*

クラウド会計 freee(フリー)で、研究費の経費管理がとことんラクになる

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 オススメ

ここ最近話題となることが多かったクラウド会計サービス。各社が相次いで新製品・サービスを投入し、いまアツい市場の一つと言えるだろう。

 

確定申告が必要となる個人事業主や中小企業をメインターゲットとしているこれらのクラウド会計ソフトだが、実は研究者にとっては研究費の管理がものすごくラクになる優れもののサービスでもあるのだ。とくに、大学の研究費だけでなく、科研費やその他の外部助成金等々、複数の研究費を使って複数のプロジェクトを進めている人にとっては、これらのサービスを使うことによって、極めて効率的に経費管理することができるようになるのである。

 

freee1

 

 

僕自身は現在、上記の freee(フリー)というサービスを使っているのだが、これがもう衝撃的な便利さなのである。グーグル出身のエンジニア達が立ち上げたサービスということで、グーグルらしくとことん自動化に徹しているのが素晴らしい。使い始めて一瞬で分かるこの衝撃は、以前にクラウドソーシング・サービスの freelancer.com を最初に使ったときに匹敵するほど目眩がする経験となったのだ。

 

さて、そんなクラウド会計 freee の驚異的な便利さを最も実感するのがこの時期、つまり年度末である。3月末までの研究プロジェクトであれば、それに付随した会計報告書を自分で作成する必要がある場合もある。そんなとき、一年分(以上)のレシートを取り出して整理して入力して集計してという一連の作業とオサラバできる、というのが、このクラウド会計ソフトの最大の凄味なのである。より具体的には、このサービスによって、

  1. 複数のクレジットカードや銀行口座を一元管理でき、
  2. 登録した口座の出入金情報は自動でアップデートされ、
  3. 収入・支出ひとつひとつに費目を設定でき、
  4. Amazon や楽天の購入履歴も一括管理できる

 

のである。つまり「このクレジットカードで買った書籍と、あちらの別のカードで買ったソフトウェアは同じ研究費からの支出」だとか、「この費目は出張旅費で、こちらの支出は論文投稿費」だとか、以前であればいちいち自分で一つ一つ確認および設定せねばならなかったところを、何とこのクラウド会計がまとめてやってくれるのである。しかも、Amazonや楽天といったよく利用するオンラインショッピングサイトは最初から登録されているから、例えばクレジットカードでAmazonに支払った書籍費目には、もれなくその書籍名までが既に自動で入力されているのである。そんなスバラシ過ぎるサービスの一端は、以下の紹介動画からも垣間見えることだろう。

 

 

 

さらに僕が便利だと感じているのが、クレジットカードの記録をその都度アップデートしていくので、情報の取り込み忘れがないということ。カードによっては過去3ヶ月分程度の明細にまでしか遡れない場合があり、困った経験をした人も多いだろう。僕もそういう失敗をしたことが何度もあったのだが、この freee を始めとするクラウド会計では常に情報を取り込んでいくので、過去の支出がいつでも参照できるのだ。使ってみてから分かったことなのだが、これは本当に大きなメリットだと思う。

 

もちろん、何もかもが素晴らしいわけではない。とくに最大の障壁となるのが、自分の銀行口座とクレジットカード口座のログイン情報を入力する、ということだろう。そうするからこそ自動でアップデートし仕訳することが可能となっているのだが、流石にこの情報を提供するのは誰だって躊躇するところである。だから僕自身も、このクラウド会計サービスに興味を持ちつつも、そのためらいゆえに最後の一歩を踏み出せずにいたのである。

 

だけれども、実際に思い切って使い始めてみてら、これがもう便利このうえない。もっと早く使っておけばよかったーと思うほどに態度を豹変し(笑)、今そのサービスの恩恵を最大限に受けているのである。なにしろ最初は無料プランで始めてみたのだけれども、これはもうずっと使い続けるべきサービスだなと直感し、既に有料プランに切り替えたほどなのだから。

 

freee2

 

 

自分の口座情報を入力するのは確かにコストである。しかしそのコストに見合った、というよりもそれを遥かに上回るベネフィットがこのサービスにはある。その最たるものが時間だろう。誰だってレシート整理作業などに時間をかけたくない。できればもっと大事なこと、本業に力を入れたい、そう考えているはずだ。

 

であるならば、ある程度のコストを払ってでも、このクラウド会計サービスを利用する価値が極めて高いように思う。来月から始まる新年度に合わせて使い始めておけば、来年の3月末には、研究費の残高確認から費目整理そして会計報告の作成まで、これまでの煩雑な作業が一気に自動化できること間違いない。そんな、ものすごくおすすめのサービスなんです。関連書も既に数多く出版されているが、このクラウド会計サービスの使い勝手は非常に簡単。ちょっと触ってみれば基本的な操作はすぐに覚えられるというのも、大きな魅力となっているのだ。無料プランも用意されているので、ぜひ一度使ってみるといいと思う。

【会計ソフトfreee(フリー)】

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既にご覧になった方もいるだろうが

記事を読む

将棋タイトル王位戦第2局|藤井聡太七段が木村一基王位に大逆転勝ち

いやあ、昨日の王位戦、ライブ中継で観た方は、これはもうとんでもないもの見てしまった、という感じではな

記事を読む

おすすめPC・スマホ周辺機器|Anker製品のクオリティが圧倒的に素晴らしい

Amazon の「春のタイムセール祭り」、いよいよ本日が最終日。  

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

Amazon専属ワインソムリエに直接聞いてみた、今回のまとめ買いセールでおすすめの6本

Amazonソムリエサービスを初めて使ってみた 以前に「Amazonワインストアで初めて注文してみ

記事を読む

美術アークションに参加してみた|ついに現代アート作品を購入!?

現代アートを買おうと思いたち、ひとめぼれした作品を衝動買いしてしまった、という経験をおもちの方はあま

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、2021年版「愛すべき世界の52か所」

ニューヨーク・タイムズ紙による、年始の恒例特集 "52 Places to Go" だが、コロナ禍に

記事を読む

japanese dictionaries 1

春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院を卒業した学生にとっては就職の

記事を読む

将棋竜王戦ランキング戦決勝|杉本八段と藤井七段の師弟対決が素晴らしかった

前回、「藤井聡太七段が先勝|現役最強棋士・渡辺棋聖とのタイトル戦」でも書いたように、いま将棋がむちゃ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知って

真理探究に命を懸けて|科学と宗教を描いた異色漫画ついに完結

これまで何度もイチオシしてきたこの漫画『チ。―地球の運動について―』が

科研費獲得の方法とコツ|戦略的な申請書執筆ノウハウ

さて、今年もまた科研費の応募締切が近づいてきた。採択された場合に翌年4

映画『マイスモールランド』とクルド難民の現在地

現在上映中の映画『マイスモールランド』をご存知だろうか? これはもとも

NHKの異色数学番組『笑わない数学』第2回は「無限」の魅力と魔力に迫る

さて、初回が放送されたばかりのNHK『笑わない数学』、ご覧になりました

NHKの異色エンタメ『笑わない数学』が歴史的超難問を大真面目に解説する

NHKには『レギュラー番組への道』という大変とがった企画を集めた番組が

【Kindle特大セール】7月の月替わりセール注目の統計データ分析3冊

Amazonは今月は年に一度の最重要イベント「プライムセール」を実施す

連邦最高裁判事9人が形づくるアメリカの歴史

下の写真がアメリカ連邦最高裁判所だ。各種ニュース等での報道の通り、今回

PAGE TOP ↑