*

『将棋の渡辺くん』のヨメが書く名人の日常ノンフィクション漫画

公開日: : 最終更新日:2020/09/10 未分類

将棋・渡辺明名人のオク様は漫画家である。僕は彼女がブログを書いていた頃からのファンだったのだが、すごくイイんだよね、渡辺くんとヨメさんのその絶妙の距離感が。読めば読むほど、いいヨメさんに恵まれたねぇ、と思わずにはいられないほど、相性ばつぐんのふたりなのである。

 

そんな奥さんが現在連載している漫画がこちらの『将棋の渡辺くん』である。普段われわれ将棋ファンが見ることのできない、プロ棋士・渡辺明の日々の暮らしを垣間見る、極めて貴重なノンフィクションなんです(笑)。そんなレアな傑作漫画も、最新第5巻が発売されるに至り、ますます絶好調だ。

 

ちなみに先日は、棋聖タイトル戦で藤井聡太に敗れ、相手に史上最年少タイトルの記録をも献上してしまった渡辺くん、その様子はさっそく漫画最新号で描かれたようであり、「藤井くんにタイトルを取られるってどんな感じ?」と、超ド級のストレート質問を投げかけている(笑)。これはもうファンを喜ばせると同時に、インタビュアー泣かせとしか思えない。誰もが聞きたいことを、絶対に聞けない領域。そこに土足で踏み込み、敗者をいじるなんて、愛のある奥さんにしかできない芸当である。というくらい、いまもっとも注目すべき漫画のひとつ『将棋の渡辺くん』。ぜひこの機会に読んでファンになってみてよね!

 

将棋棋士は人類の代表! 将棋を指して生活している。懸命に勉強し、年に50局くらい戦い、勝てば笑い、負ければ自分のせい。勝ち負けだけに支配された世界。それはまるで人生の縮図だ。棋士は、どんな人たちなんだろう? 何を食べて、何時間寝ているんだろう?勝負師でも無頼でもない、リアルな将棋棋士の毎日を棋士の妻が漫画にしました。ノンフィクションです!

世界でいちばん強い棋士のひとり、渡辺明のあんまり緊張感のない日々を、妻が赤裸々に大告発。勝負の世界に生きる男の裏側を、驚くほど遠慮なく暴き立てる、ぶっちぎりノンフィクション第5集。御朱印を集めバンジーを飛び地球を救いぬいぐるみに癒やされ将棋を指す。東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラ「つば九郎」との異次元の鼎談を完全収録。渡辺くん、やりたい放題。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。ことし2018年の最新版では、ル

記事を読む

2016年のベストセラー書籍トップ10冊【英語編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」に続き、本ブログを通じてのベスト

記事を読む

一橋大学ソーシャル・データサイエンス学部の挑戦と初受験

さて今年の国公立大学受験でもう一つ大きな話題となっているのが、一橋大学がじつに72年ぶりに新設する

記事を読む

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周りを圧倒する強さで12回目の優勝

記事を読む

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、毎度新聞やニュース等でも大々的

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑