*

英語論文の書き方:英文ライティングここから始める必読テキスト4選

公開日: : 研究・論文, 英語

「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国で書いたように、国際大学の修士学生の多くは、各国政府の各省庁からの派遣留学である。そのため、出身部署の仕事と関連付けたリサーチ・トピックを持っており、それぞれとても興味深い。また既にデータを入手済みのことも多く、それはこちらとしても大変にありがたい。もちろん、必ずしも入学前から持っていたトピックやデータにこだわらなくともよい。

 

さて、そんな留学生の修士論文指導を僕自身も担当しているのだが、彼ら彼女らのリサーチプロポーザルを読んだり、論文ドラフトを読んだりして感じるのは、英語のライティング。人によってそのレベルはまちまちなのは当然なのだが、全体としてみると英語会話力の高さに比べて(英語を流暢に話す学生はとても多い)、英語ライティングのちからはそれほど高くないように思う。もちろん、そもそも僕がエラソーに言うことか、というご意見はもっともなのだが、それでも僕自身としては、英語学習においては、ライティングのちからを付けるのが最も時間がかかるが、最も確実にちからが付くものだと思っており、だからなるべく早いうちからライティングを伸ばす時間を取るようにアドバイスしているのだ。

 

writing and editing Englishphoto credit: AlaskaTeacher via photopin cc

 

例えば英語の発音やスピーキングを今から矯正するのは相当シンドイが、ライティングは今からでもまだまだ伸びる。そう信じて、自分の経験をもとにしながら、論文指導中の学生に幾つか助言しているところなのである。その一つ目のアドバイスが「英語ライティングのルールを守る」ということ。そのためにまず読まなければならないのが、Strunk and White の “The Elements of Style” と、Zinsser の “On Writing Well” だ。

 

この2冊は、Greg Mankiw が自身のブログエントリ “How to Write Well” でも言及している名著であり、My Rules of Thums (PDF) の中でも、Rule No. 5: Write Well と題して、やはりこの2冊を推薦している。英語ネイティブのアメリカ人学生やCEA (Council of Economic Advisers) アナリスト/リサーチャー達が読まされているライティングのテキストなのである。であるならば、英語ノンネイティブの僕たちはもっともっと繰り返して読む必要があるのではないか。その意味でも、ぜひここから始めたい、基本中の基本の2冊なのである。

When I was CEA chair, I sent the following guidelines to my staff as they started drafting the Economic Report of the President. (中略)Buy a copy of Strunk and White’s Elements of Style. Also, William Zinsser’s On Writing Well. Read them—again and again and again.

The Elements of Style, Fourth Edition On Writing Well, 30th Anniversary Edition: An Informal Guide to Writing Nonfiction

 

ちなみに、”On Writing Well” は次のような構成となっており、英語ライティングにおいて何がNGなのかを事細かく解説する。決しておもしろく読めるものではないが、こうした基本的ルールを覚えて守ることが、王道の第一歩だと思う。

Part I: Principles
Chapter 1. The Transaction
Chapter 2. Simplicity
Chapter 3. Clutter
Chapter 4. Style
Chapter 5. The Audience
Chapter 6. Words
Chapter 7. Usage

Part II: Methods
Chapter 8. Unity
Chapter 9. The Lead and the Ending
Chapter 10. Bits & Pieces

Part III: Forms
Chapter 11. Nonfiction as Literature
Chapter 12. Writing About People: The Interview
Chapter 13. Writing About Places: The Travel Article
Chapter 14. Writing About Yourself: The Memoir
Chapter 15. Science and Technology
Chapter 16. Business Writing
Chapter 17. Sports
Chapter 18. Writing about the Art: Critics and Columnists
Chapter 19. Humor

Part IV: Attitudes
Chapter 20. The Sound of Your Voice
Chapter 21. Enjoyment, Fear and Confidence
Chapter 22. The Tyranny of the Final Product
Chapter 23. A Writers Decisions
Chapter 24. Write as Well as You Can

 

さて、僕が学生に伝えている二つ目のアドバイスは「英語ライティングのスタイルを覚える」ということ。上記のような英作文の基本ルールを踏まえた上で、それでは具体的にどう書けばよいのか、そのために必要になるのが英作文のスタイルだ。こうした実践的な内容を解説するテキストとしては、以下の Trimble の “Writing with Style: Conversations on the Art of Writing” および、Williams and Bizup の “Style: Lessons in Clarity and Grace” の2冊が非常に参考になる。

 

ルールを解説したテキストの次の一歩として、エクササイズを徹底するものと言えるだろう。良い英文と悪い英文を比較分析したり、歴代大統領の言葉を引いたり、そして何より練習問題を通じて実際に書かせることで、英作文のスタイルを読者の体に覚えさせようという意図のテキストだ。スタイルを覚えて書く、そして書いて覚える、そういう使い方が相応しいだろう。

 

Writing with Style: Conversations on the Art of Writing Style: Lessons in Clarity and Grace Plus NEW MyCompLab -- Access Card Package (11th Edition)

 

“Style: Lessons in Clarity and Grace” の構成は次のようになっており、とくに前半部分の Clarity に関して熟読を薦めている。今回リストアップした4冊は、以前にも「英文ライティングおすすめ参考書」で紹介したものである。これらは僕自身が留学中に何とか英語ライティングのちからを伸ばしたいと思い、試行錯誤しながら学んでいった内容だが、いまそれが、学生の論文を指導する側に立ってみて、思いのほか役に立っている。

 

Part I: Style as Choice
Lesson 1. Understanding Style
Lesson 2. Correctness

Part II: Clarity
Lesson 3. Actions
Lesson 4. Characters
Lesson 5. Cohesion and Coherence
Lesson 6. Emphasis

Part III: Clarity of Form
Lesson 7. Motivation
Lesson 8. Global Coherence

Part IV: Grace
Lesson 9. Concision
Lesson 10. Shape
Lesson 11. Elegance

Part V: Ethics
Lesson 12. The Ethics of Style

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

research proposal

科研費採択のお知らせ届く

昨秋に応募した科研費の採択通知が届いていた。大変にありがたい。今後一層がんばっていきたいと思います。

記事を読む

できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot

これまで複数回にわたって紹介してきた、英語ライティングのおすすめテキストたち。古典的名著から新たなス

記事を読む

writing a research paper

英語論文の書き方:スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング

3回連続で紹介したおすすめ英語ライティングテキスト、の続き。 英文ライティングここから始め

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず誤訳する英文~あなたはこれをどう訳しますか?』は、英語自慢への挑戦状

「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」で紹介したように、このシリ

記事を読む

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深く読んだ。出版から2年で30万

記事を読む

『科研費獲得の方法とコツ』は、科研費申請予定の研究者必携の一冊

研究者にとっての秋は、科学研究費助成事業(科研費)の締切が迫る時期でもある。今年は11月10日が最終

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

できる研究者の論文執筆術:Write It Up

前回「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」で紹介したように、英語ライティ

記事を読む

【TEDトーク】モニカ・ルインスキーとネットいじめ|彼女が見つけた適切な関係

モニカ・ルインスキーという名前を久しぶりに聞いた。といっても、その名を記憶しているのは、ある程度の年

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑