*

東京オリンピック野球で導入された変則的決勝トーナメント

公開日: : スポーツ, ニュース

東京オリンピックの野球種目は、準々決勝でアメリカを倒し、準決勝で韓国を破った日本が、堂々の決勝進出を決めた。そして、決勝戦の晴れ舞台で対峙する相手は、なんと、アノ、米国である(スポニチ)。

 

 

 

えっ?アメリカはもう負けたから試合終了なんじゃないの、というのが普通の感覚であろう。しかし、諦めるまで試合終了にならないのが、今回の東京五輪野球の複雑なところなのである。なぜこのような「敗者復活」を含めた変則的トーナメントになったかというと、これはもう一言でいえば、大人の政治的事情によって紛糾した末に3年前に決まったという背景があるのだ(スポーツ報知)。

 

このようなシステムとなった結果、決勝戦で勝てば優勝なのだから、例えば今回のケースでは、トーナメント1回戦で負けたドミニカ共和国にも、敗者復活ルートを通じた優勝の可能性があったのである。そういうルールであるため、導入当初から数多くの疑問の声があったのは当然のことだろう。ただ、結果論ではあるが、ドミニカが決勝に辿り着くことはなかったので、ほっと胸をなでおろしている関係者は多いことだろう。

 

ただし、準々決勝で一度は日本に敗れたアメリカが、決勝戦で借りを返す形で勝利すれば優勝となるのだから、それはそれでどうなんだ、という懸念は当然つきまとう。そもそもこうした変則トーナメント自体に問題が多すぎするのではないか、という指摘もその通りだろう。一方で、このような変則型が他の種目でないわけでもないのだ。

 

例えば、まっさきに思い浮かぶのが、将棋の棋王戦である。実際に以下のように、第46期の挑戦者決定トーナメントを見てみよう(将棋連盟)。通常のトーナメントとしては、広瀬章人八段が優勝しているように見えるだろう。しかしながら、棋王戦ではベスト4以上では敗者復活システムが導入されているため、広瀬八段以外の3者による敗者復活戦が行われ、そこを勝ち上がってきた糸谷哲郎八段が、広瀬八段と最後の勝負となったのである。しかも糸谷八段は、通常のトーナメントであれば、広瀬八段に決勝戦で敗れているはずなのに、だ。

 

 

 

ここまで見ると、今回の東京五輪野球のように、トーナメント途上で日本に敗れたアメリカが、敗者復活戦を勝ち抜いて再び決勝戦に姿を現したのと、まったく同じように見えるだろう。しかし、将棋の棋王戦において大きく異なるのが、「2敗失格」というシステムが導入されていることだ。これはベスト4以上に勝ち残った4人それぞれが、この先2敗したら終了、というルールである。そのため、挑戦者決定戦となる広瀬八段と糸谷八段では、最初の設定がことなるのだ。つまり、すでに一回広瀬八段に敗れている糸谷八段としては、この決定戦においてもう一度敗れたら、その時点で終了だ。一方の広瀬八段は、これまで負けなしでトーナメントを勝ち上がってきているから、この決定戦においてかりに一度糸谷八段に敗れても、まだ試合終了とはならないのだ。

 

その結果、挑戦者決定戦においては、2試合行われ、糸谷八段が広瀬八段に対して2連勝を収めたため、糸谷八段が優勝となり、挑戦者として名乗りをあげたのである。つまり、広瀬VS糸谷は、このトーナメント戦において合計3試合を戦い、2勝1敗で糸谷八段の勝ち、となったということである。という説明をされると、なるほどと思うわけだ。確かに一度は敗れた糸谷八段ではあったが、全体を3番勝負と考えれば、初戦に敗れただけであり、その後2連勝を飾ったのだから。

 

ここが、今回の東京五輪野球とは大きく異なる点だろう。野球の決勝戦である、日本VSアメリカは、この1戦に勝った方が優勝という点で、この1試合の比重が極めて大きいのである。アメリカが勝てば、日本とは1勝1敗の五分であるものの、もっとも重要な決勝戦で勝ったたため、アメリカの優勝が決まるわけだ。もちろん、野球と将棋とでは、試合開催にかかる準備やコストも大きく違うだろうから、一概に比較することはできないのはもちろんのことだ。それでも、もし将棋・棋王戦のようなシステムだったら、もう少し納得感があったのではないだろうか、と思うところだ。そういう、普段とはちょっと違った視点から、野球の決勝戦を眺めても面白いのではないだろうか。まあ、日本が決勝でも勝てば、トーナメント負けなしで、誰からも文句のつけようがない優勝になるんだけどね。あとそれから、野球を応援するついでに、将棋も見てね。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

全米オープンテニス|錦織がフルセットを制して準決勝進出

日本時間早朝の全米オープンテニス生中継を観戦したみなさま、お疲れ様でした。錦織がやってくれましたね。

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白い

現代において、スポーツ選手がデータ活用するのはもはや当たり前と言えよう。そしてそれはもちろん監督やコ

記事を読む

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

shougi denou sen

「われ敗れたり」:完敗だったが名勝負もあった第3回将棋・電王戦

今夜11時放送のTBS「情熱大陸」は、将棋・電王戦。  将棋のプロ棋士とコンピューター将棋ソフトが

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なおみのそれぞれベスト8進出をかけ

記事を読む

史上最年少プロ棋士・藤井聡太の初勝利と『将棋の子』たち

史上最年少のプロ棋士が誕生したと話題となったのが2016年9月のこと。それから3か月が経ち、今度は若

記事を読む

欧州サッカー・チャンピオンズリーグはここからが面白い|WOWOWの超おすすめ目玉コンテンツ

コロナ禍にあっても少しずつこれまで同様のスポーツ大会が開催されるようになってきた。先月のテニス全豪オ

記事を読む

kuzushi shougi

日本将棋マネーリーグ|今年も賞金ランク首位は豊島将之竜王、藤井二冠は?

先日は毎年恒例の「欧州サッカー・マネーリーグ」が発表され、今年もスペインのFCバルセロナが収入ランキ

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

デロイトが最新のレポート "Football Money League 2015" を発表した。これ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑