*

さらに高いレベルの国語辞典を|中型辞書「三省堂大辞林」のすすめ

公開日: : オススメ

国語辞典のおすすすめについては、以前にも以下のエントリで詳しく解説してきたので、ぜひ参考にして頂きたい。

 

そこでお伝えしたかったメッセージとは、国語辞典にはそれぞれに個性があり、自分に最適なものを選ぼう、ということだ。使い方や個人的好みで選べば十分だと思うが、とくにおすすめの4冊の特長をひとことでまとめると次のようになる。

 

 

 

 

しかしながら、上記でおすすめした4冊はすべて「小型」国語辞典に分類されるものに過ぎない。つまり、エントリーモデルとしては極めて優れているのだが、より高いレベルを目指すのであれば、次第に物足りなく感じてくるものでもあるのだ。

 

そんな次のステップを目指す人にふさわしいのが、「中型」国語辞典である。各出版社がこぞって力を入れる小型辞書に数多くの選択肢があるのに対し、この中型はぐっと専門性が高まり、その結果として現在では3つの選択肢しかないのが現実である。「さらに充実した国語辞典を|中型の岩波『広辞苑』と三省堂『大辞林』が大幅改訂」でも紹介したように、そのうちのひとつが誰でも名前を聞いたことがある岩波書店の「広辞苑」である。

 

小型国語辞典が一般的には、7-8万程度の総項目数総であるのに対し、10年ぶりに改訂された最新第7版の広辞苑は、なんと総項目数25万と、小型辞書の3倍以上の収録を誇るのである。これが、中型国語辞典の実力なのである。それぞれの言葉をより詳しく、ときには語源に遡り、またあるときはイラストも加え、ひとつひとつに精緻で丁寧な解説を加えていくのである。しっかりとした日本語を書こうと思うなら、やはりこれくらいの辞書は手元に置いておきたいところだ。

 

 

 

一方で、もうひとつの選択肢、三省堂「大辞林」も非常におすすめだ。僕自身はもちろん両方とも持っているが、個人的には広辞苑よりもこちらの大辞林を強く推したい。その理由はいくつかあるのだが、ひとつには最新第4版が、広辞苑よりもさらに新しい2019年の出版であるということ。そして、広辞苑よりも長い13年もの月日をかけて改訂に取り組んでいること。さらには、言葉の歴史や語源の解説が詳しい広辞苑と比べて、より現代語に詳しいという大辞林の特徴は、まさに新しい令和の時代の決定版的辞書として相応しいと言えるだろう。小説『舟を編む』で、辞書編纂に携わる人々を活き活きと描いた三浦しをんがインタビューで語っているように、物書きとしてはもちろん広辞苑も大辞林も使い、その違いなどを毎回確認するのだが、やはり昔から大辞林の方を好んで使っているとのことだ。このようにプロにも絶賛される大辞林は、小型国語辞典からもう少しステップアップしてみようと思う人には最適の選択肢となるだろう。普段は小型を使いながらも、もうすこし詳しく知りたいときには、絶対にこの中型辞典が役立つはずだ。おすすめです。

 

令和という時代の幕開けに、ことばの海の新しい羅針盤として刊行。日常語から専門用語まで、古代のことばから現代のことばまで、日本語の総体を縦横に収める。新しい時代の一冊ものの大型国語辞典に求められる役割を追求。第三版から1万3000項目増の25万1000項目収録。13年ぶりの全面改訂版。

6大特色
1、日本語の基本辞典として
万葉の古代から、令和の現代まで各時代のことばと語義を収録。
2、新しい時代の基本辞典として
最新の社会・科学・文化、新語・新語義、カタカナ・アルファベット表記語に対応。
母語話者には自明でも、説明の難しいことばについて記述を充実。
3、類書中最大級の25万1000項目収録
4、使いやすい造本
用紙と造本の工夫で、第三版から224ページ増に対して、冊子の厚さを削減。
杉浦康平・佐藤篤司の手による、豪華な装幀。
5、巻頭にビジュアルな日本語解説「特別ページ」
6、書籍版ご購入の方には、スマホ(iPhone・Android対応)で利用できるアプリの「大辞林」をご提供。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今年からは確定申告にクラウド会計を導入しよう|面倒な手続きも超簡単に

さて、今年もまた確定申告の時期がやってきましたね。大学教員も含めたわれわれサラリーマンには無縁の手続

記事を読む

おすすめPC・スマホ周辺機器|Anker製品のクオリティが圧倒的に素晴らしい

Amazon の「春のタイムセール祭り」、いよいよ本日が最終日。  

記事を読む

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返礼品競争にならないよう、各自治

記事を読む

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

最先端のゲーム開発を支える線形代数の基礎講座|セガ社内勉強会資料を無償公開

ゲーム開発で知られるあのセガが、社内勉強会で用いた数学の資料を無償で公開している(公式ブログ)。サイ

記事を読む

美術アークションに参加してみた|ついに現代アート作品を購入!?

現代アートを買おうと思いたち、ひとめぼれした作品を衝動買いしてしまった、という経験をおもちの方はあま

記事を読む

NHKアニメ最終回|英国一家、最後まで日本を食べる

NHKで毎週水曜に放送されていた「英国一家、日本を食べる|Sushi and Beyond」が今週つ

記事を読む

大学入学おめでとう|Amazon Student 大学別会員数ランキングと春のキャンペーン

新入学生におすすめの Amazon Student プログラム 今春大学に入学した皆様、おめでとう

記事を読む

欧州サッカー・チャンピオンズリーグはここからが面白い|WOWOWの超おすすめ目玉コンテンツ

コロナ禍にあっても少しずつこれまで同様のスポーツ大会が開催されるようになってきた。先月のテニス全豪オ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑