*

アメリカと日本と国際養子縁組

公開日: : 最終更新日:2014/01/21 アメリカ, ニュース

先日のTBSの番組「女児はなぜアメリカへ行ったのか?国際養子縁組を考える」を観た。

豊かな社会とは何だろう。ひとつには選択肢が多様であることだろう。1歳の女の子さくらちゃんが、去年アメリカにわたった。国際養子縁組で、引き取ったのは歯科医と獣医の夫婦だ。実の母親は経済的な事情から自分で育てることができないためだった。今、こうした国際養子縁組を禁止しようという動きが日本で出ている。さくらちゃんはなぜ海を渡ったのか、国内ではダメだったのか、そして国際養子縁組の禁止が本当に必要なのか、日本とアメリカで取材した。

 

international comparison of adoption

(朝日新聞:世界各国の養子事情

 

それに関連して、朝日新聞の特集「日本からも子どもが渡る『養子大国』」も興味深く読んだ。アメリカは、上図に示されるように世界有数の「養子大国」である。アメリカ国内での養子縁組が大半だが、それでも海外の子供を引き取って養う件数も多く、さらにはそれが近年、日本の子供がアメリカへ渡るケースが増加している、という内容だ。

国外から養子を迎えるのは、養子大国の米国でも少数派だ。ただ、国内では避妊や中絶が増えて望まない出産が減ったことや、シングルマザーに対する福祉施策が充実し、社会の偏見が薄れたことで、実の親が子どもを手放すことも少なくなった。新生児の養子縁組は希望する家庭の間で大変な競争になるという。国際縁組は子どもの出身国によっては待ち時間が少なく、思い直した実親が子どもを迎えに来る可能性は低い。国際養子を望む声は依然としてある。

国際縁組は、出生率が高く、経済的に苦しい途上国の子どもが先進国にもらわれるのが一般的だ。だから、日本からも米国に養子が渡っていると知って驚いた。日本は国際養子縁組のルールを定めたハーグ条約を批准しておらず、政府は海外に出る養子の数を把握していない。米国務省によると年間30~40人が米国に孤児や養子として入国している。

 

ここで思い出すのが、たびたび遊びに行った米国のあの家族のことである。40代の白人夫婦には子供ができなかった。そこで彼らは養子をもらうことにしたのだが、その際のプロセスが「エージェンシー」を通じて極めてスムースに行われたこと、そしてその背景にあるアメリカならではの宗教観や家族観に僕は大きな衝撃を受けたのである。アジアの国から養子をもらうための「海外ツアー」まであると言う。

 

その白人夫婦が養子にもらったのは黒人の赤ちゃんだった。もちろん肌・瞳・髪の色はまったく違う。現在では小学生になっているが、それくらい大きくなれば「自分が両親の実の子ではない」ことは分かる。というよりも、もっと小さいときから、そのことは聞かされて育っていた。ちなみに、産みの親が誰なのかはいまも分からない。産まれたばかりのこの子を病院の前に置いて、お母さんはそのまま行方知れずなのだと言う。

 

playground in a rural area

 

その夫婦はこの子をとても可愛がっていて、数年後もう一人子供が欲しくなった。そこで同じエージェンシーを通じて、新たに養子を引き受けた。その赤ちゃんの産みの親は、同じ地域に住む14歳の女の子。もちろん自立できる年齢ではなく、養子に出すことにした。この辺りの話はまるで数年前の映画『ジュノ』そのものである。そして、僕の知人夫婦とその女の子との面談が、エージェンシーによって設定されたそうだ。

 

映画ジュノ

 

二人目の養子をもらい受け、知人夫婦はとても幸せな生活を送っていた。そしてまた数年後、もう一人子供がいてもいいかなと思っていた矢先に、今度はエージェンシー側から提案があった。当時14歳だった産みの親のあの女の子が、二度目の出産をしたのだという。まだ高校生で、もちろん自分では育てられない。だから、血の繋がった兄弟として一緒に育ててくれないか、という話だった。

 

 

夫婦は少し迷っていたが、結局はその赤ちゃんを三人目の養子として引き受けた。今は大家族となり、賑やかにそして楽しそうに暮らしている。一方で、こうした養子斡旋のシステムや、あまりにもオープンであることに、日本との大きなギャップを感じるのもまた事実である。

 

house in a rural area

 

そしてこうした日米の違いに対する戸惑いは、恐らくは多くの日本人に共通するものであり、朝日新聞の特集後記「旅の終わりに:養子大国アメリカのいま」でも、次のように書いている。

特集が掲載された後、たくさんの読者の方から感想をいただいた。中でも多かったのが、「養子縁組に対するアメリカのオープンな姿勢に驚いた」というものだ。確かに養子縁組は、アメリカではごく当たり前の選択肢だ。取材するこちらがとまどうほど、育ての親(養親)も、養子本人も屈託がなかった。

養子縁組あっせんの市場化、子どもの養育をめぐる深刻な状況、海外へ出て行く赤ちゃん……。養子大国アメリカには「開かれた縁組」という前向きな一面だけでは語り尽くせない、様々な姿があることにも気づかされた。

 

僕がこの目で見たのは、アメリカ国内での養子縁組であり、少なくとも僕の目にはとても幸せそうな家族を築いているように見える。一方で養子縁組が抱える様々な問題があるのも事実だろう。しかし、不妊カップルの増加や同姓婚の拡大に伴い、養子を欲しい夫婦は世界中で増え続けている。そういうニーズがある限り、「顧客」を獲得するためのエージェンシーの競争は加速し、「養子市場のグローバル化」の流れは止まらないように思う。

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

国民栄誉賞受賞|将棋永世7冠羽生善治と囲碁7冠井山裕太

将棋と囲碁という伝統ある世界において、大きなニュースとなったのが、長い将棋の歴史の中で初の永世7冠を

記事を読む

facebook on pricenton's future

プリンストン大学の研究に、フェイスブックが倍返し

WSJ「『フェイスブック滅亡』論文、物議を醸す」や、CNET「Facebook、ユーザー急減の予測に

記事を読む

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が竜王位を奪還し永世竜王となり、

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと、歴代連勝記録の単独トップとい

記事を読む

amazon student spring 2014 campaign

Amazon Student 会員数、第1位早稲田・第2位東大に続き、第3位に放送大学がランクイン

Amazon Student の春の新学期キャンペーンで、面白いランキングが掲載されていた。Amaz

記事を読む

スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこちで聞こえそうなこの時期を狙って

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム

japanese dictionaries 1
三省堂『辞書を編む人』が、今年の新語を募集中

時を経て社会は変容し、そして言葉も変遷する。いつの時代もワカモノの言葉

レギュラー化決定NHKの新番組「ろんぶ~ん」は最高のアカデミック・エンターテインメント

さて先週から始まったNHK-Eテレの新番組「ろんぶ~ん」をご覧になりま

PAGE TOP ↑