*

フィナンシャル・タイムズと昼食を

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 英語

フィナンシャル・タイムズのコラム “Lunch with the FT” を毎週楽しみに読んでいる。結構な大物に対するインタビューなのだが、ランチを食べながらという設定なだけに、カジュアルな雰囲気の中で会話が続き、普段のビジネスインタビューからは窺い知れないその人のパーソナリティが伝わってくるのが特色となっている。

 

最近では投資家ピーター・ティールが登場した。フェイスブックの創業を支援したビリオネアとして名が通る彼はまた、よく知られたリバタリアンでもあり、「チャーターシティーと独立精神と『マイ国家』」で書いたように、野心あふれる国家建設に乗り出した “Big Thinker” でもあるのだ。

 

restaurant wine glassesphoto credit: jenny downing via photopin cc

 

“I believe things could be a lot better” と optimistic に考える彼は、テロや医療といった現代的な課題にも解決に至る道があるはずであり、big ideas can still flourish と、一見無茶なことにも真剣に取り組む。それが彼の起業家としての、そして投資家としての魅力となっているのだろう。

 

それ以外にも大勢の著名人がこのランチインタビューに登場した。日本人では楽天の三木谷浩志。楽天が導入した英語公用語化(’Englishisation’)についてざっくばらんに聞いている。また、経済学者では MITの開発経済学者、Esther Duflo もインタビュー対象となった。この回でずいぶんと突っ込んで聞くんだなと思ったのが、彼女の結婚や出産に対する考え方や、いずれフランスに帰りたいと思っているか等。“He is not my husband but he is the father of the child. And he doesn’t speak French, so I don’t think he would like to go to France.” という言葉に見られるように、彼女もまたこうしたプライベートな質問にも一つ一つ真剣に応えている。

 

1994年にまで遡る過去のインタビュー集は、書籍としてまとめられている。そのときどきの、各界の時の人が常にインタビュー対象となっているだけに、これだけで一つの現代史を表現しているようにも思える。その時の人のなかでも「いま」を体現している人の言葉を聞くという意味では、ぜひ毎週のインタビューを読んでみるのがいいだろう。

From film stars to politicians, tycoons to writers, dissidents to lifestyle gurus, Lunch with the FT gathers fifty-two fascinating interviews conducted at the unforgiving proximity of a restaurant table. The list of people who have participated in this popular feature since 1994 reads like an international Who’s Who of our times. Meet the rich and famous, the weird and the brilliant, the brave and the virtuous, all brought to you by the Financial Times’ global network of columnists and correspondents.

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍で(不)真面目に読める、おすすめ英語テキスト19冊

Kindleで安く手軽に読める英語テキスト。まずオススメしたいのは、何と言っても越前敏弥の『日本人な

記事を読む

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩

記事を読む

できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot

これまで複数回にわたって紹介してきた、英語ライティングのおすすめテキストたち。古典的名著から新たなス

記事を読む

books for sale

Kindle 版がいま大幅値下げ中の、おすすめ英語テキストまとめ

さて前回書いたように、おすすめの一冊『ビジネスパーソンの英単語帳』がKindle 版で大幅値下げセー

記事を読む

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

学校では教えてくれない、正しいFUCKの使い方。

ちょっぴり気になっていたこの一冊、思わず読んでしまったじゃないか(笑)  

記事を読む

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピーク・シーズンである。だからこ

記事を読む

英語論文の書き方:英文ライティングの新定番テキスト “The Sense of Style”

これまで4回連続で紹介してきた、英語アカデミック・ライティングのおすすめテキスト、の続き。

記事を読む

越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』は、英語自慢の鼻をへし折る一冊

ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』等の翻訳で知られる越前敏弥の『日本人なら必ず悪訳する英文』。本書

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

PAGE TOP ↑