*

ゲーム理論とサッカーW杯そしてPK戦:なぜネイマールは右へ蹴ったのか?

公開日: : ニュース, 経済学・統計学

ブラジルで開催中のサッカーW杯もいよいよベスト8。ますます眠れない夜が続く。さて、今回のワールドカップほどデータで語られたものはなかったように思う。連日海外メディアを中心に、様々なデータで試合結果と分析さらには歴史的推移まで見せてくれ、その意味でも大変に見どころの多い大会となっている。

 

例えば、決勝トーナメントといえばPK戦。ブラジルも今回の1回戦チリ戦で薄氷の勝利を経験したように、蹴る者にとっても見守る者にとっても、胃が痛い瞬間であり、心臓が縮む思いがする。そんなワールドカップPK戦のキックの足跡を示したのが、Economist の記事 “Combat kicks” だ。歴史的には約70%がキックを決め、約10%がゴールエリアを外したという結果だ。以下のオレンジ色の大きな丸は、1994年大会の決勝PK戦でバッジオが外したあのキック。サッカーファンにとっては今も瞼の裏に焼き付いている光景だが、バッジオよりも大きく外した選手も過去数名いたというのが、グラフィカルに図示されている。

 

roberto-shoot-out

 

THE penalty shoot-out transforms football from a team sport to one-on-one combat, a showdown between kicker and goalkeeper. Our interactive chart visualises all 223 penalties taken during shoot-outs at World Cup games, from when they were introduced in 1978 to the current matches. Clicking on a shot calls up the player and game (and occasionally a video clip of the shot). In all, about 70% of the kicks were scored while 10% missed the goal area completely, according to data from Opta Sports. Of the teams that advanced to the knock-out stage in this year’s tournament, Germany has the best record, scoring in 17 of 18 attempts.

 

さて、そんなPK戦を経済学的に研究したのが、新刊 “Beautiful Game Theory: How Soccer Can Help Economics” を著した、London School of Economics の Palacios-Huerta 教授。New York Times の記事 “The World Cup Can Help Test Economic Theories” の中でも次のように書いている。

 

For instance, I’m interested in penalty kicks. In addition to being an exciting part of the game, penalty kicks present an opportunity to test an important idea in economics: the Nash equilibrium. (中略)I analyzed 9,017 penalty kicks taken in professional soccer games in a variety of countries from September 1995 to June 2012. I found, as Mr. Nash’s theory would predict, that players typically distributed their shots unpredictably and in just the right proportions.

 

さらにもっと面白いのが、この Palacios-Huerta 教授があの『「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理』の著者 Simon Kuper と組んで、PK戦のデータ分析結果を各サッカーチームに売り込もうとしたところ。いよいよそういう時代になったんだな。きちんとデータを集めて分析し、今まで知られていなかった知見を引き出して、それを次の戦略に役立てる。そんなデータや分析結果がきちんとマネーになる時代、実に素晴らしいじゃないか。結果的にそのデータは売れなかったらしいんだけどね(笑)詳細は Financial Times の “World Cup: Teams lacking shootout data will pay the penalty”.

 

Palacios-Huerta 教授はブラジルのネイマールを “Neymar is not an incredible guy for kicking penalties”  と評し、そのキックの方向がキーパーの右側もしくは真中だと指摘し、”I’ve never seen him kick left” と結論付ける。今回のW杯1回戦、ブラジルがチリと勝負したPK戦、ネイマールがどちらに蹴ったか覚えているだろうか?そう、キーパーの右側である。歴史にもしもはないのだけれども、チリがこのデータを買っていたならば、もしくは自分たちでデータ分析に力を入れていたならば、ブラジルはあの場で舞台を去っていたのかも知れない。

 

しかし一方で、こうしたデータ整備・分析がまだまだ未成熟だからこそ、サッカーは面白くそしてビジネスチャンスが無限に広がっているとも言えるのではないだろうか。ネイマールの大会、メッシの神業、新星ロドリゲス。今大会が将来どのように記憶されるのかはまだ分からない。ただ今大会を機にサッカーがデータ・サッカーへと大きく舵を切った、そんな大会だったと振り返られるような気がしてならない。眠れない夜はもう暫く続く。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定 先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』

記事を読む

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩

記事を読む

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

パーソナルゲノム時代の医療:米国の予防的手術

本日の Kindle 日替わりセールに『遺伝子医療革命 ―ゲノム科学がわたしたちを変える』が登場。紙

記事を読む

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

アメリカの歴史をつくる9人の連邦最高裁判事

就任以来すでにいくつもの声明を発表し、そのたびに世界が最大限の注目を払ってきた米国トランプ大統領が、

記事を読む

史上最年少プロ棋士・藤井聡太の初勝利と『将棋の子』たち

史上最年少のプロ棋士が誕生したと話題となったのが2016年9月のこと。それから3か月が経ち、今度は若

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所

毎年1月恒例のニューヨーク・タイムズ紙の特集。昨年第1位に輝いたのはリオ・デ・ジャネイロだったが、今

記事を読む

amazon student spring 2014 campaign

Amazon Student 会員数、第1位早稲田・第2位東大に続き、第3位に放送大学がランクイン

Amazon Student の春の新学期キャンペーンで、面白いランキングが掲載されていた。Amaz

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

PAGE TOP ↑