*

英語論文の書き方:スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング

公開日: : 英語

3回連続で紹介したおすすめ英語ライティングテキスト、の続き。

  1. 英文ライティングここから始める必読テキスト4選
  2. よりモダンでクリアな英作文テキスト3選
  3. アカデミック・ライティングの決定版テキスト

 

以前に「アカデミックライティング: “They Say, I Say”」で書いた、“They Say, I Say: The Moves That Matter in Academic Writing” に、ついに最新第3版が登場したようだ。これは数あるテキストの中でも、大変オススメの一冊なのである。

They Say / I Say: The Moves That Matter in Academic Writing

 *New to the Third Edition

Preface: Demystifying Academic Conversation
Introduction: Entering the Conversation
Part 1. “They Say”
1. “They Say”: Starting with What Others Are Saying
2. “Her Point Is”: The Art of Summarizing
3. “As He Himself Puts It”: The Art of Quoting

Part 2. “I Say”
4. “Yes / No / Okay, But”: Three Ways to Respond
5. “And Yet”: Distinguishing What You Say from What They Say
6. “Skeptics May Object”: Planting a Naysayer in Your Text
7. “So What? Who Cares?”: Saying Why It Matters

Part 3. Tying It All Together
8. “As a Result”: Connecting the Parts
9. “Ain’t So / Is Not”: Academic Writing Doesn’t Always Mean Setting Aside Your Own Voice
10. “But Don’t Get Me Wrong”: The Art of Metacommentary
*11. “He Talks About Deplores”: Using the Templates to Revise

Part 4. In Specific Academic Settings
12. “I Take Your Point”: Entering Class Discussions
13. “What’s Motivating This Writer?”: Reading for the Conversation
*14. “On Closer Examination”: Entering Conversations about Literature
15. “The Data Suggest”: Writing in the Sciences
16. “Analyze This”: Writing in the Social Sciences

Readings
David Zinczenko, Don’t Blame the Eater
Gerald Graff, Hidden Intellectualism
Barbara Ehrenreich, Introduction to Bait and Switch
Flannery O’Connor, Everything That Rises Must Converge

Index of Templates

 

第3版では、”Using the Templates to Revise” ほか複数の章が新たに付け加えられているが、この Template こそが、本書の最大の特徴となっているのである。序章から “The Usefulness of Templates” と題され、テンプレートの効用について説く。

 

一方で、こうしたテンプレート利用に対する反発があることに対しても著者らは重々承知しており、”Okay, but Templates?” と続けて、こうしたテンプレートを何故、そしてどのように授業で用いているのかを解説する。この序章を読むだけでも、著者らのアプローチが明快になるとともに、本書のユニークさが伝わるだろう。歌舞伎の世界には「型のある者が基本を崩すから『型破り』。型のない者が基本を崩すと『型無し』」という格言があるが、アカデミック・ライティングの世界もそれに近いのではないだろうかと思いながら、テンプレートを通してスタイルとフォーマットという「型」を学ぶという修行に励むわけである。

 

writing a research paperphoto credit: Nic’s events via photopin cc

 

さてそんな本書は、上記のような目次構成となっているのだが、より詳細には次のような内容となっている。第1章 “They Say” では、先行研究についてまとめる “The Art of Summarizing” そして “The Art of Quoting” に関して、使える文章テンプレートやアクティブ動詞が紹介されており、大変に実践的である。

 

第2章 “I Say” は本書の中核をなす部分であり、既存論文と比べて「私は」何を新しく伝えようとしているのかという観点から、論文の書き方をアドバイスする。ポイントとなるのが “Distinguishing What Your Say from What They Say” そして “Saying Why It Matters” だ。類似研究に建設的批判を加えながら、自身の論文のどこにオリジナリティがあるのか、そしてなぜそれが重要な貢献となるのかを強調した書き方について指南する。

 

そして第3章 “Tying It All Together” も示唆に富んだ章となっている。ここでは、”Connecting the Parts” と題して、論文全体の書きぶりについて統一感を持たせるすべを、そして “Academic Writing Doesn’t Always Mean Setting Aside Your Own Voice” では、著者の主張を(ときには)読み手に語りかけるように書くことの必要性を、そして “The Art of Metacommentary” では、やはり数多くのテンプレートを紹介しながら、自らの主張が正確に読み手に伝わるよう、どのように主張を読んで欲しいかという Metacommentary の使い方について解説する。

 

これまでに僕自身が使って役立った英語アカデミック・ライティングのテキストは、「英文ライティングおすすめ参考書」にリストアップして紹介したとおりだが、その数あるテキストの中でも、本書 “They Say, I Say: The Moves That Matter in Academic Writing” は、数多の文章テンプレートを用いて、アカデミックライティングのスタイルとフォーマットを学ぶという、極めて実践的な内容の一冊である。ユニークな視点でまとめられており類書が見当たらないという点でも、この最新第3版はぜひ一読をおすすめしたい秀逸なテキストとなっている。

 

They Say / I Say: The Moves That Matter in Academic Writing

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

日本語で書かれたおすすめテキスト『発信型英語スーパーレベルライティング』が待望のKindle版で登場

なんと、植田一三の『発信型英語スーパーレベルライティング』が、Kindle版で登場しているではありま

記事を読む

学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。

ちょっぴり気になっていたこの一冊、思わず読んでしまったじゃないか(笑)  

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず誤訳する英文~あなたはこれをどう訳しますか?』は、英語自慢への挑戦状

「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」で紹介したように、このシリ

記事を読む

英語論文の書き方:よりモダンでクリアな英作文テキスト3選

「英文ライティングここから始める」で書いたように、そこで紹介したテキスト4冊は英文ライティングのため

記事を読む

new york times building

ニューヨーク・タイムズと朝食を

前回「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介した "Lunch with the FT" のインタ

記事を読む

効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙を広げる

今年5月に出版された『英単語の語源図鑑』が、すでに20万部も売れているようだ。英語関連書としてベスト

記事を読む

プレゼンを準備する前に繰り返し読みたいおすすめの一冊『TED TALKS』

話題の一冊『TED TALKS』を読んだ。ご存知いまや圧倒的なプレゼンスを獲得したTEDカンファレン

記事を読む

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピーク・シーズンである。だからこ

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

[TEDトーク]教科書になるプレゼン|吃音のミュージシャンが語る私の言葉

NHK Eテレで放送されている「スーパープレゼンテーション」をご覧になっている人も多いことだろう。そ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム

japanese dictionaries 1
三省堂『辞書を編む人』が、今年の新語を募集中

時を経て社会は変容し、そして言葉も変遷する。いつの時代もワカモノの言葉

レギュラー化決定NHKの新番組「ろんぶ~ん」は最高のアカデミック・エンターテインメント

さて先週から始まったNHK-Eテレの新番組「ろんぶ~ん」をご覧になりま

植物はスゴい!と語る山田孝之がもっとスゴかった

先日放送されたNHK-Eテレの「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した

PAGE TOP ↑