*

サンフランシスコ発の口コミ情報サイト「Yelp」が日本上陸

公開日: : オススメ書籍, ニュース, 研究・論文

米国の口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)が日本でサービスを開始したというニュース(日経新聞)。

口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)を運営する米イェルプは2014年4月9日、日本でのサービスを開始すると発表した。同日よりYelp.co.jpが利用可能となっている。イェルプは、2004年7月にサンフランシスコで設立され、現在米国やカナダ、中南米、ヨーロッパ各国を中心にサービスを展開している。レビューの内容は、レストラン、バー、コーヒーショップなどの飲食店はもちろん、ショッピングセンター、病院、自動車整備工場まで多岐にわたる。2013年第4四半期のYelpの月間ユニークビジターは1億2000万以上、同期末までに投稿されたレビューの数は5300万件を越える。日本でのサービス開始は、アジアではシンガポールに続き2番目、世界では26番目となる。アルファベットを使わない言語をサポートするのは日本語が初めてだ。

 

これはなかなかに便利なサービスで、僕も米国留学中には結構使っていた。とくに初めて訪れた街でどのレストランで食事するか決めるときなどに参考にしていた。Tech Crunch でもう少し詳しく解説されているように、実名にこだわったレビューが特徴となっており、それが日本の代表的なサービス「食べログ」と大きく異なる点となっている。

 

「日本には実名文化は馴染まない」と、Facebook 日本上陸の際にも mixi の優位は揺るがないと考えていた人も多かったと記憶しているが、結果は見ての通りだ。そういう経緯を鑑みると、今回のYelp 参入に対し「食べログ」の警戒感は相当強いのではないかと推測する。

 

dinner tablephoto credit: Steve Corey (off-line) via photopin cc

 

ちなみに、Regression discontinuity design を利用して、Yelp で獲得した評価がレストランの経営に与える影響を推定した論文が、 “Learning from the Crowd: Regression Discontinuity Estimates of the Effects of an Online Review Database” (Anderson and Magruder) であり、オンラインでの評価が高まったレストランは予約数が増加すると結論づけている。「食べログ」の日本のレストランデータを使って、同じようなことをやっている人もいるのではないだろうか。

Internet review forums increasingly supplement expert opinion and social networks in informing consumers about product quality. However, limited empirical evidence links digital word-of-mouth to purchasing decisions. We implement a regression discontinuity design to estimate the effect of positive Yelp.com ratings on restaurant reservation availability. An extra half-star rating causes restaurants to sell out 19 percentage points (49%) more frequently, with larger impacts when alternate information is more scarce. These returns suggest that restaurateurs face incentives to leave fake reviews but a rich set of robustness checks confirm that restaurants do not manipulate ratings in a confounding, discontinuous manner.

 

「口コミ」というのは大変に興味深い現象で、その影響はオンラインそしてソーシャルの時代になりますます無視できないものとなっている。「マルコム・グラッドウェルの tipping point」で紹介したように、このテーマの定番書は『急に売れ始めるにはワケがある』。ベストセラー作家マルコム・グラッドウェルが「ティッピング・ポイント」というファンシーな言葉を浸透させたものとしても知られる、とても刺激的な一冊。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

文庫で学ぶ行動経済学

昨年は間違いなく統計学がブームとなった一年だった。「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書1

記事を読む

【超おすすめ】サンキュータツオの名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』が待望の文庫化

あのサンキュータツオをご存知だろうか?早稲田大学大学院文学研究科の博士課程に学び、一橋大学で非常勤講

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦がこの夏日本にやって来る

僕が米国留学で一番お世話になったのは、ひょっとすると大学院の指導教授ではなく、むしろアカデミックとは

記事を読む

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

japanese dictionaries 1

国語辞典業界最大の謎がいま明らかにされる|辞書になった男ケンボー先生と山田先生

近年まれにみるほどの傑作ノンフィクション『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』が、待望の文庫化・

記事を読む

チェス界のモーツァルト、天才ボビー・フィッシャーの生涯が待望の文庫化

伝説的なチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯を記録した傑作ノンフィクション『完全なるチェス』

記事を読む

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

統計学と経済学をまる裸にする

ついにあの "Naked Statistics" に、待望の翻訳が登場。そしてあの "Naked E

記事を読む

闘う頭脳|将棋棋士・羽生善治VSチェス棋士ガルリ・カスパロフ

今年3月にNHKーETV特集で放送された「激突!東西の天才 将棋名人羽生善治 伝説のチェスチャンピオ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要|提出締切は3月15日

毎年1月から3月にかけては確定申告の季節。一般的には2/16から受付開

【Kindleセール】「カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳」と「日本人なら必ず誤訳する英文」

現在実施中の「ディスカヴァー・トゥエンティワン書籍キャンペーン」のおか

メジャーリーグ新時代|アストロズ優勝が示す鮮やか過ぎるデータ革命

先日 NHK-BS で放送された「アストロズ革命~MLBデータ新時代~

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の3連覇に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう

起業家視点の戦略的ボードゲーム「カタンの開拓者たち」|世界的ベストセラーがシリコンバレーで盛り上がる

今年の冬休みこそボードゲームを楽しもう ことしもまた冬休みが近づいて

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

PAGE TOP ↑