*

できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 英語

これまで複数回にわたって紹介してきた、英語ライティングのおすすめテキストたち。古典的名著から新たなスタンダードまで、よい文章とはという一般論を語ったものから、論文の章ごとの書き方を詳しく解説した個別論、そして音やリズムにこだわった特色ある一冊まで、英語で書かれた英語文章法については実に豊富な選択肢があるものだと思う。

 

  1. 英文ライティングここから始める必読テキスト4選
  2. よりモダンでクリアな英作文テキスト3選
  3. アカデミック・ライティングの決定版テキスト
  4. スタイルとフォーマットで学ぶアカデミック・ライティング
  5. 英文ライティングの新定番テキスト “The Sense of Style”

 

 

一方で、その翻訳となると一気に選択肢が狭くなってしまう。そもそも英語文章術に関する内容を日本語で表現することが難しいということもあれば、翻訳書に対する需要がそれほど大きくないという事情もあるのだろうか。いずれにしろ、上記で紹介した英語論文の書き方レファレンスのうち、日本語訳が出ているものはごく一部に限られる。

 

さてそのような中、これはユニークな一冊というおすすめテキストが新たに翻訳されて登場した。それがこの『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか』である。

 

 

原書タイトルは “How to Write a Lot” であり、その副題 “A Practical Guide to Productive Academic Writing” が示唆するように、英語論文の書き方について実に具体的で実践的なアドバイスを提供してくれる、とても役立つ一冊なのだ。

 

 

これは以前に、「英語ライティングおすすめ参考書」の中でもリストアップして推薦した一冊であり、著者は、論文が書けないのは書かないからであり、書かないのはセルフマネジメントが出来ていないからだと読者を叱咤する。とくに本書では、「いかに書くか」ではなく、「いかに書き続けるか」について焦点が当てられている。書くトピックがないとか、書く時間がないとか、(自分への)イイワケはいくらでもできる。しかし質の高い論文を書きたければ、一定量(a lot)を書くしか方法はなく、だからこそライティング・マネジメントが欠かせない。目標をどう設定し、進捗をどう管理するかという実務的な話と、writing と editing を切り分けて考えるといった how to も含め、カジュアルな書きぶりだが、実に大事なことをさらりと述べている。

 

writing
”Stipula fountain pen” by Power_of_Words_by_Antonio_Litterio.jpg: Antonio Litterioderivative work: InverseHypercubePower_of_Words_by_Antonio_Litterio.jpg. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons

 

 

本書を読んで連想するのが村上春樹の小説執筆スタイルだろう。彼は決まった時間に起き、決まった時間執筆し、決まった時間に寝るという極めて規則正しい生活を長年続けている。そこには編集者と夜な夜な飲み明かす姿も、アイデアが降ってきたら一気に書き上げるという姿もない。そうではなく、調子が良い日も悪い日も、決まったように机に向かい、決まった量を書く。調子がよくても書き過ぎない、一方で調子が悪くても一定量は絶対に書く。そうやって書き続けてきたからこそ、今の村上春樹と数々の名作が産み落とされたのだと思う。

 

本書 “How to Write a Lot” は、まさにこうした執筆スタイルを論文生産にも導入すべきだと主張しているのである。研究者にとっては、自分の研究スタイルを振り返り、そのマネジメントを改善する契機となる、実に示唆に富んだ内容と言えるだろう。「本ブログでのベストセラー」にも上位ランクインしている本書が翻訳されたちょうどこのタイミングで、改めておすすめしたい名著なのである。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

【TEDトーク】モニカ・ルインスキーとネットいじめ|彼女が見つけた適切な関係

モニカ・ルインスキーという名前を久しぶりに聞いた。といっても、その名を記憶しているのは、ある程度の年

記事を読む

2020年、本ブログで人気だった英語論文ライティングの参考書ベスト5冊

先日のエントリ「いま国語辞典がおもしろい|10年ぶりの大幅改訂による最新版あいつぐ」で紹介したように

記事を読む

フィナンシャル・タイムズと昼食を:2人の投資家が体現するアメリカ社会の変容

以前に「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介したように、フィナンシャル・タイムズ紙の日曜版に掲載

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず誤訳する英文~あなたはこれをどう訳しますか?』は、英語自慢への挑戦状

「越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊」で紹介したように、このシリ

記事を読む

restaurant wine glasses

フィナンシャル・タイムズと昼食を

フィナンシャル・タイムズのコラム "Lunch with the FT" を毎週楽しみに読んでいる。

記事を読む

プレゼンを準備する前に繰り返し読みたいおすすめの一冊『TED TALKS』

話題の一冊『TED TALKS』を読んだ。ご存知いまや圧倒的なプレゼンスを獲得したTEDカンファレン

記事を読む

communication robots

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。  

記事を読む

英語論文の書き方:よりモダンでクリアな英作文テキスト3選

「英文ライティングここから始める」で書いたように、そこで紹介したテキスト4冊は英文ライティングのため

記事を読む

Kindle電子書籍で、一生に一度だって使わないジョジョの奇妙な英語を学ぶッ!

いよいよKindle電子書籍で(ごく一部のファンの間で)超話題の(かも知れない)アノ一冊が登場した。

記事を読む

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑