*

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

公開日: : 未分類

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周りを圧倒する強さで12回目の優勝を飾った。素晴らしいの一言しか出ないほど、極めて優れたパフォーマンスを発揮し続けた大会だったと記憶されるだろう。

 

さて我らが日本のエース錦織圭は、そのナダルに準々決勝で対戦しストレートで敗退。その対決までにフルセットの試合を連続して戦ってきた披露が蓄積していたとはいえ、やはり何とも残念な結果と言わざるを得ない。しかしながら、そんな錦織をグランドスラム万年ベストエイト止まりだと、誰が批判できるというのか。世界ランクのトップ10を維持し続けることがどれだけ大変なことなのかは、日本人選手の中で錦織だけがすば抜けている現状を見れば分かることだろう。

 

そんなあまりにも厳しいプロテニス選手の日々の暮らしを赤裸々に描いたノンフィクションがこちら、『テニスプロはつらいよ 世界を飛び、超格差社会を闘う』である。幼い頃から天才プレイヤーとして育てるためには相当なお金がかかる。スクール代に、個人コーチ代、そして国内外の遠征費用などなど。そしてそれはプロになったとしても、ランキング下位の選手にとっては引き続き頭も体も悩ませる、極めて厳しいおカネの現状なのである。その詳細については、以前に書いた以下のエントリなどもぜひご覧頂きたい。

 

 

華やかで優雅に見えるプロテニスの世界だが、もちろんそれは極々一部のトップエリート選手に限った話なのである。それではそれ以外のその他大勢がどうやって日々食いつないでいるのか、その現実を知るだけで、いまの錦織の立ち位置とそこに到達した才能と努力に、あらためて感服することだろう。グランドスラムのベストエイトであっても、それがどれだけ大変な偉業であるのか、本書を読むことで一段と理解が深まるはずだ。グランドスラム優勝を期待するのはもちろんなのだが、そんなことは口にも出せず、毎日必死に生き抜いている数多くの無名選手たちがその背景にいることを、忘れてはならない。それほどにおすすめしたい本書は、現在 Amazon Kindle なら、【40%OFF以上】新書フェア によって55%オフの大特価となっている。この機会にぜひどうぞ。

 

34億円。プロテニス選手の錦織圭の年収だ。淡い幻想を抱いてしまうが、「テニスで食べる」のは想像以上に難しい。テニス雑誌元編集長の著者がプロテニス選手の経済事情を赤裸々に明かす。主人公は錦織より2歳年下の関口周一。世界ランキング最高位は259位。中学校から完全にテニスに専念、高校も通信制を選んだ。サラリーマン家庭に育った彼がプロになるまでの家計の負担、そして今の収入。日本ではトップ10に入っており、海外を転戦しているが、年間の獲得賞金は200万円にも満たない。関口はジュニア時代は世界ランク5位にまでのぼりつめ、将来を嘱望された。一つの試合の一つのミスで歯車が狂い始めるのだが、それは一流と二流の差が紙一重であることも物語る。関口の再飛躍に期待したい。

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

2016年のベストセラー書籍トップ10冊【英語編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」に続き、本ブログを通じてのベスト

記事を読む

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。ことし2018年の最新版では、ル

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世に

組織を動かす実行力|結果を出す仕組みの作り方

新刊『実行力』を興味深く読んだ。本書は、ご存知橋下徹が、これまで大阪府

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだま

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

PAGE TOP ↑