*

フィナンシャル・タイムズと昼食を:2人の投資家が体現するアメリカ社会の変容

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 英語

以前に「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介したように、フィナンシャル・タイムズ紙の日曜版に掲載される “Lunch with the FT” がなかなかに面白いのである。大企業経営者から政治家、そしてアーティストや経済学者まで、非常に幅広く人選し、ランチを一緒に取りながら基本フランクにでもときにぐっと迫る質問をする、そんなカジュアルなインタビューコラムなのである。

 

photo credit: philip_sheldrake via photopin cc

photo credit: philip_sheldrake via photopin cc

 

 

以前紹介した時には、いまをときめく投資家ピーター・ティールが登場した時だった。僕も「おすすめ経営書『ゼロ・トゥ・ワン』」に書いたように、彼の初めての著書『ゼロ・トゥ・ワン』は昨年もっとも注目されたビジネス書の一冊となり、全米同時発売の一大ベストセラーとなった。

 

 

さて、そんなフィナンシャル・タイムズのランチ・インタビューだが、先週の相手はやはりシリコンバレーの著名ベンチャーキャピタリスト、マーク・アンドリーセンだった (Lunch with Marc Andreessen)。今もネットスケープ創業者と紹介されることが多い彼だが、いかに当時画期的だったとはいえ、いまやもう昔となったその会社を知らない世代の方が現在では多いのかも知れない。

 

そういう隔世の感を、今回のインタビューコラムを読みながら強く感じたのである。とくに、それはアンドリーセンとティールを比較した時に顕著だ。いまや時の人ととなったティールは、スタンフォードのロースクールを卒業後に法曹界での挫折を経てシリコンバレーに戻ってくる。エンジニアではない彼だが、企業内で無限のように続く出世競争に巻き込まれないためには、圧倒的に勝てる独占的な優位性を築くことが必要と考え、そしてペイパルを創業する。

 

その事業を軌道にのせた後はイーベイに売却してエグジットし、その後はフェイスブックの最初の外部投資家となる他、ペイパル・マフィアと呼ばれる仲間たちと次々と新しい起業に投資し、世界を動かしていく。果ては、国家とも対峙し、自ら新たな国家建設に乗り出すような “Big Thinker” でもある。テロや医療といった現代の重要課題に対しても、ビッグ・アイデアで解決できると言い切る彼こそが、実に現代的であるというのを、とくにマーク・アンドリーセンと比較して感じたのである。

 

ぜひとも『ゼロ・トゥ・ワン』でのティールの主張を踏まえ、Lunch with Peter Thiel と読み比べてみると面白い。そしてまた、アンドリーセンの時代からティールの時代へとシリコンバレーが変遷してきた様は、「『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』」でも書いたように、まさにこの数十年のアメリカという国家と社会の変容を反映しているように思えてならないのだ。常にダイナミックな生態系を示すシリコンバレーだが、そのダイナミズムの光と影をすくい取り、現代の成功者の象徴であるティールと、数多くの疲弊した人物を対照的に描いたこの『綻びゆくアメリカ』は、非常に読み応えのある一冊となっている。

 

 

 

最後に、この “Lunch with the FT” はときどき本当にユニークな人選をするのだけれども、Lunch with Spy Chief では、 なんと英国のあのインテリジェンス組織 MI6 のトップに話を聞いていたりするのである。スパイのボスと白昼堂々とランチし、その組織について実にフランクに色々と聞いてしまうというのは、なんとも衝撃的である。ただ、いまどきのMI6は、公式ウェブサイトで人材募集していたりするので、昔のイメージのような秘密のベールに包まれている、というわけではないのかも知れないね。

 

いずれにしろ、このフィナンシャル・タイムズのインタビューはおすすめ。簡単な英語で気軽に読めて楽しめる、まさに休日に相応しいコラムとなっているのだ。もしもさらに興味を持ったならば、過去のインタビュー記事をまとめた以下の書籍もぜひ読んでみて。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

medium_3293117576

英語論文の書き方:英文ライティングの新定番テキスト “The Sense of Style”

これまで4回連続で紹介してきた、英語アカデミック・ライティングのおすすめテキスト、の続き。

記事を読む

iwanami-kindle

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩

記事を読む

medium_14554700546

学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。

ちょっぴり気になっていたこの一冊、思わず読んでしまったじゃないか(笑)  

記事を読む

dictionary-english

Kindle電子書籍で(不)真面目に読める、おすすめ英語テキスト19冊

Kindleで安く手軽に読める英語テキスト。まずオススメしたいのは、何と言っても越前敏弥の『日本人な

記事を読む

photo credit: katerha via photopin cc

Kindle電子書籍で学ぶ、カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

関谷英里子の『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』が現在Kindleで大幅に

記事を読む

restaurant wine glasses

フィナンシャル・タイムズと昼食を

フィナンシャル・タイムズのコラム "Lunch with the FT" を毎週楽しみに読んでいる。

記事を読む

credit: shok via FindCC

Kindle電子書籍で、一生に一度だって使わないジョジョの奇妙な英語を学ぶッ!

いよいよKindle電子書籍で(ごく一部のファンの間で)超話題の(かも知れない)アノ一冊が登場した。

記事を読む

new york times building

ニューヨーク・タイムズと朝食を

前回「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介した "Lunch with the FT" のインタ

記事を読む

pens for writing

英語論文の書き方:よりモダンでクリアな英作文テキスト3選

「英文ライティングここから始める」で書いたように、そこで紹介したテキスト4冊は英文ライティングのため

記事を読む

credit: shok via FindCC

ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?

いや、決してそんなことはない、という一冊が登場。昨年出版されたことに気づいて以来、ものすごく気になっ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1611-gentosha
【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【最大50%OFF】幻冬舎電本フェス が期

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

kindle-1605
【Kindleセール】ゴルフ・データ革命ほか、おすすめ6冊

Kindle 今月の日替わりセールが一新されたが、その中での一番のおす

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

PAGE TOP ↑