*

待望のシリーズ最新刊|『英熟語図鑑』で学ぶ基本動詞を使った自然で豊かな英語表現

公開日: : オススメ書籍, 英語

以前に「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙を広げる」でもおススメした、『英単語の語源図鑑』。これは本当に素晴らしい一冊で、英単語の語源をイメージで理解することで、一気にそして芋づる式に単語を理解できるようになる。例えば以下の説明にあるように、injection であれば、in ject ion の3つの語源に分解し、それぞれのイメージを掴む、といった具合だ。同様に、import でも、im port の2つに分解し、「中に運び入れる」というイメージが沸けば、ああそれは「輸入」ってことだな、となるわけだ。

 

 

 

そして、この英単語の語源図鑑のよいところは、それぞれの語源がもつイメージが、上記のようなかわいらしいイラストで伝わることである。パッと見ただけでも、例にあげた import について、荷物を運びこんでいる様子がすっと理解できるはずだ。しかも、port という同じ接尾辞をもつ、supoprt, export, transport といった単語もまとめてグルーピングすることで、それこそ多数の英単語を根こそぎ理解できてしまうという優れモノなのである。

 

本書の売り文句のひとつである「100の語源で10,000語が身につく!」は決して大げさではなく、以下の図にも示されるように、接頭辞、接尾辞、語根、それぞれを関連付けて覚えれば、そして本書の特徴であるイラストでイメージすることで、本当に単語の学習力・吸収力がぐっと高まるのだ。ぜひ試してみて欲しい。

 

 

 

1単語につき1イラスト! ページをめくるたびに重要単語が頭に飛び込んでくる‼本書は、「語源」を学び、超効率的に英単語を覚える本です。「語源」とは、漢字でいう、偏(へん)・旁(つくり)・などにあたるもので、たいていの英単語は、次の3つの「語源」に分解されます。

【例】 injection(注射する)
⇒in(中に;接頭辞)+ject(投げる;語根)+ion(もの;接尾辞)
これらの「語根」「接頭辞」「接尾辞」をまとめて「語源」といいます。

ject(投げる)というイメージがつかめると・・・
・projectは pro(前に)+ject(投げる)⇒映し出す
・rejectは re(後ろに)+ject(投げる)⇒拒絶する
・ejectは e(外に)+ject(投げる)⇒排出する などなど芋づる式に語彙が広がります。

このように重要単語を語源に沿って分解し、語源の知識と語彙をイラストを見ながら身につけていきます。一見、遠回りに思われる学習法かもしれませんが、語源の力によって1万語レベルの語彙が身につくことは、すでに語源研究によって実証されています。

 

 

そんなベストセラーとなった『英単語の語源図鑑』に続編が出たのが昨年のこと。「あの『語源図鑑』に待望の続編が登場|英単語を語源から根こそぎ理解する」でも紹介したように、もちろんこの続編もすばらしいの一言だ。前作ではカバーしきれなかった単語も、これまでと同じく、接頭辞+語根+接尾辞、に構造的に分解して、イメージイラストで絵的にその意味を理解することができる。シリーズ合計90万部を記録するほどの大ベストセラーとなったわけだが、読んでみればその理由がよく分かるほど、大変考えて作り込まれた良書なのである。

 

 

 

2019年上半期 語学書No.1を獲得した『英単語の語源図鑑』待望の第2弾が登場!「教師に勧められた!」「学生時代に出合いたかった!」「イラストが可愛い!」…絶賛の声が続々!

まだ「理想の単語集」に出合っていない方に必携の1冊です。前作に載せきれなかった<単語の意味の中核を表す>語根110を収録!これで完ぺきです!

 

 

そしてこのたび、待望のシリーズ第3作として登場したのが、こちらの『英熟語図鑑』だ!僕自身もきっと自作が出るだろうと前々から期待して一冊であり、引き続き語源でくるかもしくは熟語だろうと思っていたところ、熟語のほうでしたね。さっそく読んでみて、これも本当におすすめできる一冊となっているので紹介しておきたい。

 

 

 

以下に端的に説明されているように、本書では英語の基本動詞に焦点を当て、それぞれの動詞が意味するところを、本書の特徴である分かりやすいイラストでイメージできるように設計されている。そのうえで、例えば turn という基本動詞に対し、turn on/off/in/out/down などなど、さまざまな前置詞と結びつくことで、多様な意味をもつ熟語を構成することを示す。

 

たとえば「回る」「曲がる」を意味するおなじみの“turn”は、様々な動きや方向・場所を表す前置詞や副詞と結び付いて、次のような句動詞(英熟語)になります。

turn on「明かりをつける」
turn off「明かりを消す」
turn in「提出する」
turn out「わかる」
turn up「姿を現す」
turn down「断る」
turn around「ぐるりと回る」などなど

たった1語のturn だけでも、多様な表現を使えることが実感できるのではないでしょうか。本書は、動詞・前置詞・副詞の基本的なイメージ(単語の「core(コア)」と言います)を単語の意味に基づいたイラストと平易な解説文でつかみ、句動詞という英熟語を立体的に理解できる1冊です。

 

もちろん、それ以外にも合計37 個の「基本動詞」を厳選し、17 のセクションに分けて解説している。これらの英単語は中学校で習うレベルのものだが、しかしこうした熟語を形成することで、ぐっと自然な、ネイティブの普段の会話ででてくるような表現が可能となるのだ。きっちりとした英文法を学ぶのも大事だし、ビジネスや学術的なライティングを勉強することも欠かせない。しかし、日常的に友人や同僚と話すときには、きっとこうした熟語が役立つはずだ。そんな視点と用途を考えれば、本書はほかに類書がない、実に優れた一冊であることが分かるだろう。人気シリーズ待望の最新刊『熟語編』でぜひより豊かな英語表現を学んでいきたいところだ。ぜひともおすすめしたい一冊です。

 

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍で学ぶ、カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

関谷英里子の『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』が現在Kindleで大幅に

記事を読む

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

文庫で学ぶ行動経済学

昨年は間違いなく統計学がブームとなった一年だった。「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書1

記事を読む

puma

スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析

スポーツ界に広がるデータ革命 これまで何度か書いてきたように、スポーツとデータというのはとても相性

記事を読む

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世には二種類の男(自分かそれ以外)

記事を読む

japanese dictionaries 1

卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学・入社といった新たな始まりを意

記事を読む

paper editing

英語アカデミック・ライティング最高の一冊に日本語版が登場

英語のアカデミック・ライティングの書籍は数多くあれど、いやだからこそ、どの一冊を選べばよいか、悩んで

記事を読む

日本でいちばん売れている国語辞典『新明解』に待望の最新第8版が登場

日本でもっとも売れている国語辞典といえばなんでしょう? それはもう圧倒的に三省堂の『新明解国語辞典』

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの予測学』のネイト・シルバーがおすすめする2冊の絵本がステキ

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」で紹介したうちの一冊が、ネイト・シルバーの『

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

no image
宗教的絶望と科学的真理|異色マンガ『チ。―地球の運動について―』が面白い

前回「中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―

ここで今こそ学ぶ倫理です。

1/16土曜からNHKで放送が始まるドラマ『ここは今から倫理です。』は

大人になったら国語辞典|ことし成人式を迎える人への最高の贈り物

コロナ感染の再拡大による、全国で成人式の中止や延期が発表されるなど、大

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受

日本語の誤用をとことんを考える『明鏡国語辞典』が10年ぶりに大刷新|新しい「問題な日本語」

今年も国語辞典の話題が多かったが、最新のトピックとして最も注目すべきな

アイデアと問題解決につづく第3弾『独学大全』ついに登場|一家に一冊、学びの百科事典として

さてさて、あの『独学大全』もう読みましたか? 人生100年時代、つねに

イェール大学出版局「リトル・ヒストリー」は初学者に優しい各学問分野の歴史解説

以前にもおすすめしたのだが、米国イェール大学出版局の “A Littl

中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―地球の運動について』が面白い

『鬼滅の刃』で全国盛り上がっているところ申し訳ないんだけど、ものすごい

PAGE TOP ↑