*

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

公開日: : オススメ書籍, ニュース

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどまでに相次ぐのか、ということであろう。それは国を問わず分野を問わず、その裾野は広く深く、そして暗い。「論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち」にも書いたように、過去にも多くの研究者がその闇に踏み込み、告発され、そして去っていった。

 

そんな中、先日出版されたばかりの『捏造の科学者 STAP細胞事件』は、この件を追い続けた毎日新聞記者が書いたものとして、また理研の結論が出され、そして小保方晴子氏がその理研を去った今、一つの区切りとして読んでおきたい一冊である。

 

 

一方で、それでは一体、今後このような事件が起こらないために何が出来るのかという問いに対しては、いまだ有効な対策が打ち出せていない。研究チーム内での監督や、論文査読者のチェック体制、そしてジャーナルの出版責任等の構造的な問題は、結局のところ、2000年に宮城・上高森遺跡で起きた旧石器発掘の捏造、2002年に米国ベル研究所で発覚した史上空前の論文捏造、そして2005年の韓国ヒトES細胞捏造事件といった、過去の多くの不正と捏造と同じままに残されている。

 

その意味でも、STAP事件を一事件として捉えるのではなく、これまで起こった(そしてこれからも起こりうるであろう)多くの事件の一つとして再考するためには、いまいちど、これまでの様々な出来事を俯瞰しておく必要があるだろう。「論文捏造はなぜ繰り返されるのか?」でも紹介した以下の2冊は、そんな過去の経緯をまとめており、ケーススタディとして極めて参考になる内容となっている。

 

 

 

photo credit: Florence Ivy via photopin cc

photo credit: Florence Ivy via photopin cc

 

 

最後に、それでは未来に向けて何が出来るのかという点について。すぐに効くような処方箋は確かにないかも知れないが、少しでも前進するための一歩として、僕は以下の『科学者をめざす君たちへ ー研究者の責任ある行動とは』をおすすめしたい。これは、米国科学アカデミー(National Academy of Sciences)が出版した “On Being a Scientist: A Guide to Responsible Conduct in Research” の邦訳である。一読して分かるように、基本的には自然科学のラボ実験を想定したものであるが、ここで議論されていることは、他の自然科学分野や、さらには社会科学分野にとっても耳を傾ける価値のあるものばかりだと思う。

 

とくに、具体的なケースの数々を提示し、これが不正にあたるかどうかを研究チーム内で議論する場面は非常に生々しく、「え、これも不正にあたるの?」という読者がいてもおかしくない。それくらい各人の線引はあいまいであり、だからこそ、この一線を踏み越えてはならないのだというのは、個人の間で、組織の中で、そしてもっと言えば分野を超えて、研究するという行動に伴う研究者の責任として、共有認識されるべきものなのである。

 

書名『科学者をめざす君たちへ』が示唆するように、若き研究者に向けて書かれたものではあるが、そういう研究者を育てる責任がある先輩やラボ運営者にとっても、大いに参考になる一冊としておすすめしたい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

summerhouse1s

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦がこの夏日本にやって来る

僕が米国留学で一番お世話になったのは、ひょっとすると大学院の指導教授ではなく、むしろアカデミックとは

記事を読む

omohide4

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

tokyo-ringyo

林業男子と林業女子:Wood Jobs!

「少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!」で書いたように、『舟を編む』の著者三浦しをんによる『神去な

記事を読む

photo credit: marcoderksen via photopin cc

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

credit: BrownGuacamole via FindCC

超ヤバい経済学者のゼロベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

『ヤバい経済学』が世界中で大ベストセラーとなったばかりか、その続編『超ヤバい経済学』もヒットさせた売

記事を読む

book-809887_640

2016年のベストセラー書籍トップ10冊

2016年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位10点紹介し

記事を読む

credit: jacilluch via FindCC

フェイスブック・データでみるバレンタインデー|世界中が愛を込めて

いつの間にかバレンタインじゃないですか、諸兄の皆様方、心の準備はOK? さて、昨年のこの時期にも「バ

記事を読む

medium_79571458

『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの予測学』のネイト・シルバーがおすすめする2冊の絵本がステキ

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」で紹介したうちの一冊が、ネイト・シルバーの『

記事を読む

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の完勝に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう。もちろん僕も毎年正月の楽しみと

記事を読む

japanese dictionaries 1

赤瀬川原平『新解さんの謎』と『辞書になった男』:いま日本で最も売れている「新明解国語辞典」の誕生秘話

これまで何度か、各種おすすめ国語辞典のそれぞれの個性について書いてきたが、その中でも最も「個性的」な

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1702
【Kindle大セール】人気コミックが新刊・既刊まとめて大規模キャンペーン

現在実施中の Kindle コミックの大セールに大注目。なんと人気作品

paper editing
英語論文の書き方:アカデミック・ライティングの決定版テキスト

僕が学生の論文を指導するにあたって、まずは徹底的に読み込むようアドバイ

medium_4455328823
スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

three main dictionaries
国語辞典を選ぶならこの3冊がおすすめ:現代語に強い三省堂・豊かな語釈の新明解・安定と安心の岩波

目的と用途に合わせてベストの国語辞典を見つけよう 国語辞典というのは

pens for writing
英語論文の書き方:よりモダンでクリアな英作文テキスト3選

「英文ライティングここから始める」で書いたように、そこで紹介したテキス

research proposal
科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年

amazon_student_service
大学入学おめでとう|Amazon Student 大学別会員数ランキングと春のキャンペーン

新入学生におすすめの Amazon Student プログラム 今春

writing and editing English
英語論文の書き方:英文ライティングここから始める必読テキスト4選

「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」で書いたように、

PAGE TOP ↑