*

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

公開日: : 最終更新日:2019/05/06 オススメ書籍, ニュース

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式ツイッターに写真つきで投稿したものだから、このニュースがいま世界中で話題となっている(CNNニュース)。ひさびさに名前を聞いたイエティ、その幻の存在がついに明らかにされるのか、これはもう固唾をのんで見守るしかない、というわけには流石にいかないのだ。

 

この雪男イエティのような未確認生物が本当に存在するのかどうかは、もはや実のところあまり重要ではないだろう。ここでより注目すべきなのは、そうした生きものが地球上にいると信じている人たちがいまなお結構な数いるという現実なのだ。ネッシーは偽造写真でしたと本人が告白したにも関わらず、それを信じずに更に力を入れて探索を続ける人たち、と言えば分かりやすいだろうか。

 

だから、探検家にしてノンフィクション作家の角幡唯介がヒマラヤに雪男の捜索に向かったと知ったとき、僕はあまりにも驚いてしまったのだ。あのリアリストにして、人類がまだなし得たことがない挑戦を続ける角幡がまさか未確認生物を確認しに行くだなんて、とね。しかし本書『雪男は向こうからやって来た』を読めばひしひしと伝わってくるのが、角幡自身が興味を惹かれていったのが、雪男そのものではなく、その探索に生涯をかけてきた鈴木氏の人生観であり生き様であった、ということなのだ。

 

しかもこの鈴木氏は、フィリピンで旧日本兵のあの小野田氏を発見した人物でもあったのだ。いまなお太平洋戦争が続いていると信じ独り密林に隠れサバイバルしていた小野田を発見し、1974年にともに帰国した鈴木は、なぜその後ヒマラヤへ向かったのか、そしてどうして雪男の捜索に後半生のすべてを賭ける決断をしたのか。角幡が描くこのノンフィクションは、他の作品とは大きく異なる筆致と感情の起伏が魅力の、実に面白く読める一冊なのだ。今回インド軍が発信した突然のツイートを機に、イエティが存在するかどうかだけではなく、それを死ぬまで信じていた一人の日本人がいたということにも思いを馳せてみてはどうだろうか。

ヒマラヤ山中に棲むという謎の雪男、その捜索に情熱を燃やす人たちがいる。新聞記者の著者は、退社を機に雪男捜索隊への参加を誘われ、二〇〇八年夏に現地へと向かった。謎の二足歩行動物を遠望したという隊員の話や、かつて撮影された雪男の足跡は何を意味するのか。初めは半信半疑だった著者も次第にその存在に魅了されていく。果たして本当に雪男はいるのか。第31回新田次郎文学賞受賞作。

 

 

そんな角幡の、早稲田大学探検部の先輩が、あの高野秀行である(ただし同時代ではない)。そんな辺境探検家の高野もまた、以前に雪男を捜しにブータンに行っていたという事実はじつに興味深い。角幡と高野は、同じ早大探検部出身でありながら、探検に対する考え方は大きく異なり、だからこそ、行く場所からアプローチのしかた、そして現地での行動まで、それぞれ大きく異なった特徴を有している。それなのに、こと雪男に関しては、ふたりともが現地に赴いているのだから、これは大変に運命的と言わざるを得ないのだ。本書『未来国家ブータン』も、高野にしか描けない探検ノンフィクションとして、ぜひとも一読をおすすめしたい。

「雪男がいるんですよ」。現地研究者の言葉で迷わず著者はブータンへ飛んだ。政府公認のもと、生物資源探査と称して未確認生命体の取材をするうちに見えてきたのは、伝統的な知恵や信仰と最先端の環境・人権優先主義がミックスされた未来国家だった。世界でいちばん幸福と言われる国の秘密とは何か。そして目撃情報が多数寄せられる雪男の正体とはいったい―!?驚きと発見に満ちた辺境記。

 

 

ちなみに以下は、南魚沼市塩沢にある創業300年を超える老舗造り酒屋の青木酒造による日本酒銘柄「雪男」である。以前に「新潟県南魚沼市の銘酒『鶴齢』がJALビジネスクラスの機内食日本酒リストに登場」でも紹介した、あの青木酒造である。鶴齢ブランドがよく知られているが、こちらの雪男ブランドも旨いんです。昨年の利き酒チャンピオンの僕が言うんだから、間違いないよ!

 

青木酒造 雪男(ゆきおとこ) 純米酒 1800ml x 1本 [ 日本酒 1800ml ]

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍で手軽に読む高野秀行の探検記シリーズは、フィクションかと思うほどの強烈ノンフィクション

高野秀行という作家はものすごく強烈な個性を放っている。「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクショ

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

dinner table

サンフランシスコ発の口コミ情報サイト「Yelp」が日本上陸

米国の口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)が日本でサービスを開始したというニュース(日経新聞)。

記事を読む

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかり

記事を読む

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が竜王位を奪還し永世竜王となり、

記事を読む

travel suitcase

留学前に読んでおきたいこの6冊

先日書いた「留学前に。」の続き。留学前にできることは色々とあるだろうが、留学に対するイメージをよりク

記事を読む

辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いたように、辺境ライターこと高野秀

記事を読む

ニッポンの国宝と景観を守る:外国人だけが知っている美しい日本

昨日書いた「キューバに行くなら今が最後のチャンス」の中で、この国の文化と歴史が色濃く残っているうちに

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルー

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセ

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2019年版

今年もまた、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学

【おすすめ英語テキスト】英語を英語で理解する、上級英単語集が半額以下のセール

現在実施中の、Amazon Kindle【40%OFF以上】高額書籍フ

【おすすめ英語テキスト】あの「語源図鑑」に待望の続編が登場|英単語を語源から根こそぎ理解する

ついに出ましたね、あのベストセラー『英単語の語源図鑑』に第二弾の続編が

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未

PAGE TOP ↑