*

春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

公開日: : オススメ

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院を卒業した学生にとっては就職の時期でもある。そんな門出をお祝いするのに昔からよく贈られたのが国語辞典である。大人になったら自分の国語辞典を持つというイメージを持っている人も多いことだろう。僕自身も、中学校に入学した際に、親に買ってもらった国語辞典の思い出というのは、いまも鮮烈に記憶に残っている。

 

 

 

そんな思い出に残るであろう最初の国語辞典だが、数あるなかから一冊を選ぶというのは、実はそうたやすいことではないのである。まず第一に、国語辞典なんてどれも同じ、という思い込みがある。しかしながら、実はそうでは全くないことは、以前にも詳しく解説してきたので、以下のエントリなども関連してぜひ合わせて読んでみて欲しい。

 

さらには、国語辞典がそれぞれ異なるということが理解できても、それじゃあ具体的にどこがどんな特色があるのかが分からない、という問題もあるのだ。これはもう自分で読み比べてみるのが一番なのだが、そんな時間もないよという人に激推ししているのが、辞書芸人サンキュータツオ氏による傑作にして名作のこの『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』である。これはもう唯一最高の一冊にして、国語辞典のベストガイドなのである。とくに、以下で黒い太字で示した「キャラクターで解説!個性派辞書図鑑」のセクションが素晴らしいのである。それぞれの辞書を擬人化し、どんな特徴を持っているのかを、コミカルにそして鋭く分析する。これ一冊あれば、まさに「国語辞典は、みんなちがう!」ことや、「自分だけの一冊がわかる」、そしてさらには僕もずっとおすすめし続けている「国語辞典は二冊持つ時代」というメッセージが直接強烈に伝わってくるわずだ。まずはこの本だけでも読んでみて欲しいし、できればそこから自分の辞書選びに役立てて欲しいと思っている。

 

辞書の世界がもっと深く楽しめる!

朝日新聞「天声人語」で紹介! 辞書の世界をのぞいてみよう

芸人ならではの切り口で、代表的な国語辞典を例にとりながら、語数、品詞、デザイン、歴史、用例、語釈などから辞書の魅力を多面的に紹介。あなたの知らないディープな辞書の魅力がここに!(イラスト:宮尾和孝)

【目次】
この本に登場する主な辞書
自分だけの一冊がわかる!? オススメ辞書占い
はじめに
第一章 広くて深い辞書の世界をナビゲート
1.国語辞典は、みんなちがう!
2.国語辞典のルーツ
3.辞書の中にもブランドがある
4.国語辞典は二冊持つ時代
5.なぜ、こんなに多様化したのか?
6.忘れちゃいけない文法問題
7.辞書のディテールを楽しむ
第二章 タツオセレクト! オススメ辞書ガイド
1.キャラクターで解説! 個性派辞書図鑑
2.まだまだある! 紹介したかった「国語辞典」たち
3.タツオオススメ「辞書関連本」
ことばのぬまのおくがき
文庫版あとがき
解説 三浦しをん

 

 

 

そして、数ある辞書、個性的な辞典のなかから、なんとか頑張って超おすすめの4冊を選ぶなら、僕なら次のラインナップを考えるし、これは他の人にも大いにおすすめできるものだ。詳しくは上記のエントリは、サンキュータツオのガイドブックを見てもらいたいのだが、ひとことでまとめると以下のとおり。ぜひ自分の目で見て比べながら、それぞれに最適なそして最高の辞書を選んでみて下さい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

錦織圭の全米オープンテニスをデータ生中継で応援しよう|初のグランドスラム優勝を目指して

全米オープンテニスに出場している錦織圭が見事に4回戦を突破し、2年ぶりのベスト8進出を決めた。ビッグ

記事を読む

Amazon Audible (オーディブル) で「聴く」読書|おすすめオーディオブックの始め方

僕がオーディオブックというものを初めて知ったのはアメリカにいたときだった。プロのナレーターが本を朗読

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

欧州サッカー・チャンピオンズリーグはここからが面白い|WOWOWの超おすすめ目玉コンテンツ

コロナ禍にあっても少しずつこれまで同様のスポーツ大会が開催されるようになってきた。先月のテニス全豪オ

記事を読む

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が3年ぶりのフル開催となった。じ

記事を読む

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野で

記事を読む

[NHK今夜再放送]伝説のチェスプレーヤー・ボビーフィッシャーの闘い

先日は、最強の将棋棋士・羽生善治が、チェスの元世界王者ガルリ・カスパロフとハンデ無しの勝負をして大き

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

japanese dictionaries 1

さらに高いレベルの国語辞典を|中型辞書「三省堂大辞林」のすすめ

国語辞典のおすすすめについては、以前にも以下のエントリで詳しく解説してきたので、ぜひ参考にして頂きた

記事を読む

今年買って本当に良かったモノ:暮らしを豊かにするホーム・アイテム5選

先日の「今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選」に続いて、ホーム編

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑