*

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

公開日: : 未分類

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周りを圧倒する強さで12回目の優勝を飾った。素晴らしいの一言しか出ないほど、極めて優れたパフォーマンスを発揮し続けた大会だったと記憶されるだろう。

 

さて我らが日本のエース錦織圭は、そのナダルに準々決勝で対戦しストレートで敗退。その対決までにフルセットの試合を連続して戦ってきた披露が蓄積していたとはいえ、やはり何とも残念な結果と言わざるを得ない。しかしながら、そんな錦織をグランドスラム万年ベストエイト止まりだと、誰が批判できるというのか。世界ランクのトップ10を維持し続けることがどれだけ大変なことなのかは、日本人選手の中で錦織だけがすば抜けている現状を見れば分かることだろう。

 

そんなあまりにも厳しいプロテニス選手の日々の暮らしを赤裸々に描いたノンフィクションがこちら、『テニスプロはつらいよ 世界を飛び、超格差社会を闘う』である。幼い頃から天才プレイヤーとして育てるためには相当なお金がかかる。スクール代に、個人コーチ代、そして国内外の遠征費用などなど。そしてそれはプロになったとしても、ランキング下位の選手にとっては引き続き頭も体も悩ませる、極めて厳しいおカネの現状なのである。その詳細については、以前に書いた以下のエントリなどもぜひご覧頂きたい。

 

 

華やかで優雅に見えるプロテニスの世界だが、もちろんそれは極々一部のトップエリート選手に限った話なのである。それではそれ以外のその他大勢がどうやって日々食いつないでいるのか、その現実を知るだけで、いまの錦織の立ち位置とそこに到達した才能と努力に、あらためて感服することだろう。グランドスラムのベストエイトであっても、それがどれだけ大変な偉業であるのか、本書を読むことで一段と理解が深まるはずだ。グランドスラム優勝を期待するのはもちろんなのだが、そんなことは口にも出せず、毎日必死に生き抜いている数多くの無名選手たちがその背景にいることを、忘れてはならない。それほどにおすすめしたい本書は、現在 Amazon Kindle なら、【40%OFF以上】新書フェア によって55%オフの大特価となっている。この機会にぜひどうぞ。

 

34億円。プロテニス選手の錦織圭の年収だ。淡い幻想を抱いてしまうが、「テニスで食べる」のは想像以上に難しい。テニス雑誌元編集長の著者がプロテニス選手の経済事情を赤裸々に明かす。主人公は錦織より2歳年下の関口周一。世界ランキング最高位は259位。中学校から完全にテニスに専念、高校も通信制を選んだ。サラリーマン家庭に育った彼がプロになるまでの家計の負担、そして今の収入。日本ではトップ10に入っており、海外を転戦しているが、年間の獲得賞金は200万円にも満たない。関口はジュニア時代は世界ランク5位にまでのぼりつめ、将来を嘱望された。一つの試合の一つのミスで歯車が狂い始めるのだが、それは一流と二流の差が紙一重であることも物語る。関口の再飛躍に期待したい。

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。ことし2018年の最新版では、ル

記事を読む

『将棋の渡辺くん』のヨメが書く名人の日常ノンフィクション漫画

将棋・渡辺明名人のオク様は漫画家である。僕は彼女がブログを書いていた頃からのファンだったのだが、すご

記事を読む

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、毎度新聞やニュース等でも大々的

記事を読む

一橋大学ソーシャル・データサイエンス学部の挑戦と初受験

さて今年の国公立大学受験でもう一つ大きな話題となっているのが、一橋大学がじつに72年ぶりに新設する

記事を読む

2016年のベストセラー書籍トップ10冊【英語編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」に続き、本ブログを通じてのベスト

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑