*

フェイスブックのパーソナルデータが明らかにする、米国スポーツチームのファン境界線はココだ。

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 アメリカ, スポーツ, データ

これまで何度か書いてきたが、フェイスブックのデータサイエンスチームというのは、いつも興味深いデータを、さらに興味深く見せてくれる。例えば「フェイスブックから愛を込めて」や、「バレンタインの統計学と経済学」で紹介したように、男女関係の悲喜こもごもを面白おかしく分析できるのは、パーソナルデータを持っているフェイスブックならではの強みだ。

 

フェイスブックデータではないものの、「独身男女はドコにいる?データで見るデートガイド」では、米国センサス(国勢調査)の郵便番号データから都市および地区によって独身男女が住んでいる場所がどのように偏っているかを示しており、それはそれで大変に興味深かった。でも、国勢調査のデータを使って、地区レベルで視覚化できるデータというのは、年齢や性別といったあたりまでなんだろう。だからこそ、フェイスブックのパーソナルデータを用いて、ニューヨーク・タイムズ紙が先日見せてくれた以下のデータは、衝撃的な面白さとして受け止めた。これはもう・・・、ステキ過ぎるよね。

 

テーマはズバリ、米国大リーグのファンの境目はどこか?ニューヨーク・タイムズ紙上で詳しく紹介されているように、フェイスブックの個人データ(「いいね」)を利用して、各チームのファンが住んでいる場所を地図上で視覚化したものだ。

 

baseball_border

 

 

これの何が面白いって、そりゃあもう、今まで漠然としか認識されてこなかった境界線をはっきりと描いているところだ。例えばニューヨークの名門ヤンキースと、ボストンの強豪レッドソックス。その都市に住んでいれば地元のチームを応援するのが自然だ。じゃあ、ニューヨークとボストンの間に位置する町々の人たちは一体どちらを応援しているのよ?っていう疑問だ。それは、東京から西に向かって行った時、どこからエスカレーターの立ち位置が逆になるの?という素朴な疑問ととてもよく似ている。

 

で、その答えがくっきり見えるでしょ?下図が示すように、Yale 大学がある New Haven はヤンキースのテリトリーだし、コネチカット州の州都 Hartford も、ギリギリでヤンキース領なんだねー、っていうのが「見える」のがすごい。実に面白い。

 

redsox_yankees

 

それ以外でも、シカゴにおけるカブスとホワイトソックス、ロサンゼルスにおけるドジャースとエンゼルス等々、主要都市を二分するチームのファンの分布を明確に切り分けて視覚化している。この地図データを見たらいっそう地元対決の試合が盛り上がるかも知れないね。

 

で、予想通りというか、この地図は大変な反響を呼びそれに応える形でニューヨーク・タイムズ紙が続けて掲載したのが、今度はバスケットボールNBAのファン分布だった。

 

basketball_border

 

 

そしてこれがまた相当に面白いのである。ただ単に野球でやったことをバスケでもやってみました、っていうだけじゃないのだ。野球と同様にニューヨークとボストンの二都市で考えた場合、バスケットボールではニックスとセルティクスのどちらを応援するのか、という疑問なのだが、その答えは必ずしも野球の時と同じではない、というのがポイントだ。

 

以下の図が示すように、なんとなんと、大リーグのときはニューヨーク側のヤンキースを応援していた New Haven と Hartford にお住まいの人たちが、話がバスケになったとたん、今度はボストン側のセルティクスを応援しているじゃあないですか!

 

celtics_knicks

 

 

行政区分上の境界線と、スポーツファン心理に現れるような地元意識とが、必ずしも一致していないというのは実感としてもよく分かる。でもそれだけではなく、スポーツによってもそのボーダーラインが変わってくるというデータを、僕らは今まで見たことがあっただろうか。フェイスブックにはプライバシーの問題が常に付きまとうわけだが、一方で、どのスポーツチームを応援しているのかといった個々人のプライベートな情報が入手できるからこそ、このように興味深くデータを視覚化することもできるのだ。

 

そんなユニークなデータを、毎度ユニークな視点で目の前に見せてくれるのが、フェイスブックのデータサイエンスチームであり、そして今回のニューヨーク・タイムズ紙のデータサイエンティスト達だ。彼らのユニークな仕事ぶりには、今後もぜひ注目していきたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

スタンフォード大学に集まる若き経済学者たち

先週のニューヨーク・タイムズ紙の記事 "How Stanford Took On the Giant

記事を読む

【TEDトーク】モニカ・ルインスキーとネットいじめ|彼女が見つけた適切な関係

モニカ・ルインスキーという名前を久しぶりに聞いた。といっても、その名を記憶しているのは、ある程度の年

記事を読む

テニス・グランドスラム優勝回数ランキング

【追記】「難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る2016年全米オープ

記事を読む

アメリカの歴史をつくる9人の連邦最高裁判事

就任以来すでにいくつもの声明を発表し、そのたびに世界が最大限の注目を払ってきた米国トランプ大統領が、

記事を読む

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介

記事を読む

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

町山智浩の『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』と、ハズレのない現代米国社会批評シリーズ

「教科書に載っていないし、知ってても全く偉くもないUSA語録」でも紹介したように、町山智浩のエッセイ

記事を読む

[若きテクノロジストのアメリカ]宇宙を目指して海を渡る~MITで得た学び、NASA転職を決めた理由

『宇宙を目指して海を渡る~MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』を読み終えた。少年の頃に天体に

記事を読む

『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏

以前に「テーマパーク優先パスの価格付け」でも紹介したように、カイザー・ファング著『ヤバい統計学』は、

記事を読む

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2016年版

今年もまたこの時期がやってきた。そう、デロイト社によるレポート "Football Money Le

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2018年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

全米オープンテニス|錦織がフルセットを制して準決勝進出

日本時間早朝の全米オープンテニス生中継を観戦したみなさま、お疲れ様でし

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なお

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になった

ジョジョの奇妙な原画展|荒木飛呂彦の冒険

この夏最大の注目とも言えるべきイベント、「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやか

PAGE TOP ↑