*

『下町ロケット』含めたWOWOW「連続ドラマW」が無料で視聴可能|Amazonプライム・ビデオが作品拡充

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 オススメ

いまWOWOWドラマが面白い

なんと、Amazonプライム・ビデオにWOWOWの人気「連続ドラマW」シリーズが新規にリストアップされた。その数、約20。もちろんこれ以外にも多くの傑作・名作がある本シリーズだが、WOWOW加入者ではなくとも、Amazonプライム会員であればこれらを全部無料で視聴できるのだからすごい。

 

amazon-wowow

 

 

これまで「WOWOW「連続ドラマW」これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」でも数々の傑作を紹介してきたように、現在もっともクオリティの高いドラマを製作しているのは、間違いなくWOWOWである。とくにこの「連続ドラマW」シリーズは、現代的・社会的テーマを題材に、テンポの良い物語展開と、演技派俳優たちの競演で魅せる、実に大人のための高品質ドラマとなっているのだ。具体的には、以下のような作品が今回のAmazonプライム・ビデオで配信されている。

 

『下町ロケット』

現在TBSで視聴率も絶好調の『下町ロケット』だが、それが4年も前にすでにWOWOWで製作されていたことを知っている人はそう多くはない。「人気ドラマ『下町ロケット』はやっぱりWOWOW「連続ドラマW」版の方がクオリティが高い」と思わず本音で紹介したように、とくに俳優のキャスティングと物語の展開においては、WOWOW版の方が圧倒的に上なんです。ぜひともTBS版と比べて見て欲しい。

 

『空飛ぶタイヤ』

『下町ロケット』と同じ池井戸潤の原作をドラマ化した『空飛ぶロケット』も忘れられない名作だ。とくに本作は、2000年に発覚した三菱自動車工業のリコール隠しを題材としている。民放各社にとって大手自動車メーカーはどこもCMを大量に流してくれる大事なお客様。であるからこそ、こうした作品が民放でドラマ化される可能性は極めて低い。視聴者の加入料で成り立つWOWOWだからこそ挑戦できた、そんな矜持を感じる一作でもあり、絶対に見て頂きたいドラマだ。

 

『レディ・ジョーカー』と『マークスの山』

人気作家・高村薫のクライムサスペンスをドラマ化。テンポのよい展開、影を落としたカメラワーク、そして名優たちのトーンを抑えた素晴らしい演技。原作を知らない人はもちろんのこと、原作を読んでいても一味も二味も違う楽しみ方がこのドラマにある。そう感嘆せざるを得ないのが、このWOWOWクオリティなのである。

 

『贖罪』

湊かなえのベストセラー『贖罪』を映画監督の黒沢清がドラマ化、という時点でもう普通のドラマではないのが分かるだろう。しかし繰り返すが、これがWOWOWならではの品質なのだ。小泉今日子が無表情で醸す凍てつくほどの空気感に加え、蒼井優、安藤サクラ、小池栄子、そして田中哲司に加瀬亮、新井浩文、香川照之と、演技派俳優をこれでもかと贅沢に配した布陣。これだけ素晴らしいキャスティングができるのも、俳優たちにこのドラマは違うと惹きつける魅力があるからに他ならない。

 

『推定有罪』

法廷ドラマもWOWOW「連続ドラマW」シリーズに多い内容だ。上で紹介した『空飛ぶタイヤ』では、正義感あふれる中小企業社長を熱演し視聴者の涙を誘った仲村トオルだが、本作では黒い過去のある政治家を演じ、秘密を守る執念と執着、人の心の弱さと醜さをこれでもかと見せつける。本作でも、寺島進、松尾スズキ、陣内孝則、國村隼と、これだけ多くの名優が脇を固め、だからこそ実に見ごたえのあるドラマとなっているのだ。一度このクオリティに慣れてしまうと、もう民放ドラマのチープさには耐えられなくなるだろう。

 

『CO 移植コーディネーター』

本作は「WOWOW「連続ドラマW」これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」でも絶賛した作品。WOWOWオリジナル製作であり、脳死判定された幼児からの臓器摘出・移植手術を可能にした近年の法改正を題材としている。こうした難しい、それでいて誰にとっても身近に起こりうるテーマでドラマを作ろうという気概のある民放がありますか?吉岡秀隆とユースケ・サンタマリアの競演が素晴らしいのは言うまでもなく、そもそもこういうドラマを企画するWOWOW製作陣に最大限の拍手を送りたいのである。ぜひ見て欲しい一作だ。

 

『天の方舟』

開発途上国におけるODA(政府開発援助)に絡んだ贈収賄をテーマにしたドラマ。これもやはりWOWOWくらいしかドラマ化に挑戦しようとしない題材なのではなかろうか。水野美紀演じる開発コンサルタントと、伊原剛志演じる建設会社社員。その二人が織り成す愛と憎しみと金の物語。

 

『罪と罰』

ドストエフスキーの原作を現代に甦らせるという極めて野心的な作品。自分こそが選ばれし人間と考え、世の中の害虫を取り除くべく殺人へと至る青年を高良健吾が怪演。しかしそれ以上の印象を残したのが、殺された女子高生を演じた橋本愛だった。その後NHKの朝ドラ『あまちゃん』の相棒ゆいちゃんでブレイクする橋本愛だが、本作では女子高生の援助交際グループを牛耳るリーダーを凄味のある形相で熱演し、強烈なインパクトを見る者に与えた。

 

『プラチナタウン』

止まらない高齢化社会という日本が抱える社会的課題に真正面から向き合ったのがこのドラマ。財政危機に追い込まれた故郷の町の町長を、大泉洋がいつものように軽妙に演じる。しかしそのテーマは実に現代的であり、「老人向けテーマパーク」という本作のプロジェクトは決して不真面目なものではない。むしろそれは今すぐそこにある未来なのかも知れない。

 

 

というように、傑作ぞろいのWOWOW「連続ドラマW」シリーズがこれだけの数、Amazonプライム・ビデオに新規ラインナップされたのだ。これはもう、WOWOWに加入していない人にはぜひともこの機会にご覧頂きたい。一度見れば分かる、そのWOWOWクオリティ。

 

しかも、Amazonプライム会員なら上記の作品すべてを無料で見ることができてしまうのだ。最近サービスの充実度が格段に高まってきたAmazonプライムだが、先日始まったばかりの映画・ドラマ見放題サービス、加えて今回のWOWOWドラマ新規投入と、Amazonプライムの利用価値が一気に向上した。ぜひこの機会にAmazonプライム(もしくは Student)に加入して、WOWOW作品を視聴してみてはどうだろうか。間違いなく、はまることだろう。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

[TEDトーク]教科書になるプレゼン|吃音のミュージシャンが語る私の言葉

NHK Eテレで放送されている「スーパープレゼンテーション」をご覧になっている人も多いことだろう。そ

記事を読む

Amazon買取サービスが面白い|古本業者にとっての新たな脅威

この秋の大きな話題の一つとして、動画配信サービスを各社が一斉に開始したことが挙げられるだろう。各種報

記事を読む

吉田類の酒場放浪記と世界入りにくい居酒屋

いまや「月9」と言えば、吉田類の「酒場放浪記」なのである。間違ってもフジテレビのドラマ、とか言っちゃ

記事を読む

起業家視点の戦略的ボードゲーム「カタンの開拓者たち」|世界的ベストセラーがシリコンバレーで盛り上がる

今年の冬休みこそボードゲームを楽しもう ことしもまた冬休みが近づいてきた。クリスマスや正月休暇を、

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要|提出締切は3月15日

毎年1月から3月にかけては確定申告の季節。一般的には2/16から受付開始で締切が3/15と認識されて

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

データと恋愛とバレンタインデー

バレンタインデーの週末、みなさまいかがお過ごし予定でしょうか?昨年「バレンタインの統計学と経済学」で

記事を読む

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読

記事を読む

NHKアニメ最終回|英国一家、最後まで日本を食べる

NHKで毎週水曜に放送されていた「英国一家、日本を食べる|Sushi and Beyond」が今週つ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑