*

初タイトル目指す藤井聡太七段の連勝と、将棋棋士の獲得賞金・対局料

公開日: : オススメ

先日も書いたけど、いま将棋がめちゃくちゃ面白いね。コロナ禍で約2ヵ月間の対局中止が終わり、6月からは熱戦が相次いでいる。ABEMAで生中継してくれるのは有難いのだが、毎週のように、いやそれどころか週に複数の重要対決があったりして、見る側も嬉しい悲鳴をあげているところなのである。

 

もちろん注目は、弱冠17歳にして快進撃を続け、いまや初タイトルどころか二冠獲得を伺うほどの圧倒的強さを見せている、藤井聡太七段だ。現役最強と呼ばれる渡辺明三冠を相手にした棋聖戦では2連勝と、初タイトル棋聖獲得に王手をかけた。もうひとつのタイトル戦では、史上最年少VS史上最年長対決として注目を集めている、木村一基王位との初戦で圧倒するなど、タイトルホルダーでさえこの若武者を止めることができないのかと、感嘆するほかない。

 

さて、ここまで活躍を続ける若きプロ棋士・藤井聡太だが、いったいどれくらい稼いでいるのか、ご存知だろうか? じつはプロ棋士の獲得賞金・対局料は、日本将棋連盟が毎年公表しているのだ。下表が2019年のトップ10の顔ぶれであり、藤井聡太七段は第9位に、2,108万円でランクインしている。

 

 

 

その2,108万円を高いとみるか安いとみるか? もちろん高校生にして2,000万円超の年収とはなんとも高いことよ! という人がいる一方で、トップの豊島将之竜王名人でさえ、7,000万円程度というのは、野球やサッカーなどの他のプロ競技と比べて、将棋全体が安過ぎるのでは、という向きもあるだろう。ちなみに、過去にさかのぼってこの年収ランキングを見ても、勝ちまくっていた羽生善治九段の全盛期でも、約1億2,000万円である。

 

個人的にも、プロ棋士の年収はもっと高く、より夢のある職業であって欲しいと思うところだ。ただ、もちろんスポンサーによるタイトル賞金額の制約であったり、各種スポーツのようなファンの観戦料があるわけでもなく、いろいろと難しい業界ではあるのだと思う。

 

それでも、プロ棋士って、四段以上のことを指すから、たったこれだけの人数しかいないんですよ。それでいて、この四段になるために、「奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門」で書いたように、鬼門の奨励会三段リーグを勝ち抜けねばならないのだ。それがいかに厳しく苦しい闘いであるのか、そしてそこに挑み、高い壁に跳ね返され、挫折して去っていく青年がいかに多いことか。それだけ若い頃に人生を賭けて勝負にのぞむプロ棋士の卵たちにとっての夢ある職であり続けるためにも、それこそ桁違いの年収を稼ぐスーパー将棋棋士のような存在があればなあと思うところもあるのだ。

 

そんなことを、最年少プロ棋士・藤井聡太のいまの活躍を見ながら、そして彼の元同僚であり今も奨励会三段リーグで生き残りをかけて日々命を削るような戦いを続ける若者たちに思いを馳せざるを得ない。そんな奨励会の過酷な生活は、大崎善生の『将棋の子』に詳しく、将棋の世界に挑む全国の天才少年たちのことをもう少し詳しく知ってもらうためにも、ぜひこの名著はもっと多くの人に読んでもらいたいと願っている。

 

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る“トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。

未来の名人を夢見る天才少年達が熾烈な競争を繰り広げる奨励会。青春のすべてをかけた彼らの代償とは何か。彼らの戦いはなぜこんなにもせつなく胸に迫ってくるのだろう―ベストセラー『聖の青春』著者が放つ感動のドラマ!!夢と挫折の奨励会物語。

第23回講談社ノンフィクション賞受賞作。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

アートで生まれ変わった清津峡渓谷トンネル|越後妻有アート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」の舞台へ

9月の連休を皮切りに、これから秋の行楽シーズンがはじまる。もちろん今年はコロナ禍でこれまでと同じよう

記事を読む

年末年始おすすめのボードゲーム3選|今年は大定番「カタンの開拓者たち」の拡張版を買ってみた

昨年も「冬休みにおすすめの人気ボードゲーム」として紹介したのが次の3つ。「カタンの開拓者たち」「カル

記事を読む

NHKアニメ最終回|英国一家、最後まで日本を食べる

NHKで毎週水曜に放送されていた「英国一家、日本を食べる|Sushi and Beyond」が今週つ

記事を読む

今年からは確定申告にクラウド会計を導入しよう|面倒な手続きも超簡単に

さて、今年もまた確定申告の時期がやってきましたね。大学教員も含めたわれわれサラリーマンには無縁の手続

記事を読む

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それはつまり、確定申告の時期がやっ

記事を読む

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、2021年版「愛すべき世界の52か所」

ニューヨーク・タイムズ紙による、年始の恒例特集 "52 Places to Go" だが、コロナ禍に

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白い

現代において、スポーツ選手がデータ活用するのはもはや当たり前と言えよう。そしてそれはもちろん監督やコ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑