*

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』。その原作自体は23巻をもって既に堂々の終幕を迎えているが、そのレビューもまた凄まじい記録となっている。Amazonで、合計31,000を超えるほどのレビューがある作品や商品が他にあるだろうか? そしてまた、圧倒的に高評価だという点も注目である。

 

 
 
そんな『鬼滅の刃』は、映画編もまた記録を塗り替える興行成績であったのはご存知の通りである。しかしながら、原作を読んだ方はよくよくご存じだろうが、物語としてはまだまだ序盤、これからが鬼との対決本番なのである。その意味でも、現在始まった新たなテレビアニメ『鬼滅の刃』遊廓編そしてその先の展開へと、ファンの興味もますます加速しているのだ。

 

さて、こうした『鬼滅の刃』ブームがまだまだ根強く残る中、注目の一冊が出版された。それが今回おすすめしたい以下の書籍「鬼滅夜話 キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』」である。これは、民俗学を専門とする研究者による一冊であり、登場人物ひとりひとりを深く考察した内容となっている。それも主人公だけでなく、その友人や家族、そして「柱」と呼ばれる鬼退治のエリート、さらには鬼一匹一匹に至るまで、丁寧に掘り下げ、それぞれの存在意義や物語における位置づけを分析していく。

 

あのときのあの台詞にどんな意味があったのか、人物像の生い立ちや経験や思想にまで立ち返り、読者になるほどと思わせるような筋を提案する本書は、さすが研究者による執筆と言えるだろう。すでにファンブックや解説本などは複数出版されているが、それとは別のアプローチで登場人物の魅力を描写した本書は、原作やアニメや映画をすべて観たという人にとっては新たな視点や読み方を提示してくれるものとして、そしてまだあまり『鬼滅の刃』に詳しくないという人にとってはなおさら、なぜこの漫画がこれほどまでに記録的な大ヒットとなったのかを理解する一助となることだろう。なぜ我々は、『鬼滅の刃』の主人公や隊士たちにこれほどまでに心を揺さぶられるのだろうか。そして我々はなぜ、敵である鬼にさえも感情移入してしまうのか。そんなわれわれの永遠に不滅の想いを、きちんと言語化し文章として残してくれた本書と著者に、ありがとう。

 

民間伝承・比較民俗学の視点から神戸大学の研究員が『鬼滅の刃』を紐解く! ニュースサイト「AERAdot.」の人気連載・『鬼滅の刃』のキャラクター分析記事を大幅に加筆した待望の書。2020年12月から始まった神戸大学研究員の植朗子氏による分析記事は、同サイトで何度も100万PV以上を叩き出し、配信されるたびにSNSで話題となり鬼滅ファンからも認知されているようになった人気連載。SNSでの「単行本で読みたい」という声にお応えし、大幅加筆&キャラクターも追加! 炭治郎や禰豆子、鬼殺隊の「柱」メンバー、鬼たちのセリフや行動の裏にあるものとは!? 全352ページで読み応えもたっぷり。鬼滅ファン必携の書

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づくめの圧勝という形で終わったた

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」シーズン3いよいよスタート|漫画家たちの魂を込めた執筆

「浦沢直樹の漫勉」に新たなシーズンがやってきた なんと、あのNHKの番組「浦沢直樹の漫勉」が、新た

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」シーズン2が今日から始まるよ!|漫画に魂が宿る瞬間

NHKで昨年放送された「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっていただろうか?再放送もされていたので

記事を読む

【おすすめ経営書】ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか

話題の経営書『ゼロ・トゥ・ワン:君はゼロから何を生み出せるか』を、とても興味深く読んだ。著者はピータ

記事を読む

conditional probability

今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選

今こそしっかり統計学を学ぼう 以前に「統計学が最強の学問である、という愛と幻想」で書いたように、こ

記事を読む

申請者必携のハンドブック『科研費獲得の方法とコツ』に最新第4版が登場|採択率を上げる書き方

今年もまた科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。多くの研究者が申請するこの科研費だが、も

記事を読む

いま国語辞典がおもしろい|10年ぶりの大幅改訂による最新版あいつぐ

さて、「2020年、本ブログで最も売れたこの1冊」でも紹介したように、昨年の一年間でもっとも売れたの

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

マラソンランナー大迫傑という生き方|東京五輪で引退する「愚か者」

オリンピック最終日に開催され、最も注目されるともいってよい種目が、男子マラソンである。そして今年の東

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑