*

Amazon買取サービスが面白い|古本業者にとっての新たな脅威

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 オススメ

この秋の大きな話題の一つとして、動画配信サービスを各社が一斉に開始したことが挙げられるだろう。各種報道にある通り、世界最大手のNetflixが日本市場に参入したタイミングに合わせて、TSUTAYAは動画見放題プランを新設。そして何と言っても、今月下旬からスタートするAmazonプライム・ビデオだ。これは現在のAmazonプライム会員への追加的なサービスであるため、既にメンバーとなっている僕自身としては、どういうコンテンツを揃えてくるのか、大変楽しみにしているところだ。

 

amazon-prime-video

 

 

さて、そんな大きなニュースの前に大して話題にもならなかったようだが、6月からAmazon.jpが始めた「買取サービス」をご存知だろうか?

Amazon買取サービスでは、本・コミック・雑誌、TVゲームソフト・TVゲーム機本体、DVD・ブルーレイ、ミュージックCDを、1点から買取申込みできます。集荷は無料の宅配集荷サービスで、商品受領24時間以内に査定が完了、お客様のアカウントにギフト券が自動で登録されます。アマゾン以外でご購入いただいた商品でも買取可能で、事前に全ての買取価格を検索できます。査定にご満足頂けない場合の返送配送料も無料です。

 

僕は試しに2度ほど利用して本を売ってみたのだが、これが実に面白いのだ。古本やDVDやゲームソフトを売る場合、ブックオフを利用する人が圧倒的に多いだろう。しかし、Amazonのこのサービスは、その牙城を一気に崩す可能性すらあると思えるので、僕が感じた使い勝手の良いポイントを以下に列記しておきたい。

 

ポイント1:Amazonで購入した商品は自動で買取価格が表示される

Amazon.jpの「買取サービス」にアクセスすると、これまで自分がAmazonで購入した商品の一部に、自動で買取価格が表示されているのが見えるだろう。このようにいきなり「この価格で買いまっせ」というアプローチは、強引ではあるものの、その一方で「じゃあ売ろっかな」という消費者をぐっと捕まえることができるだろう。価格提示というのは、それくらい強いインパクトがあるものだ。

 

ポイント2:Amazon以外で購入した商品も検索して買取価格が表示される

この買取サービスの対象がAmazonで購入した商品に限定されていれば、利用者は広がらないだろう。しかしもちろんAmazon以外で買った本やDVDやゲームも売ることができるし、検索して簡単に買取価格を調べることができるのである。ブックオフに持って行く前にAmazonでチェックと比較、という使い方もあるだろう。

 

ポイント3:市場価格に連動して買取価格も随時変動する

これが一番びっくりしたポイント。何日か間をあけて「買取サービス」にアクセスすると、買取価格がぐんと上がったりすることがあるのだ。何が起こっているのか最初は分からなかったのだが、その商品を販売するAmazonのページに行ってみてようやく気づいた。本が在庫切れとなったり絶版となったような場合、入手方法がAmazonマーケットプレイスへと切り替わるわけだが、そのマーケットプレイス価格が値上がりしたために、それと連動して買取価格も上がっていたのである。市場価格に連動させて買取価格を変動させるのは当たり前のことではあるのだが、Amazonではそれがリアルタイムで変化するシステムとなっているのが実に興味深かったのである。ちょくちょくチェックしてみると、自分のどの手持ち商品に、いま市場で値が付いているのかが明確に分かるのだ。

 

ポイント4:引取り無料で24時間以内の短時間で査定してくれる

これはブックオフなどでも同じだろうが、買取サービスに申し込むと無料で商品を引取りに来てくれる。しかし、この査定がAmazonの場合ものすごく短い。24時間以内に結果がメールで届くのだ。これは他社が真似できないスピード感ではあるのだが、その一方で社員を酷使し過ぎというAmazon職場環境に関する先日のニューヨーク・タイムズ紙の批判記事を思い起こさざるを得ないのもまた事実である。

 

ポイント5:査定価格に満足しない時は無料で返送してくれる

そして最後に、これもまた優れたポイントなのだが、査定に満足しない場合には商品を返してくれるのはもちろんなのだが、それが「無料返送」なのである。ここが他社と違う。ブックオフの場合、引取りは無料だが、査定結果にノーという場合には返送料金は自己負担となっている。だから、一旦商品を送ってしまえば、予想よりも低い査定価格を提示されようとも、多くの人は渋々ながらもその価格で売ることが多かったのではないだろうか。また、ブックオフ店頭に商品を持って行った場合でも、そこで時間をかけて査定してもらい、価格が低かったからといって「じゃあいいです、持ち帰ります」とその場で言える人はどれくらいいるだろうか。それがこのAmazon買取サービスなら、気兼ねなく「ノー」が言えるのだ。実際に僕もいくつかの商品がコンディション悪いと査定されたため返送を希望したところ、驚くほどあっさりと、またもや超短時間で戻ってきたのである。

 

 

amazon-kaitori

 

 

 

というように、このAmazon.jpの「買取サービス」は実に優れたものとなっており、ブックオフを始めとする古本チェーンと比べ、圧倒的な優位性を持っている。今回はちょっと試してみようという思いで使ってみただけなのだが、予想以上に優れものであったため、僕は今後ブックオフで本を売ることはもうないように思う。一見地味ではあるが、それくらいの破壊力をもったサービスであることに間違いないだろう。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

新潟県内最大級のイベント「新潟淡麗にいがた酒の陣」本日開幕

北陸新幹線の開業に沸く本日3月14日。新潟で今年もいよいよ始まりましたよ、酒の陣!これは10万人以上

記事を読む

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひときわ目を引く。下のグラフを見れ

記事を読む

確定申告の強い味方|クラウド会計が圧倒的に超便利

さて今年も確定申告の時期がやってきた。大学教員を含めサラリーマンであれば、この申告をしなくて済むこと

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

Evernote と連携した富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)がスゴイ:保存すべき紙資料が激減した

昨年着任して以来、少しずつ研究室の設備を充実させてきたのだが、その中でのベスト・アイテムが、最近購入

記事を読む

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピーク・シーズンである。だからこ

記事を読む

クラウド会計 freee(フリー)で、研究費の経費管理がとことんラクになる

ここ最近話題となることが多かったクラウド会計サービス。各社が相次いで新製品・サービスを投入し、いまア

記事を読む

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやかな日差しのもと、学校を卒業して

記事を読む

錦織圭の全米オープンテニスをデータ生中継で応援しよう|初のグランドスラム優勝を目指して

全米オープンテニスに出場している錦織圭が見事に4回戦を突破し、2年ぶりのベスト8進出を決めた。ビッグ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやか

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。こ

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新

卒業・進級・入学おめでとう|大人になったら自分にベストの国語辞典を自ら選ぼう

桜満開・春爛漫のこの時期、これほどまでに卒業・入学に相応しいシーズンが

【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピ

春の卒業・入学シーズンを前に国語辞典をしっかり選ぼう|やはりオススメの定番4冊

さていよいよ3月となり、入試の合格発表から卒業式・入学式の季節となった

確定申告の強い味方|クラウド会計が圧倒的に超便利

さて今年も確定申告の時期がやってきた。大学教員を含めサラリーマンであれ

PAGE TOP ↑