*

シンガポール初のリベラルアーツ・カレッジYale-NUSが閉校

2021/09/06 | ニュース

シンガポール国立大学と米国イェール大学の提携で始まり、2013年に最初の新入生を迎えたYale-NUSだが、残念だが2021年の新入生が最後なることが決まった(参考:The Economist "Ya

続きを見る

クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点

2021/09/03 | オススメ書籍

佐藤雅彦ほど「クリエイター」という表現が似合う人はいないのでは、と個人的に思っている。アーティストではなく、クリエイター。どこで明確に線引きするのかあやふやなところはあるが、本人自身が自分の作品をアー

続きを見る

この国語辞典がおもしろい|比べて愉しい辞書のディープな読み方・遊び方

2021/08/17 | オススメ書籍

これはこれは大変に興味深い本が出版されていましたね。その名も『比べて愉しい 国語辞書ディープな読み方』である。岩波、三省堂、角川などなど、各出版社から出されるありとあらゆる国語辞典を細かく比較検討し、

続きを見る

出版不況なのに「TikTok売れ」で緊急重版|あの実験的小説の新しい売り方・売れ方

先日紹介した書籍『10代のための読書地図』は、本当におすすめなので、ぜひまだの方には読んでみて欲しいと思っている。 書評誌「本の雑誌」初の10代向けのブックガイド。「朝の読書」や「夏休みの読書感想文

続きを見る

熱い将棋の夏|初企画オールスター東西対抗戦のファン投票始まる

2021/08/14 | オススメ, ニュース

近年の将棋界はいろいろと攻めていると思う。藤井聡太二冠のような400年に一度のスーパースター登場に依存することなく、むしろこれを好機ととらえ、新たなスポンサー獲得や企画提案に取り組んでいる。そのもっと

続きを見る

日本人の氏名はなぜこんなにも多種多様にして複雑怪奇なのか?

2021/08/13 | オススメ書籍

日本人はなぜにこんなにも自分の名前や家族のルーツに興味津々なのだろうか? NHKの番組だけ取り上げてみても、「ファミリーヒストリー」では著名人の生まれ故郷を訪ね、郷土資料館で調べ、その先祖がどこから来

続きを見る

東京五輪と同時開催していた「数学オリンピック」でも日本代表がゴールドメダル|この漫画がスゴい

東京オリンピックが閉会した。日本代表選手が獲得したメダルの数や色に一喜一憂するのは当然かも知れないが、実は同じタイミングで「数学オリンピック」も開催されていたことは、もっと報道されても良いのではないだ

続きを見る

オリンピック女子選手とチームが大活躍

2021/08/07 | スポーツ, ニュース

昨日8/6金曜日のオリンピック生中継を見ていた人は、何度も涙がこぼれ落ちそうになったのではないだろうか。僕自身も、涙腺崩壊を抑えるように見入ってしまったのである。なんといっても、念願のメダル獲得とはな

続きを見る

東京オリンピック野球で導入された変則的決勝トーナメント

2021/08/06 | スポーツ, ニュース

東京オリンピックの野球種目は、準々決勝でアメリカを倒し、準決勝で韓国を破った日本が、堂々の決勝進出を決めた。そして、決勝戦の晴れ舞台で対峙する相手は、なんと、アノ、米国である(スポニチ)。 &n

続きを見る

マラソンランナー大迫傑という生き方|東京五輪で引退する「愚か者」

2021/08/04 | オススメ書籍

オリンピック最終日に開催され、最も注目されるともいってよい種目が、男子マラソンである。そして今年の東京五輪では、MGCを通じた選考会など、前々から大きな話題が続いてきた。その最後の舞台が近づいている。

続きを見る

事実は小説より奇なり|大人が味わうノンフィクション

2021/08/03 | オススメ書籍

先日おすすめした『10代のための読書地図』と同じブックガイドでありながら、そのテイストが大幅に異なる一冊を今日は紹介したい。それがこちらも出版されたばかりの『決定版 HONZが選んだノンフィクション』

続きを見る

夏休みに素敵な1冊を探そう|知的好奇心旺盛な10代のための読書地図

2021/08/02 | オススメ書籍

いまどき新聞なんてほとんど読まない、そんな人が増えてきた現代である。しかしながら、書評欄を楽しみに週末の新聞だけには目を通すという人は、意外と多かったりするのではないだろうか。僕もそんなひとりである。

続きを見る

ゲーマーとお金|さらなる有望産業 eスポーツビジネス

ご存知のとおり今回の東京五輪からは、スケートボードや、サーフィン、そしてスポーツクライミングといった競技が、正式種目として加わった。スケボがオリンピックに?なんて思っていた人も多いと思うが、ここに登場

続きを見る

アスリートとお金|有望産業としてのプロスポーツビジネス

いよいよ東京五輪が始まり、改めて注目されるのが今後のスポーツとお金の関係だ。とくにプロスポーツビジネスは、アメリカの四大スポーツ(アメフト・バスケ・野球・ホッケー)や、欧州サッカーを見ても分かるように

続きを見る

今年度から科研費の締切が早まる|公募スケジュールの前倒しに注意

現在、科学研究費助成事業(科研費)の主な種目については、前年の9月に公募を開始し、翌年4月1日付けで交付内定が行われているのは、多くの方がご存知の通りだ。一方で、4月から始まる新学年度に合わせて研究を

続きを見る

英語アカデミック・ライティングの最高傑作シリーズに翻訳が登場|レター・メール執筆ノウハウ

2021/07/26 | オススメ書籍, 英語

英語アカデミック・ライティングのおすすめ参考書は、これまで以下のようにいくつもの良書とそれぞれの特徴を紹介してきた。当然のこと、洋書が中心になるが、これだけ充実しているアカデミック・ライティングのテキ

続きを見る

キリスト教と天動説|中世のタブーに挑んだ異端の漫画が面白い

2021/07/04 | オススメ漫画

以前にも紹介したいま最も注目すべき漫画『チ。―地球の運動について―』、その最新第4集がついに発売された。物語はさらに複雑に刺激的に、異色作がその異端ぶりをさらにまざまざと見せつける。かつてこんな漫画が

続きを見る

タイトル戦相次ぐ藤井聡太の夏|今こそ将棋が熱く面白い

2021/06/22 | オススメ書籍

プロ棋士・藤井2冠の夏がやってきた。昨年はタイトル棋聖と王位を獲得し、その初防衛戦が始まっているのだ。現役最強・渡辺明名人を挑戦者に迎えた棋聖戦では第一局から二連勝し防衛に王手をかけ、視野の広さと構想

続きを見る

今こそ再び学ぶ『英語の読み方』|読めるか読めないかそれが問題だ

2021/06/20 | オススメ書籍, 英語

英語学習に関する書籍というのは、それこそ書店に溢れていて、玉石混交でどれを選んだらいいのか分からない、そんな人も多いと思う。そのような出版状況のなかにあって、『英語独習法』などの良書が新書で出版されて

続きを見る

NHK「浦沢直樹の漫勉neo」|生活保護に向き合う新米ケースワーカー

NHKの先日の放送「浦沢直樹の漫勉neo」ご覧になりましたか?この番組、僕自身も毎回とても楽しみにしているのだが、そんな高い期待を毎度毎度遥かに超えてくるほど素晴らしい内容なのである。なにしろ、日本が

続きを見る

最先端のゲーム開発を支える線形代数の基礎講座|セガ社内勉強会資料を無償公開

2021/06/17 | オススメ

ゲーム開発で知られるあのセガが、社内勉強会で用いた数学の資料を無償で公開している(公式ブログ)。サインコサインタンジェントに虚数i、そんなものいったい実社会で使われることなどないのに、と思っていた方々

続きを見る

グラデーションマップで類似英単語を効果的に使い分ける

2021/06/16 | オススメ書籍, 英語

評判のよい英単語帳を新たに買って読んでみた。そしたらこれが期待以上によかったので紹介しておきたい。それがこの『英単語使い分けグラデーションマップ』だ。本書が強調するように、類似した英単語のちょっとした

続きを見る

WOWOWドラマ『華麗なる一族』の鮮やかで艶やかなる演技の競演

現在放送中のWOWOW連続ドラマW『華麗なる一族』がものすごく面白い。ご存知のとおり、山崎豊子原作のあの大作をドラマ化したものである。過去にも何度か映像化されているが、今回のWOWOWは開局30周年記

続きを見る

今年もアメリカの大学卒業シーズンがやってきた|おすすめ歴代スピーチ10選

2021/05/24 | オススメ, 英語

さて、今年もアメリカの大学では卒業シーズンとなった。コロナ禍で大きく様変わりしてしまったとはいえ、卒業式の伝統的なイベントと言えば、著名人を呼んでのスピーチである。政治家から起業家そしてハリウッド俳優

続きを見る

WOWOW新作ドラマ『さまよう刃』は遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした東野圭吾の問題作

5/15土曜からスタートするWOWOW連続ドラマWの新作は、東野圭吾のヒット作『さまよう刃』である。男手ひとつで大事に育ててきた娘を殺された父親。絶対に許せない犯人はしかし、少年法の壁に守られた未成年

続きを見る

現代版のWOWOW新作ドラマ『華麗なる一族』がものすごく面白い

WOWOWで新たに始まった連続ドラマ『華麗なる一族』がめちゃくちゃ面白い。以前に木村拓哉主演でテレビ地上波放送されたのをご覧になった方も多いだろう、あの作品がこの春、WOWOWで新たなドラマとして蘇っ

続きを見る

英文法再入門|高校の先生がこの本を読んでいれば

2021/05/04 | オススメ書籍, 英語

中公新書の『英文法再入門』は、直接的なタイトルに見られるように、英語学習者向けに文法を学ぶポイントを丁寧に解説した一冊である。中学・高校だけでなく東進ハイスクールでも英語授業を担当する著者が、これまで

続きを見る

ブラック大学に次々と降りかかる不祥事の嵐

ものすごいドラマがNHKで始まりましたね。朝ドラ「カーネーション」の脚本家・渡辺あやが選んだ新たな舞台は「象牙の塔」と呼ばれた名門大学だった。「財政難」「ねつ造・改ざん」「ワーキングプア」「言論の自由

続きを見る

さらに高いレベルの国語辞典を|中型辞書「三省堂大辞林」のすすめ

2021/04/24 | オススメ

国語辞典のおすすすめについては、以前にも以下のエントリで詳しく解説してきたので、ぜひ参考にして頂きたい。 国語辞典を選ぶならこの4冊がおすすめ:現代語に強い三省堂・豊かな語釈の新明解・安定と

続きを見る

春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

2021/04/21 | オススメ

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院を卒業した学生にとっては就職の時期でもある。そんな門出をお祝いするのに昔からよく贈られたのが国語辞典である。大人になったら自分の国

続きを見る

Amazon Campaign

シンガポール初のリベラルアーツ・カレッジYale-NUSが閉校

シンガポール国立大学と米国イェール大学の提携で始まり、2013年に最初

クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点

佐藤雅彦ほど「クリエイター」という表現が似合う人はいないのでは、と個人

この国語辞典がおもしろい|比べて愉しい辞書のディープな読み方・遊び方

これはこれは大変に興味深い本が出版されていましたね。その名も『比べて愉

出版不況なのに「TikTok売れ」で緊急重版|あの実験的小説の新しい売り方・売れ方

先日紹介した書籍『10代のための読書地図』は、本当におすすめなので、ぜ

熱い将棋の夏|初企画オールスター東西対抗戦のファン投票始まる

近年の将棋界はいろいろと攻めていると思う。藤井聡太二冠のような400年

日本人の氏名はなぜこんなにも多種多様にして複雑怪奇なのか?

日本人はなぜにこんなにも自分の名前や家族のルーツに興味津々なのだろうか

東京五輪と同時開催していた「数学オリンピック」でも日本代表がゴールドメダル|この漫画がスゴい

東京オリンピックが閉会した。日本代表選手が獲得したメダルの数や色に一喜

オリンピック女子選手とチームが大活躍

昨日8/6金曜日のオリンピック生中継を見ていた人は、何度も涙がこぼれ落

PAGE TOP ↑