとカナダで再挑戦

新潟県南魚沼に本社を構える企業でもっとも有名なのが、この「雪国まいたけ

敗れざる者たち|藤井聡太に失冠したトップ棋士たちの言葉

もちろん、もう読みましたよね?藤井聡太二冠を表紙にすえ、初めて将棋を特

【Kindleセール】英語おすすめ書籍がぜんぶ半額キャンペーン

Amazon Kindle で現在実施中の【最大50%OFF】語学関連

アートで生まれ変わった清津峡渓谷トンネル|越後妻有アート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」の舞台へ

9月の連休を皮切りに、これから秋の行楽シーズンがはじまる。もちろん今年

【Kindleセール】数学のおすすめ名著が大幅値引きキャンペーン

Amazon Kindle のセールというと、毎日3冊の書籍がリストア

『将棋の渡辺くん』のヨメが書く名人の日常ノンフィクション漫画

将棋・渡辺明名人のオク様は漫画家である。僕は彼女がブログを書いていた頃

君はスポーツとしての将棋をみたか?藤井聡太とナンバー大特集

先日発売された総合スポーツ雑誌『Number』が大変な売れ行きとなって

PAGE TOP ↑