*

将棋マネーリーグ|藤井聡太竜王が2021年賞金ランキング3位に

公開日: : 最終更新日:2022/02/04 ニュース

今年もこれまで通り、昨年の将棋棋士の賞金獲得ランキングが発表されたぞ(ランキング表)。上位陣に大きな変化はないものの、渡辺名人の首位は4年ぶり。一方で、昨年のトップだった豊島九段が1億円超の賞金となっていたことを踏まえると、2021年は全体としては藤井竜王にタイトルが集まりつつも、それ以外は偏りなくタイトルや順位戦勝利数が散らばっているということなのだろうか。

ちなみに、その藤井竜王は第3位で、一昨年の4,500万円から大幅アップの約7,000万円とはいえ、あれだけ話題になったのにそれでもまだ三番手であり、かつ1億円にも満たないのか、という感想を持つ人も多いことだろう。それに対するコメントしては、まず第一に、昨年後半に獲得した竜王位については、その賞金額は将棋界最高であるものの、年が明けた就任式をもって賞金獲得と定義されるため、2021年の藤井聡太の賞金額にはカウントされていないのである。つまり、来年はこの分だけ上積みされることが既に確定している、ということだ。

 

もうひとつの疑問、それでもまだ1億円には満たないの?に対しては、残念ながらそうなんです、としか答えようがない。なにしろ、当時七冠全制覇した最盛期の羽生善治をもってしても、ようやく1億円台の後半であり、2億円には到達していないのである。その意味において、野球やサッカーやテニスなどと比べると、ましてや近年の隆盛著しい℮スポーツなどと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまう。

 

若き天才・藤井聡太の登場によって、将棋界が大きな注目を集め、そして藤井の一挙手一投足そして注文する勝負メシやお菓子のひとつひとつに大きな経済効果まで認められるようになったいま、ぜひとも将棋の世界の裾野が広がるとともに、現棋士たちの賞金アップにつながって欲しいと心底願っている。なにしろ、あれだけの頭脳なのである、誰にも見えない景色を見ているのである、そういうトップオブトップには財政的な面でもなにひとつ不自由のないのはもちろんのこと、後塵に憧れとうつるような、そんな圧倒的なポジションにあって欲しいのである。ぜひ今年も熱い将棋の戦いに注目していきましょう!

 

雑誌Numberの今年最新号はまたしても将棋&藤井聡太特集であり、今回もまためちゃくちゃ面白かったです。将棋にあまり縁がなかった人にこそ、そこにある人間ドラマ、究極の勝負術を、ぜひ目の当たりにして欲しいと願っています。

 

 

 

賞金ランキングは以下の通り(【 】内は2020年の獲得額と順位/単位は万円、金額は推定)。

1、渡辺明名人 8194(8043 【2】)

2、豊島将之九段 8145(10645 【1】)

3、藤井聡太四冠 6996(4554 【4】)

4、永瀬拓矢王座 4821(4621 【3】)

5、羽生善治九段 3236(2491 【6】)

6、斎藤慎太郎八段 2567(1338 【16】)

7、木村一基九段 2245(2338 【8】)

8、糸谷哲郎八段 1876(1502 【11】)

9、稲葉陽八段 1703(1395 【14】)

10、菅井竜也八段 1674(1445 【13】)

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

最強のトイレがアメリカに上陸。一方の日本では「トイレとうんち」展が大人気

僕はトイレに並々ならぬ関心を持っている。本当に。だから、国連が「11月19日は世界トイレの日」と定め

記事を読む

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセッツ工科大(MIT)のバナジー

記事を読む

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよ

記事を読む

Amazon Student 大学別会員数ランキングが引き続き興味深い

秋の新学期開始に合わせた、Amazon Student のキャンペーンが、かなり手厚くて羨ましい(笑

記事を読む

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように、昨今にわかに昆虫ブームなのは

記事を読む

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

dinner table

サンフランシスコ発の口コミ情報サイト「Yelp」が日本上陸

米国の口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)が日本でサービスを開始したというニュース(日経新聞)。

記事を読む

gated community 1

アメリカ地方自治体の分断:富裕層による独立運動

先日のNHKクローズアップ現代を興味深く視た。「“独立”する富裕層 ~アメリカ 深まる社会の分断~」

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

華麗な王者モハメド・アリと、そのアリになれなかった男|沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』と『一瞬の夏』を再読する

2016年6月4日、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが74歳の人生に幕を閉

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑