*

WOWOWのおすすめ人気連続ドラマWシリーズ、5月の新作「テミスの求刑」本日スタート

公開日: : オススメ番組・映画・ドラマ

今や質の高いテレビドラマを見ようと思ったら、民放などではなく絶対にWOWOWなのである。とくにおすすめなのが同社の人気コンテンツ「連続ドラマW」シリーズだ。このオリジナルドラマは現在、毎月2本という信じられない程のハイペースで、次々と新作が公開されている。先月始まった政界サスペンスの「スケープゴート」に、漫画ミステリーの「闇の伴奏者」がちょうど終幕したばかりだというのに、もう次の新作が登場するのだから、いかにWOWOWがいまこの人気ドラマシリーズにさらに力を入れているかが分かるというものだろう。

 

そんな5月の新作が本日から放送開始の「テミスの求刑」だ。

temisu

 

 

冤罪はテーマとした本作は、大門剛明の原作をドラマ化したものだが、昨夏出版された本書が早くも映像化されるというこのスピード感、これこそがWOWOWの連続ドラマWシリーズの真骨頂といえよう。

 

 

話題作をいちはやくドラマ化し、全4-5話で完結させる物語の展開は極めてスピーディでスリリング。毎回注目のキャスティングと名優の競演・怪演によって、視聴者をくぎづけにする。終始重厚なカメラワークと、CMが入らないからこそ持続する緊張感は、映画のクオリティに匹敵していると言える。この「連続ドラマW」シリーズからは、以下で紹介するように過去に数多くの名作が誕生したので、ぜひとも自分の目で確かめて欲しい。

 

こんなにも満足度の高いドラマを続々と生み出すWOWOWの企画力と制作力は、もっと注目されてもいいはずだ。これまでにも何度もおすすめしてきた同社の「連続ドラマW」シリーズは、大人にこそ相応しい現代ドラマの最高峰なのだから。ぜひともそのクオリティを味わってみて欲しい。

『e割』適用でお得なWOWOWの申し込みはこちらから

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

WOWOW「連続ドラマW」今月の新作・医療サスペンス『死の臓器』本日スタート

先月のWOWOW「連続ドラマW」として放送された『予告犯』。映画版から一年後が舞台となったドラマ版で

記事を読む

浦沢直樹の漫勉neoと、すぎむらしんいち『最後の遊覧船』

NHKの人気番組『浦沢直樹の漫勉』シリーズは、昨年neoが放送され、現在はそれらが再放送されていると

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」最新作『しんがり』が面白い|山一證券破綻の舞台裏を描いた社会派ドラマ

先日「WOWOW人気の「連続ドラマW」シリーズ今月の新作「しんがり」いよいよスタート」でも書いたとお

記事を読む

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろうか?個人的に好きな番組のひとつ

記事を読む

WOWOW新作ドラマ『さまよう刃』は遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした東野圭吾の問題作

5/15土曜からスタートするWOWOW連続ドラマWの新作は、東野圭吾のヒット作『さまよう刃』である。

記事を読む

WOWOW人気の「連続ドラマW」シリーズ今月の新作「しんがり」いよいよスタート

今週日曜日からいよいよ始まる新ドラマ「しんがり」。これは山一證券が破綻する中、最後まで仕事を続けた男

記事を読む

若き冒険家のアメリカ|植村直己『青春を山に賭けて』

NHK-BS で放送されている「ザ・プロファイラー|夢と野望の人生」をご覧になっているだろうか?以前

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」新シリーズ『硝子の葦』本日スタート

先月放送されたWOWOWの「連続ドラマW」、緊迫した法廷サスペンスの『贖罪の奏鳴曲』に、20年前の乳

記事を読む

NHK-BS放送の「cool japan」に国際大学(IUJ)登場

NHK-BSで放送している「cool japan 発掘!かっこいいニッポン」をご存知だろうか?外国人

記事を読む

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っているどころか応募しましたよね

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑