*

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

公開日: : オススメ, 英語

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典

「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロケーションとシソーラスも一緒に学ぶ」で紹介したように、この Oxford Learner’s Dictionary of Academic English は、英語で論文を書く研究者や学生にとって、とても役立つ英語辞典である。

 

英語アカデミックライティングおすすめテキスト一覧

加えて、これまでおすすめしてきたような、洋書で非常に充実しているアカデミックライティングのテキストを抑えておけば、とりあえず道具は一揃いしたと言えるだろう。

  1. 英文ライティングここから始める必読テキスト4選
  2. よりモダンでクリアな英作文テキスト3選
  3. アカデミック・ライティングの決定版テキスト
  4. スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング
  5. 英文ライティングの新定番テキスト “The Sense of Style”

 

一方で、もちろんなのだが、それだけで英語論文が書けるわけではない。書くべき内容があって、ライティングの方法も学び、アカデミックな数々の単語や文法も覚えた、それでもうまく書けない。そんなときはやはり、英語が書ける人に自分の文章を読んでもらい、ひとつひとつ細かい点まで修正してもらうのが、最善にして唯一の対策ではないだろうか。

 

photo credit: Studio V2 via photopin (license)

photo credit: Studio V2 via photopin (license)

 

英語論文校正の専門会社を利用する(でも高価)

僕自身は、留学時代にはアメリカ人の友人数名に、代わる代わる文章チェックしてもらうことが多かった。しかし、無料でこちらが求めているクオリティの作業をお願いするのは難しいことから、日本語を学んでいる友人をつかまえて、僕が日本語をガッツリ教えるかわりに、僕の文章をガッツリ添削してもらっていた。これは本当にありがたい経験で、毎週毎週一ページごと、いや一センテンスずつ真っ赤になるまで修正してもらい、なぜこの書き方が問題なのかを基本のキから懇切丁寧に説明してもらっていた。

 

こうした実体験からも、やはり英語は、きちんと書ける人にしっかり見てもらうのがベストだと確信している。そうした考えから、今では論文校正サービスを利用しているわけなのである。ある程度の費用はかかるが、やはりプロにお願いした方が文章のクオリティがぐっと高まるのは間違いない。しかし最大の難点が、これがまた金のかかるサービスなのだということだ。例えば、5,000語の英語論文を校正してもらうという想定で、よく知られた会社の価格と納期を比較してみると、

となっており、これらがおおよその相場となっている。もちろん、もっと時間をかけられる人は安く済むし、明日の締め切りまでにお願いしたいという人はこれ以上の価格を払う必要があるが、目安としてこの程度かかるというのは覚えておいて損はない。結論としては、けっこう高くつく、ということだ。

 

格安・即効・高品質、それがクラウドソーシングの英文校正

こうした論文校正にかかるそれなりに多額の費用を、毎度気にすることなく払えるほど潤沢な研究費がある人はまったく問題ない。しかし、そうでない我々は、いったいどうすればよいのか?回数を減らす?クオリティの低そうな安い会社を選ぶ?もしくは英語ネイティブの同僚に無理を言ってタダでお願いしちゃう?

 

そんな悩みに直球で答えてくれるのが、クラウドソーシングなのである。僕自身は毎回、世界最大級のクラウドソーシング Freelancer.com を利用しているのだが、類似のサービスは多々存在するので、どこを利用しても使い方に大差ないだろう。とくに、このサービスの利用方法については、「英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い」で、各ステップでやるべきことを詳しく説明したので、ぜひ参考にして頂きたい。

 

結論から言えば、値段は5分の1から10分の1くらいで収まるという衝撃的なまでの価格破壊。加えて納期も極めて早く、それでいて一番肝心のクオリティは高いものを維持できる。つまり、ほとんどの点で論文校正専門の会社より優れているのだ。だから、僕はこのクラウドソーシングを利用するようになってからは、校正会社を利用することがなくなった。それくらい業界に革新をもたらすサービスだと言える。これから卒業論文や修士・博士論文を仕上げる人、そして少ない研究費を効率よく無駄なく使いたいという人にとっては、絶対に役立つのがこのクラウドソーシング Freelancer.com なのである。おすすめです。

 

しかも今なら、以下のキャンペーンが実施中で、新規入会時に$20のクーポンがプレゼントされるので、興味ある人はぜひこの機会にこのサービスを使い始めてはどうだろうか。

freelancer-get-20

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニス準々決勝|対ジョコビッチ戦の敗戦をデータで振り返る

先日「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白い

現代において、スポーツ選手がデータ活用するのはもはや当たり前と言えよう。そしてそれはもちろん監督やコ

記事を読む

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

writing and editing English

英語論文の書き方:英文ライティングここから始める必読テキスト4選

「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」で書いたように、国際大学の修士学生の多くは、各

記事を読む

学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。

ちょっぴり気になっていたこの一冊、思わず読んでしまったじゃないか(笑)  

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?

いや、決してそんなことはない、という一冊が登場。昨年出版されたことに気づいて以来、ものすごく気になっ

記事を読む

Evernote と連携した富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)がスゴイ:保存すべき紙資料が激減した

昨年着任して以来、少しずつ研究室の設備を充実させてきたのだが、その中でのベスト・アイテムが、最近購入

記事を読む

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひときわ目を引く。下のグラフを見れ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑