*

君はスポーツとしての将棋をみたか?藤井聡太とナンバー大特集

公開日: : 最終更新日:2020/09/09 オススメ書籍

先日発売された総合スポーツ雑誌『Number』が大変な売れ行きとなっている。その理由はズバリ、藤井聡太である。いやぁ驚いたねぇ、まさかあのNumberに藤井聡太が、いや将棋が全面的に特集されるなんて。しかもあっという間に20万部超も売れてしまい、いまやネット書店をふくめ品切れ続出だ。こういうとき、電子書籍があって本当によかったと思うよね。

 

 

日本全国民が熱狂したとも言ってよいラグビーのワールドカップ、あのときと同じ部数が、あっとういうまに完売となってしまうというのは、それは確かに編集長だった想像してなかったはずだ。だけれども、今回の特集には、それくらい熱のこもった記事が多いのだ。藤井聡太がその中心にいるのはもちろんなのだが、それ以外にも数多くの棋士たちが登場し、将棋ってこんなにも個性的な多くの人たちが作り上げてきた芸術なんだな、ということを実感できることだろう。

 

その意味でも、将棋をまだよく知らないひと、ラグビーのときにも一気に増えた自称ニワカの人、そんな人がもっと増えたらいいと思うのだ。ラグビーも将棋も、そして発足したばかりだったあの頃のJリーグだって、にわかファンが裾野をひろげ、そして今あるサッカー人気につながったのだから。

 

だからこそ、今回の雑誌Numberは、藤井聡太という類まれな天才棋士の出現を機に、将棋界が大きく変わるきっかけともなるものかも知れないのだ。AIが台頭し人類の知性が敗れたと大騒ぎになったのは数年前のこと、対局中にAIを利用したのではという疑惑とスキャンダルにまみれたのもついこの前のことだ。だけど今、僕らはこの藤井聡太という魅せる棋士の出現に大いに沸いている。先日は次のような記事「将棋ファンがなぜ藤井聡太にこれほど熱狂するのか、将棋ファン自身がわかりやすく解説してみた」が話題となったように、将棋盤を挟んだ棋士同士・人間同士の闘いに美学を見出し、そして強くなるための探究を続ける藤井の姿に、ファンだけでなく既存棋士たちの多くも胸が熱くなったのだ。

 

そんな今だけの、今ならではの時代の空気感を見事に捉えた今回の雑誌Numberは、売れるべくして売れた一冊と言えるだろう。プロ棋士のように潔く「負けました」と認めた編集長はしかし、売れ行きに負けて勝負に勝った人物として、今後も長く記憶されることだろう。以下の目次を眺めるだけでも、将棋の熱さ、棋士のカッコよさと同時に、今回のナンバーにかける編集者たちの思いがひしと伝わるはずだ。今回の特大特集号、刮目して読むべし!!

 

本誌初の将棋特集!

藤井聡太と将棋の天才。
Wonder Athletes on the Board

[最年少二冠の輝き]
藤井聡太「天翔ける18歳」

[最年少街道は続く]
記録で辿る異次元の歩み

[東海の血脈]
板谷一門の偶然と必然

[トップ棋士縁側対談]
佐藤天彦×中村太地「藤井はピカソか、モーツァルトか」

[永世名人の慧眼]
中原誠が語る18歳の羽生と藤井

[特別エッセイ]
22時の少年――羽生と藤井が交錯した夜

[プロフェッサー解説]
天才が切り拓いた矢倉新時代

勝負師たちの肖像

[新名人の決意]
渡辺明「敗北の夜を越えて」

[失冠からの再出発]
木村一基「受け師は何度でも甦る」

[タイトル戦で振り返る]
王者たちの覇権20年史

[振り飛車への愛]
久保利明「変える勇気、変えぬ信念」

[竜王のターニングポイント]
豊島将之「仲間から遠く離れて」

[58歳の矜持]
谷川浩司「光速は終わらない」

[藤井キラーの肖像]
大橋貴洸「勝負スーツに込める志」

[将棋界が揺れた1年]
羽生を止めろ
七冠ロード大逆転秘話

[名著8選]
〝読む将〟のススメ

[偉大なる先人の足跡]
佐藤康光が語る「大名人、この一局」
大山康晴/升田幸三/中原誠/加藤一二三

[最強女流の胸のうち]
里見香奈「腹立たしいけど、好きだから」

[好きなことで、生きていく 教えてアゲアゲさん!
将棋界のYouTuber事情

[陰の演出家]
棋士を支える呉服店

[一筆入魂]
将棋と書の深い関係

[ほとばしる将棋熱]
愛棋家アスリート、3手詰め!

[疾走する晩成棋士]
佐藤和俊「不惑の青春」

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式ツイッターに写真つきで投稿した

記事を読む

介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段「3度目の逆転人生」

Yahoo! ニュースにも掲載された記事「藤井聡太七段を撃破!介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段『3

記事を読む

今こそ再び学ぶ『英語の読み方』|読めるか読めないかそれが問題だ

英語学習に関する書籍というのは、それこそ書店に溢れていて、玉石混交でどれを選んだらいいのか分からない

記事を読む

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

寝苦しい今夜も嫁を口説こうか|珠玉の芸人エッセイ3冊

以前にも何度かおすすめしてきたように、お笑い芸人が書くエッセイには、なかなかに読ませる面白いものが多

記事を読む

2014年、本ブログでのベストセラー:Kindle版および書籍版

今年もいよいよ終わり。ということで、この一年間の本ブログ上でのベストセラーを発表しよう。Kindle

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑