*

日本将棋マネーリーグ|今年も賞金ランク首位は豊島将之竜王、藤井二冠は?

公開日: : 最終更新日:2021/02/07 オススメ書籍, データ, ニュース

先日は毎年恒例の「欧州サッカー・マネーリーグ」が発表され、今年もスペインのFCバルセロナが収入ランキングで首位を飾ったところだ。それと同様に、この時期恒例のもう一つのランキングが、日本のプロ将棋棋士の賞金ランクだ。

 

その結果は、以下のとおり、豊島竜王が連続で首位、かつ昨年から大幅アップで1億円を越えた。注目の若き天才18歳の藤井二冠も当然のごとくジャンプアップして、昨年から2倍以上となる4,500万円超で堂々の第4位につけた。

朝日新聞)日本将棋連盟は5日、2020年の獲得賞金・対局料のランキングを発表した。豊島将之竜王(30)=叡王と合わせ二冠=が1億645万円で、2年連続2回目の1位になった。昨夏にタイトルを二つ獲得した高校生棋士の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=は4554万円で4位となった。2108万円で9位だった19年から2倍以上に増やし、一気に順位を上げた。

①豊島将之竜王 1億645万円(7157万円〈1〉)

②渡辺 明名人 8043万円(6514万円〈3〉)

③永瀬拓矢王座 4621万円(4678万円〈4〉)

④藤井聡太二冠 4554万円(2108万円〈9〉)

⑤広瀬章人八段 3241万円(6984万円〈2〉)

⑥羽生善治九段 2491万円(3999万円〈5〉)

⑦久保利明九段 2421万円(2178万円〈8〉)

⑧木村一基九段 2338万円(3209万円〈7〉)

⑨丸山忠久九段 1926万円(1017万円〈24〉)

⑩千田翔太七段 1692万円(1080万円〈21〉)

※カッコ内は2019年の獲得額と順位

 

 

さて、日本のプロ棋士のトップの賞金が1億円、これだけの活躍を見せる藤井2冠でも5,000万円に満たない金額を果たしてどう捉えるか?個人的には、以前にも「初タイトル目指す藤井聡太七段の連勝と、将棋棋士の獲得賞金・対局料」で書いたように、圧倒的に少ない金額だと感じている。

 

小学生の頃から天才棋士と呼ばれてきた子供たち。そんな彼らが集う奨励会。そしてプロへの最後の関門・三段リーグを突破してようやく最初の一歩を踏み出すことができる。その長い道のりの途中では、数多くの少年たちがくすぶり、学歴も職歴もない青年となり、そして年齢制限で奨励会を後にせざるを得ないことも多々ある。

 

そんなことを、天才プロ棋士・藤井聡太のいまの活躍を見ながら、そして彼の元同僚であり今も奨励会三段リーグで生き残りをかけて日々命を削るような戦いを続ける若者たちに思いを馳せざるを得ない。そんな奨励会の過酷な生活は、大崎善生の『将棋の子』に詳しく、将棋の世界に挑む全国の天才少年たちのことをもう少し詳しく知ってもらうためにも、ぜひこの名著はもっと多くの人に読んでもらいたいと願っている。

 

それと同時に、現在これだけ注目を集める将棋というプロの世界で、最高の頭脳を持つ限られた棋士たちが、もっと多くの収入を得られるような、今の10倍の賞金を獲得できるような、そんなビジネスモデルへと大きく転換していくことを願ってやまない。

 

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る“トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。

未来の名人を夢見る天才少年達が熾烈な競争を繰り広げる奨励会。青春のすべてをかけた彼らの代償とは何か。彼らの戦いはなぜこんなにもせつなく胸に迫ってくるのだろう―ベストセラー『聖の青春』著者が放つ感動のドラマ!!夢と挫折の奨励会物語。

第23回講談社ノンフィクション賞受賞作。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

申請者必携のハンドブック『科研費獲得の方法とコツ』に最新第4版が登場|採択率を上げる書き方

今年もまた科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。多くの研究者が申請するこの科研費だが、も

記事を読む

町山智浩の『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』と、ハズレのない現代米国社会批評シリーズ

「教科書に載っていないし、知ってても全く偉くもないUSA語録」でも紹介したように、町山智浩のエッセイ

記事を読む

行動経済学者ダン・アリエリーの最新TEDトーク|How equal do we want the world to be? You’d be surprised

行動経済学者ダン・アリエリーが、TEDトークに登場。これで合計5回目となる彼のトークは、経済学者とし

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセッツ工科大(MIT)のバナジー

記事を読む

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘められた極意 サッカーの神髄に迫

記事を読む

日本人の氏名はなぜこんなにも多種多様にして複雑怪奇なのか?

日本人はなぜにこんなにも自分の名前や家族のルーツに興味津々なのだろうか? NHKの番組だけ取り上げて

記事を読む

ゲーム理論とサッカーW杯そしてPK戦:なぜネイマールは右へ蹴ったのか?

ブラジルで開催中のサッカーW杯もいよいよベスト8。ますます眠れない夜が続く。さて、今回のワールドカッ

記事を読む

これは面白いピタゴラス的発想!|「解きたくなる数学」をビジュアルで考える

以前に「クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点」でも書いたように、僕

記事を読む

非常勤講師も必要な確定申告スタート|今年からマイナンバーが義務化

2月16日から始まった今年の確定申告。一般的には、高収入のサラリーマンや、個人事業主だけに関係のある

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知って

真理探究に命を懸けて|科学と宗教を描いた異色漫画ついに完結

これまで何度もイチオシしてきたこの漫画『チ。―地球の運動について―』が

科研費獲得の方法とコツ|戦略的な申請書執筆ノウハウ

さて、今年もまた科研費の応募締切が近づいてきた。採択された場合に翌年4

映画『マイスモールランド』とクルド難民の現在地

現在上映中の映画『マイスモールランド』をご存知だろうか? これはもとも

NHKの異色数学番組『笑わない数学』第2回は「無限」の魅力と魔力に迫る

さて、初回が放送されたばかりのNHK『笑わない数学』、ご覧になりました

NHKの異色エンタメ『笑わない数学』が歴史的超難問を大真面目に解説する

NHKには『レギュラー番組への道』という大変とがった企画を集めた番組が

【Kindle特大セール】7月の月替わりセール注目の統計データ分析3冊

Amazonは今月は年に一度の最重要イベント「プライムセール」を実施す

連邦最高裁判事9人が形づくるアメリカの歴史

下の写真がアメリカ連邦最高裁判所だ。各種ニュース等での報道の通り、今回

PAGE TOP ↑