*

NHK「浦沢直樹の漫勉」シーズン3いよいよスタート|漫画家たちの魂を込めた執筆

公開日: : オススメ番組・映画・ドラマ

「浦沢直樹の漫勉」に新たなシーズンがやってきた

なんと、あのNHKの番組「浦沢直樹の漫勉」が、新たにシーズン3となり、9/15(木)から放送されることとなった。これは以前に「NHK「浦沢直樹の漫勉」シーズン2が今日から始まるよ!|漫画に魂が宿る瞬間」でも紹介したように、じつに素晴らしい着眼と企画による傑作ドキュメンタリーなのである。

 

manben-urasawa

 

 

なにしろ、漫画家の仕事場に密着し、キャラクターの輪郭が描かれ、瞳に光がさし、そして魂が宿るその決定的瞬間に迫っているのである。現代日本を代表する、そして世界に冠たる MANGA の創作の現場など、そう簡単に覗けるものでもなければ、作家に描画のコツなんて簡単に質問できるはずもない。だけど、それをやってのけることができたのは、いまの日本における最高峰の漫画家の一人・浦沢直樹がそのナビゲーターを務めているからである。だから、他の漫画家も彼にならといって口を開き、その創造の秘密についてざっくばらんに明かし語ってくれたのだ。こんなユニークな番組、ほかにはないだろ?

 

 

シーズン3に登場する4人の漫画家

というわけで、9/15(木)から始まる新シリーズは、ぜひともご覧になって頂きたい。今回登場する4人の漫画家は、以下のようにまたしても大物ぞろいだ。第1回では『サンクチュアリ』『HEAT』で裏稼業の世界を描き切った池上遼一が登場する他、最終第4回ではなんと浦沢直樹本人がついに自らの創作現場に視聴者をいざなう。そして、現在連載中の大作『BILLY BAT』の最終回執筆の様子に密着するなんて、なんとも衝撃的で贅沢過ぎる内容なのである。どうぞお見逃しなく。
manben-season3

 

 

これまでの放送から選ぶベスト3

僕自身はもちろん、これまで放送された全シリーズを見てきたのだけれども、その中でベスト3を選ぶなら以下の三人となる(順不同)。再放送のタイミングがあればぜひ試聴して頂きたいし、もし漫画もまだ読んでいないというなら、ぜひこれらの原作から楽しんでみて欲しい。

東村アキコ

まずは現代を代表する女流漫画家・東村アキコの回が大変おもしろかった。ナビゲーターの浦沢直樹との会話も弾み、等身大の作家の本音が聞けたようでとても印象に残っている。そんな東村アキコの代表作にして絶賛連載中の『東京タラレバ娘』は、アラサー独身女性の恋愛模様を赤裸々に描いて話題沸騰・悲鳴続出、ついにはドラマ化まで決定したのはご存知の通りだ。

 

 

さいとう・たかを

『ゴルゴ13』の作者さいとう・たかをの回も実に興味深かった。何しろ作者が今も存命なのか不明なんていう都市伝説があるほど謎に満ちた存在だったわけであり、そんな彼がテレビの前でゴルゴを描いているなんて!いやぁ、本当に自分の手で描いてたんだなぁ、などと呑気なことを言っている場合ではない。さいとう・たかをは下書きせず、一気に筆を滑らせてデューク・東郷の目にみなぎる魂を吹き込むのである。その瞬間を目撃し、僕はもうただただ、その鬼気迫る迫力にびっくするするのみだったのである。

 

 

古屋兎丸

古屋兎丸という漫画家をご存じだろうか?人間のダークな部分をこれでもかと描き、漫画界の鬼才と称される彼が、テレビカメラの前で自身の作品について語るのを聞けるとは思わなかった。しかも、ページ見開きの最も重要なシーンが生み出される現場に密着するのである。これもまた驚愕の光景であったのだ。漫画タイトルからも容易に想像できるように、彼の作品は必ずしも多くの人にウケる内容ではない。むしろ嫌悪感・不快感を抱く人も数多くいることだろう。だけれども、そういう作品を渾身の力で描き続けるからこそ、彼はこの世界で畏敬の念を込めて鬼才と呼ばれているのである。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

WOWOWの人気連続ドラマWシリーズ、4月の新作「闇の伴奏者」本日スタート

今月もまたこの時期がやってきましたね、そう月1回のペースで始まるWOWOWの新作ドラマ。しかも、昨年

記事を読む

NHK大河「真田丸」で北条氏政を演じる高嶋政伸の怪演と、その才能を見出したWOWOWドラマ

NHKの大河ドラマ「真田丸」が面白い。豊臣秀吉の天下統一も目前に迫り、あとは最後の難敵・北条氏政を残

記事を読む

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」だ

記事を読む

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

NHK「プロフェッショナル」東北魂サンドウィッチマンスペシャル

先日は「ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に」で書いたように、監督庵野秀明に4年間も密着した

記事を読む

年末年始にWOWOWを観るべき絶対的理由:おすすめ連続ドラマWがまとめて再放送

「WOWOW「連続ドラマW」これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」でも紹介したように、いま、W

記事を読む

食肉偽装とWOWOW連続ドラマW『震える牛』のリアル

中国の工場で発生した期限切れ鶏肉の事件だが、これは別に、同工場もしくは同国の衛生管理技術の水準が低か

記事を読む

年末年始こそWOWOWドラマを観る|過去の名作がまとめて再放送

いよいよ今年も残りわずか。年末年始の過ごし方を考えている人も多いことだろう。それにしても、例年以上に

記事を読む

WOWOWのおすすめ人気連続ドラマWシリーズ、5月の新作「テミスの求刑」本日スタート

今や質の高いテレビドラマを見ようと思ったら、民放などではなく絶対にWOWOWなのである。とくにおすす

記事を読む

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこの番組を見ようと思っていたのは

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑