*

Amazon買取サービスが面白い|古本業者にとっての新たな脅威

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 オススメ

この秋の大きな話題の一つとして、動画配信サービスを各社が一斉に開始したことが挙げられるだろう。各種報道にある通り、世界最大手のNetflixが日本市場に参入したタイミングに合わせて、TSUTAYAは動画見放題プランを新設。そして何と言っても、今月下旬からスタートするAmazonプライム・ビデオだ。これは現在のAmazonプライム会員への追加的なサービスであるため、既にメンバーとなっている僕自身としては、どういうコンテンツを揃えてくるのか、大変楽しみにしているところだ。

 

amazon-prime-video

 

 

さて、そんな大きなニュースの前に大して話題にもならなかったようだが、6月からAmazon.jpが始めた「買取サービス」をご存知だろうか?

Amazon買取サービスでは、本・コミック・雑誌、TVゲームソフト・TVゲーム機本体、DVD・ブルーレイ、ミュージックCDを、1点から買取申込みできます。集荷は無料の宅配集荷サービスで、商品受領24時間以内に査定が完了、お客様のアカウントにギフト券が自動で登録されます。アマゾン以外でご購入いただいた商品でも買取可能で、事前に全ての買取価格を検索できます。査定にご満足頂けない場合の返送配送料も無料です。

 

僕は試しに2度ほど利用して本を売ってみたのだが、これが実に面白いのだ。古本やDVDやゲームソフトを売る場合、ブックオフを利用する人が圧倒的に多いだろう。しかし、Amazonのこのサービスは、その牙城を一気に崩す可能性すらあると思えるので、僕が感じた使い勝手の良いポイントを以下に列記しておきたい。

 

ポイント1:Amazonで購入した商品は自動で買取価格が表示される

Amazon.jpの「買取サービス」にアクセスすると、これまで自分がAmazonで購入した商品の一部に、自動で買取価格が表示されているのが見えるだろう。このようにいきなり「この価格で買いまっせ」というアプローチは、強引ではあるものの、その一方で「じゃあ売ろっかな」という消費者をぐっと捕まえることができるだろう。価格提示というのは、それくらい強いインパクトがあるものだ。

 

ポイント2:Amazon以外で購入した商品も検索して買取価格が表示される

この買取サービスの対象がAmazonで購入した商品に限定されていれば、利用者は広がらないだろう。しかしもちろんAmazon以外で買った本やDVDやゲームも売ることができるし、検索して簡単に買取価格を調べることができるのである。ブックオフに持って行く前にAmazonでチェックと比較、という使い方もあるだろう。

 

ポイント3:市場価格に連動して買取価格も随時変動する

これが一番びっくりしたポイント。何日か間をあけて「買取サービス」にアクセスすると、買取価格がぐんと上がったりすることがあるのだ。何が起こっているのか最初は分からなかったのだが、その商品を販売するAmazonのページに行ってみてようやく気づいた。本が在庫切れとなったり絶版となったような場合、入手方法がAmazonマーケットプレイスへと切り替わるわけだが、そのマーケットプレイス価格が値上がりしたために、それと連動して買取価格も上がっていたのである。市場価格に連動させて買取価格を変動させるのは当たり前のことではあるのだが、Amazonではそれがリアルタイムで変化するシステムとなっているのが実に興味深かったのである。ちょくちょくチェックしてみると、自分のどの手持ち商品に、いま市場で値が付いているのかが明確に分かるのだ。

 

ポイント4:引取り無料で24時間以内の短時間で査定してくれる

これはブックオフなどでも同じだろうが、買取サービスに申し込むと無料で商品を引取りに来てくれる。しかし、この査定がAmazonの場合ものすごく短い。24時間以内に結果がメールで届くのだ。これは他社が真似できないスピード感ではあるのだが、その一方で社員を酷使し過ぎというAmazon職場環境に関する先日のニューヨーク・タイムズ紙の批判記事を思い起こさざるを得ないのもまた事実である。

 

ポイント5:査定価格に満足しない時は無料で返送してくれる

そして最後に、これもまた優れたポイントなのだが、査定に満足しない場合には商品を返してくれるのはもちろんなのだが、それが「無料返送」なのである。ここが他社と違う。ブックオフの場合、引取りは無料だが、査定結果にノーという場合には返送料金は自己負担となっている。だから、一旦商品を送ってしまえば、予想よりも低い査定価格を提示されようとも、多くの人は渋々ながらもその価格で売ることが多かったのではないだろうか。また、ブックオフ店頭に商品を持って行った場合でも、そこで時間をかけて査定してもらい、価格が低かったからといって「じゃあいいです、持ち帰ります」とその場で言える人はどれくらいいるだろうか。それがこのAmazon買取サービスなら、気兼ねなく「ノー」が言えるのだ。実際に僕もいくつかの商品がコンディション悪いと査定されたため返送を希望したところ、驚くほどあっさりと、またもや超短時間で戻ってきたのである。

 

 

amazon-kaitori

 

 

 

というように、このAmazon.jpの「買取サービス」は実に優れたものとなっており、ブックオフを始めとする古本チェーンと比べ、圧倒的な優位性を持っている。今回はちょっと試してみようという思いで使ってみただけなのだが、予想以上に優れものであったため、僕は今後ブックオフで本を売ることはもうないように思う。一見地味ではあるが、それくらいの破壊力をもったサービスであることに間違いないだろう。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

いまこそ男こそ着物を着よう|棋士の勝負服にまなぶ美学

先月、そして今月と、将棋のタイトル戦が相次いで開催され、藤井聡太七段が二冠を獲得して八段に昇段するな

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それはつまり、確定申告の時期がやっ

記事を読む

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第70期王将戦、挑戦者決定リーグで

記事を読む

将棋竜王戦ランキング戦決勝|杉本八段と藤井七段の師弟対決が素晴らしかった

前回、「藤井聡太七段が先勝|現役最強棋士・渡辺棋聖とのタイトル戦」でも書いたように、いま将棋がむちゃ

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

さらに充実した国語辞典を|中型の岩波『広辞苑』と三省堂『大辞林』が大幅改訂

さて、卒業・入学のシーズンがやってきた。そして、そんな季節の定番の贈り物といえば、もちろん国語辞典で

記事を読む

最先端のゲーム開発を支える線形代数の基礎講座|セガ社内勉強会資料を無償公開

ゲーム開発で知られるあのセガが、社内勉強会で用いた数学の資料を無償で公開している(公式ブログ)。サイ

記事を読む

冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者たち」「カルカソンヌ」「ドミニオン」を遊び倒そう

みんなで楽しめる、おすすめボードゲーム3選 以前に「宣教師のアニキの家で『カタンの開拓者たち』には

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑