*

WOWOWはスポーツ生中継よりも、オリジナル・ドラマが魅力のコンテンツだと思う

公開日: : オススメ番組・映画・ドラマ

WOWOWの加入実績が好調という先日の日経新聞記事。加入増の原動力となっているのが、スポーツの生中継だ。昨年から一気にトッププレイヤーの仲間入りを果たした錦織圭のテニス、そして今年5月にはボクシングのマニー・パッキャオ対フロイド・メイウェザー戦という一大イベントがあった。その結果として、加入件数が3年ぶりの純増を達成したとのことだ。

 

ただ、田中社長の次の一言には若干の違和感がある。

目玉コンテンツで引き入れた視聴者のつなぎ留め策も奏功した。昨年10月からオリジナルドラマ「ドラマW」の放送回数を週1回から週2回に増やし、映画や海外ドラマなどの人気コンテンツの放映権獲得にも注力。加入者のベースは増えたのに、4~6月期の解約件数は前年同期よりも約1万7000件減少した。 田中社長は「ボクシング(というニッチな)目的で加入した視聴者がかなり残ってドラマや映画を楽しんでくれている」と笑顔で語る。

 

まずもって、世界が注目するボクシングの試合など、そうしばしばあるわけではない。 だからこそ「世紀の一戦」などと言われるわけだ。またテニスにしても、錦織圭の活躍次第というのはいかにもリスキーだ。実際に今回の全米オープンのように、錦織が初戦敗退してしまえば、残念ながら視聴者の関心は一気に薄れるのが現実だろう。今回の敗戦に錦織が大きく落胆したのは想像に難くないが、WOWOW解説を引き受けた松岡修造はもちろんのこと、WOWOW経営陣にとっても涙さえ流れないほどのショックだったのではないだろうか。

 

だからこそ、もっとドラマに力を入れたらいいのに、と個人的には思わざるをえないのだ。いまやWOWOWの高品質の「連続ドラマW」シリーズは、「視聴者のつなぎ留め」などではなく、むしろそれがキラーコンテンツになっているのだと誇っていいのではないだろうか。実際僕自身は、このドラマが見たくてWOWOWに加入し、いまも加入し続けているのである。

 

wowow-challenge

 

 

既にご存知の方も多いだろうが、この連続ドラマWシリーズは、「挑戦するドラマ」というフレーズに相応しいほどの挑戦ぶりなのである。民放のドラマではスポンサーに気を使って放送できないようなテーマさえ果敢に扱う。これまで放送された個々の作品については、「WOWOW「連続ドラマW」これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」で紹介したように、自動車リコール、食肉偽装、遺伝子組換食物から、臓器移植、死刑判決、そして学術研究捏造まで、じつに現代的なトピックがずらりと勢揃いする。そんな社会的問題に鋭く斬り込み、そして闇を抉り出す。これこそ大人のための本格的社会派ドラマと呼ぶべきシリーズだ。

 

WOWOWがスポーツ生中継に力を入れるのはいいだろう。ユーザとしてはもちろん大歓迎である。ただ、スポーツだけではないWOWOWの魅力、そしてもしかすると今やそっちの方がより大きな魅力とさえなっていると言えるのが、この「連続ドラマW」なのである。いまWOWOWのドラマがものすごく面白い。ぜひ一度ご覧頂きたい。

WOWOWオンライン

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝えの通りだが、2/20(水)放

記事を読む

メジャーリーグ新時代|アストロズ優勝が示す鮮やか過ぎるデータ革命

先日 NHK-BS で放送された「アストロズ革命~MLBデータ新時代~」がめちゃくちゃ面白かったのだ

記事を読む

人工知能と人間の未来、囲碁対決のその先へ|今週末のNHKスペシャルを見逃すな

NHKスペシャル「天使か悪魔か|羽生善治 人工知能を探る」 今週日曜日に放送されるNHKスペシャル

記事を読む

WOWOWの「連続ドラマW」シリーズが面白い:大人におすすめの本格的社会派ドラマ

【速報】「『下町ロケット』含めたWOWOW「連続ドラマW」が無料で視聴可能|Amazonプライム・ビ

記事を読む

年末年始こそWOWOWドラマを観る|過去の名作がまとめて再放送

いよいよ今年も残りわずか。年末年始の過ごし方を考えている人も多いことだろう。それにしても、例年以上に

記事を読む

横山秀夫の警察小説の傑作長編『64』が、NHKドラマとして本日スタート

横山秀夫が警察署を舞台にして描く傑作長編『64』。それが本日から全5話のドラマとしてNHKで放送され

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」新シリーズ『硝子の葦』本日スタート

先月放送されたWOWOWの「連続ドラマW」、緊迫した法廷サスペンスの『贖罪の奏鳴曲』に、20年前の乳

記事を読む

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

数学ミステリー白熱教室|数学と物理学の驚異のつながり

「NHK『数学ミステリー白熱教室』本日最終回をお見逃しなく」でも書いたように、先週末でNHKの「白熱

記事を読む

英国一家、最後に日本を食べる&お正月スペシャル

コアな人気を博していたNHK深夜アニメ「英国一家、日本を食べる」。ベストセラーとなった原作も素晴らし

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑