*

フィナンシャル・タイムズと昼食を:2人の投資家が体現するアメリカ社会の変容

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 英語

以前に「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介したように、フィナンシャル・タイムズ紙の日曜版に掲載される “Lunch with the FT” がなかなかに面白いのである。大企業経営者から政治家、そしてアーティストや経済学者まで、非常に幅広く人選し、ランチを一緒に取りながら基本フランクにでもときにぐっと迫る質問をする、そんなカジュアルなインタビューコラムなのである。

 

photo credit: philip_sheldrake via photopin cc

photo credit: philip_sheldrake via photopin cc

 

 

以前紹介した時には、いまをときめく投資家ピーター・ティールが登場した時だった。僕も「おすすめ経営書『ゼロ・トゥ・ワン』」に書いたように、彼の初めての著書『ゼロ・トゥ・ワン』は昨年もっとも注目されたビジネス書の一冊となり、全米同時発売の一大ベストセラーとなった。

 

 

さて、そんなフィナンシャル・タイムズのランチ・インタビューだが、先週の相手はやはりシリコンバレーの著名ベンチャーキャピタリスト、マーク・アンドリーセンだった (Lunch with Marc Andreessen)。今もネットスケープ創業者と紹介されることが多い彼だが、いかに当時画期的だったとはいえ、いまやもう昔となったその会社を知らない世代の方が現在では多いのかも知れない。

 

そういう隔世の感を、今回のインタビューコラムを読みながら強く感じたのである。とくに、それはアンドリーセンとティールを比較した時に顕著だ。いまや時の人ととなったティールは、スタンフォードのロースクールを卒業後に法曹界での挫折を経てシリコンバレーに戻ってくる。エンジニアではない彼だが、企業内で無限のように続く出世競争に巻き込まれないためには、圧倒的に勝てる独占的な優位性を築くことが必要と考え、そしてペイパルを創業する。

 

その事業を軌道にのせた後はイーベイに売却してエグジットし、その後はフェイスブックの最初の外部投資家となる他、ペイパル・マフィアと呼ばれる仲間たちと次々と新しい起業に投資し、世界を動かしていく。果ては、国家とも対峙し、自ら新たな国家建設に乗り出すような “Big Thinker” でもある。テロや医療といった現代の重要課題に対しても、ビッグ・アイデアで解決できると言い切る彼こそが、実に現代的であるというのを、とくにマーク・アンドリーセンと比較して感じたのである。

 

ぜひとも『ゼロ・トゥ・ワン』でのティールの主張を踏まえ、Lunch with Peter Thiel と読み比べてみると面白い。そしてまた、アンドリーセンの時代からティールの時代へとシリコンバレーが変遷してきた様は、「『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』」でも書いたように、まさにこの数十年のアメリカという国家と社会の変容を反映しているように思えてならないのだ。常にダイナミックな生態系を示すシリコンバレーだが、そのダイナミズムの光と影をすくい取り、現代の成功者の象徴であるティールと、数多くの疲弊した人物を対照的に描いたこの『綻びゆくアメリカ』は、非常に読み応えのある一冊となっている。

 

 

 

最後に、この “Lunch with the FT” はときどき本当にユニークな人選をするのだけれども、Lunch with Spy Chief では、 なんと英国のあのインテリジェンス組織 MI6 のトップに話を聞いていたりするのである。スパイのボスと白昼堂々とランチし、その組織について実にフランクに色々と聞いてしまうというのは、なんとも衝撃的である。ただ、いまどきのMI6は、公式ウェブサイトで人材募集していたりするので、昔のイメージのような秘密のベールに包まれている、というわけではないのかも知れないね。

 

いずれにしろ、このフィナンシャル・タイムズのインタビューはおすすめ。簡単な英語で気軽に読めて楽しめる、まさに休日に相応しいコラムとなっているのだ。もしもさらに興味を持ったならば、過去のインタビュー記事をまとめた以下の書籍もぜひ読んでみて。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

【TEDトーク】モニカ・ルインスキーとネットいじめ|彼女が見つけた適切な関係

モニカ・ルインスキーという名前を久しぶりに聞いた。といっても、その名を記憶しているのは、ある程度の年

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず誤訳する英文~あなたはこれをどう訳しますか?』は、英語自慢への挑戦状

「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」で紹介したように、このシリ

記事を読む

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

プレゼンを準備する前に繰り返し読みたいおすすめの一冊『TED TALKS』

話題の一冊『TED TALKS』を読んだ。ご存知いまや圧倒的なプレゼンスを獲得したTEDカンファレン

記事を読む

効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙を広げる

今年5月に出版された『英単語の語源図鑑』が、すでに20万部も売れているようだ。英語関連書としてベスト

記事を読む

おすすめ 『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳』がKindleセール中

僕もこれまで何度もおすすめしてきた関谷英里子『カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?

いや、決してそんなことはない、という一冊が登場。昨年出版されたことに気づいて以来、ものすごく気になっ

記事を読む

英語をイメージと塊で捉える『英会話イメージリンク習得法』

先日放送されたテレビ番組「情熱大陸」の主役は、通訳者・橋本美穂。ピコ太郎のギャグ等、いったいぜんたい

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑