*

クラウド会計 freee(フリー)で、研究費の経費管理がとことんラクになる

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 オススメ

ここ最近話題となることが多かったクラウド会計サービス。各社が相次いで新製品・サービスを投入し、いまアツい市場の一つと言えるだろう。

 

確定申告が必要となる個人事業主や中小企業をメインターゲットとしているこれらのクラウド会計ソフトだが、実は研究者にとっては研究費の管理がものすごくラクになる優れもののサービスでもあるのだ。とくに、大学の研究費だけでなく、科研費やその他の外部助成金等々、複数の研究費を使って複数のプロジェクトを進めている人にとっては、これらのサービスを使うことによって、極めて効率的に経費管理することができるようになるのである。

 

freee1

 

 

僕自身は現在、上記の freee(フリー)というサービスを使っているのだが、これがもう衝撃的な便利さなのである。グーグル出身のエンジニア達が立ち上げたサービスということで、グーグルらしくとことん自動化に徹しているのが素晴らしい。使い始めて一瞬で分かるこの衝撃は、以前にクラウドソーシング・サービスの freelancer.com を最初に使ったときに匹敵するほど目眩がする経験となったのだ。

 

さて、そんなクラウド会計 freee の驚異的な便利さを最も実感するのがこの時期、つまり年度末である。3月末までの研究プロジェクトであれば、それに付随した会計報告書を自分で作成する必要がある場合もある。そんなとき、一年分(以上)のレシートを取り出して整理して入力して集計してという一連の作業とオサラバできる、というのが、このクラウド会計ソフトの最大の凄味なのである。より具体的には、このサービスによって、

  1. 複数のクレジットカードや銀行口座を一元管理でき、
  2. 登録した口座の出入金情報は自動でアップデートされ、
  3. 収入・支出ひとつひとつに費目を設定でき、
  4. Amazon や楽天の購入履歴も一括管理できる

 

のである。つまり「このクレジットカードで買った書籍と、あちらの別のカードで買ったソフトウェアは同じ研究費からの支出」だとか、「この費目は出張旅費で、こちらの支出は論文投稿費」だとか、以前であればいちいち自分で一つ一つ確認および設定せねばならなかったところを、何とこのクラウド会計がまとめてやってくれるのである。しかも、Amazonや楽天といったよく利用するオンラインショッピングサイトは最初から登録されているから、例えばクレジットカードでAmazonに支払った書籍費目には、もれなくその書籍名までが既に自動で入力されているのである。そんなスバラシ過ぎるサービスの一端は、以下の紹介動画からも垣間見えることだろう。

 

 

 

さらに僕が便利だと感じているのが、クレジットカードの記録をその都度アップデートしていくので、情報の取り込み忘れがないということ。カードによっては過去3ヶ月分程度の明細にまでしか遡れない場合があり、困った経験をした人も多いだろう。僕もそういう失敗をしたことが何度もあったのだが、この freee を始めとするクラウド会計では常に情報を取り込んでいくので、過去の支出がいつでも参照できるのだ。使ってみてから分かったことなのだが、これは本当に大きなメリットだと思う。

 

もちろん、何もかもが素晴らしいわけではない。とくに最大の障壁となるのが、自分の銀行口座とクレジットカード口座のログイン情報を入力する、ということだろう。そうするからこそ自動でアップデートし仕訳することが可能となっているのだが、流石にこの情報を提供するのは誰だって躊躇するところである。だから僕自身も、このクラウド会計サービスに興味を持ちつつも、そのためらいゆえに最後の一歩を踏み出せずにいたのである。

 

だけれども、実際に思い切って使い始めてみてら、これがもう便利このうえない。もっと早く使っておけばよかったーと思うほどに態度を豹変し(笑)、今そのサービスの恩恵を最大限に受けているのである。なにしろ最初は無料プランで始めてみたのだけれども、これはもうずっと使い続けるべきサービスだなと直感し、既に有料プランに切り替えたほどなのだから。

 

freee2

 

 

自分の口座情報を入力するのは確かにコストである。しかしそのコストに見合った、というよりもそれを遥かに上回るベネフィットがこのサービスにはある。その最たるものが時間だろう。誰だってレシート整理作業などに時間をかけたくない。できればもっと大事なこと、本業に力を入れたい、そう考えているはずだ。

 

であるならば、ある程度のコストを払ってでも、このクラウド会計サービスを利用する価値が極めて高いように思う。来月から始まる新年度に合わせて使い始めておけば、来年の3月末には、研究費の残高確認から費目整理そして会計報告の作成まで、これまでの煩雑な作業が一気に自動化できること間違いない。そんな、ものすごくおすすめのサービスなんです。関連書も既に数多く出版されているが、このクラウド会計サービスの使い勝手は非常に簡単。ちょっと触ってみれば基本的な操作はすぐに覚えられるというのも、大きな魅力となっているのだ。無料プランも用意されているので、ぜひ一度使ってみるといいと思う。

【会計ソフトfreee(フリー)】

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い

クラウドソーシングで英語論文を校正する 過去5回にわたって、英語アカデミック・ライティングのおすす

記事を読む

[NHK今夜再放送]伝説のチェスプレーヤー・ボビーフィッシャーの闘い

先日は、最強の将棋棋士・羽生善治が、チェスの元世界王者ガルリ・カスパロフとハンデ無しの勝負をして大き

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白い

現代において、スポーツ選手がデータ活用するのはもはや当たり前と言えよう。そしてそれはもちろん監督やコ

記事を読む

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新しい学年が始まるから、だけでは

記事を読む

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

Amazon Audible (オーディブル) で「聴く」読書|おすすめオーディオブックの始め方

僕がオーディオブックというものを初めて知ったのはアメリカにいたときだった。プロのナレーターが本を朗読

記事を読む

将棋タイトル王位戦第2局|藤井聡太七段が木村一基王位に大逆転勝ち

いやあ、昨日の王位戦、ライブ中継で観た方は、これはもうとんでもないもの見てしまった、という感じではな

記事を読む

クラフトビール業界ナンバーワン・ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」の苦みが最高に旨い

今年もまたビールが旨い季節がやって来た。もちろん、クラフトビール飲んでますよね?数年前から盛り上がり

記事を読む

起業家視点の戦略的ボードゲーム「カタンの開拓者たち」|世界的ベストセラーがシリコンバレーで盛り上がる

今年の冬休みこそボードゲームを楽しもう ことしもまた冬休みが近づいてきた。クリスマスや正月休暇を、

記事を読む

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

今年の卒業・入学のお祝いに|おすすめの国語辞典・人気ランキング

今年もまた3月の卒業式、そして4月の入学式が近づいて来た。昨年はコロナ

いまこそ本当の宇宙兄弟を目指す|13年ぶりの宇宙飛行士選抜試験いよいよ始まる

大ヒット漫画『宇宙兄弟』を挙げるまでもなく、僕らはみな子供の頃から宇宙

NHK「羽生善治 天才棋士 50歳の苦闘」|将棋の新時代を迎えて

2/20土曜日、NHKの番組「ザ・ヒューマン」は、将棋棋士・羽生善治の

Amazon Audible (オーディブル) で「聴く」読書|おすすめオーディオブックの始め方

僕がオーディオブックというものを初めて知ったのはアメリカにいたときだっ

今年の確定申告こそ電子申請で|クラウド会計とe-Tax の合わせ技で手続き簡略化

今年も確定申告の時期がやってきた。あす2月16日から申告期間が始まり、

ニューノーマルなバレンタイン|恋と愛とチョコレートの経済学

バレンタインな週末がやってきましたね。諸兄の皆様方に置かれましては、ニ

ミャンマーの歴史と地政学|アジアの超大国・中国とインドをつなぐ十字路

ミャンマーがいま政治的に揺れている。日本との歴史的関係も長いこの国は、

将棋・渡辺明と囲碁・井山裕太の名人対談|天才的頭脳とAI的息苦しさ

さて、将棋と囲碁、それぞれの2020年賞金ランキングが以下のように出そ

PAGE TOP ↑