*

世界大学ランキング最新版発表|英国オックスフォード大学が初のトップに

公開日: : ニュース

“Oxford Tops List of World’s Best Universities” という Wall Street Journal の記事。過去5年間首位をキープしていた米国カリフォルニア工科大学を抜いて、英国の名門オックスフォード大学が初めてのトップに立った。それと同時に、米国以外の大学がトップとなったのは、このランキングが始まって以来、13年間で初めてのことだという。

 

The University of Oxford, the oldest in the English-speaking world, took the top spot in the latest World University Rankings, released annually by Times Higher Education. The English university dating to 1096 dethroned the California Institute of Technology, a small, private school in Pasadena that had ranked No. 1 for five consecutive years, according to Times Higher Education, a London magazine that tracks higher education.

This is the first time a university outside the U.S. is No. 1 in the list’s 13-year history. This year’s list also underscores strengthening university systems in Asia as schools in China and Hong Kong have risen up the ranks, some by double-digits.

 

world-university-ranking-2016

 

 

オックスフォードとカリフォルニア工科大学に続くのは、スタンフォード、ケンブリッジ、そしてマサチューセッツ工科大学といったランキング上位のお馴染みの顔ぶれである。ただし、こちらの全ランキングでも確認できるように、また記事の中でも言及されている通り、アジアの大学の躍進が著しい。24位にシンガポール国立大学、29位に北京大学、35位に清華大学といった具合だ。ちなみに東京大学は39位となっている。

 

さて、当然気になるのは、どうやってこのランキングを算出しているのか、ということである。ちなみに以前「『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏」でも紹介したように、こうした大学ランキングを上げようと担当者は血眼になっており、それってズルくない?っていうくらいキワドイことをやってまで、一つでもランクを上げようと必死なのである。そのあたりのカラクリについては、こちらの『ナンバーセンス』が大変おもしろく解説しているのでおすすめしたい。

その統計を信じるな!大学ランキング、肥満、クーポン、失業率、フットボール、物価……。身近なエピソードを題材に、複雑な統計をやさしく“解きほぐす”。どれが正しい分析で、どれが間違った分析なのか。ビッグデータ時代に必須の統計リテラシーは、誰にでも身につけられる。

 

 

アメリカで影響力のある U.S. News 大学ランキングだが、一方ではこのようにランク操作がしやすいという批判もある。それを踏まえてのことだろうが、この World University Rankings では、U.S. News が利用している合格率、試験平均点、卒業後初任給といった指標は使っていないという。むしろ各大学の研究面に着目し、論文数、引用数、研究資金といったデータから、ランキングを作成しているということだ。ただしもちろん、指標が変わればそれに合わせて各大学の行動が変わるというもの。このランキングでは果たして各大学がどんな取り組みで順位を上げようとしているのか、『ナンバーセンス』の著者カイザー・ファングには、ぜひとも続編でそんな舞台裏を明かして欲しいと思ったりするのである。

 

WUR tends to focus on research, counting metrics like the number of citations and publications by a university’s scholars and the amount of research funding attained in a given year. The list also takes reputation into account by surveying some 20,000 leading scholars to identify top schools, said Phil Baty, rankings editor at Times Higher Education.

“The single biggest individual indicator is research impact,” Mr. Baty said. “We’re looking at 56 million citations, 11.9 million research publications.”

To a lesser extent, WUR also emphasizes global scholarship. Unlike popular American rankings like those produced by U.S. News & World Report, the world list has a global reach and includes only universities. WUR excludes popular metrics used by U.S. ranking systems like acceptance rate, test scores and postgraduation salary, Mr. Baty said.

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

bhutan royal couple

「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道されたように、日本とブータンとの友

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

travel around the world

都市別外国人観光客ランキング:中国人観光客から今後はロシア人観光客へ

英国の市場調査会社ユーロモニターが発表した最新の都市別外国人観光客ランキング(日本版ウォール・ストリ

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

中央アジア訪問記:シルクロードの要衝ウズベキスタン

報道の通り、先週から安倍首相がモンゴルおよび中央アジア5ヶ国を訪問している(NHKニュース)。しかし

記事を読む

running children

ゲイツ財団と世界の貧困に関する3つの誤解

今年もビル&メリンダ・ゲイツ財団の年次書簡が発表される時期がやってきた。「ビル・ゲイツからの手紙と

記事を読む

UK top cosmetic surgery women and men 2013

美容と整形:2013年も引き続き市場は拡大

美容と整形について、最新のレポート "UK cosmetic surgery statistics

記事を読む

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑