*

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

公開日: : 最終更新日:2014/02/24 オススメ書籍

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の次の時代を築いている勝負師が、その胸の内を存分に語った一冊。

 

この20年、将棋界は“羽生善治”という巨星を中心に回ってきました。今、その巨星に劣らない輝きを放っているのがこの男。史上4人目の中学生棋士としてプロデビューし、弱冠20歳で棋界最高位「竜王」に上り詰め、そのまま5連覇して「初代永世竜王」の称号を得た渡辺明さんです。1970年前後生まれの“羽生世代”に、一回り以上年少の渡辺さんが単身渡り合っている、という状況がもう10年ほど続いています。7割近い通算勝率を誇り、唯一、羽生善治と五分の星を残している彼の強さの秘訣はどこにあるのか? 「ゲンは担がない。将棋に運やツキは関係ない。すべて実力」と言い切る渡辺さんが、人間同士が対峙する将棋という勝負の厳しさ、奥深さ、そしてその一見ドライなスタイルの裏に隠し持った勝負を制するために必要な心構えを惜しみなく語り尽くします。

 

一番の読みどころは、渡辺が羽生に対して持つ尊敬と畏怖の念。羽生VS渡辺の戦いは、絶対的王者の羽生に血気盛んな生意気盛りの若造が挑戦するという構図に見られがちだったが、本書では渡辺が羽生に対して持ち続けている気持ちがびっくりするほど正直に綴られている。しかも、羽生の著書からの引用も多く、相手の著作をきちんと読み込んでいる様子が伺える。渡辺に対する見方が変わる一冊、といっていいかもしれない。

 

shougi_old_board

 

とくに、本書の中で僕個人の興味を最も引いたのは、2008年の竜王戦で羽生を相手に防衛した、あの奇跡ともいえる将棋タイトル史上初の「3連敗4連勝」に関するエピソードだ。「羽生と将棋と大局観」で書いたように、負けた羽生自身はこの戦いのことを既に深く振り返っており、この稀代の棋士に著書『大局観』の中で、「ただ、一つだけ言えることはこの『三連敗四連勝』で私の棋士としての人生観にも変化が訪れたのであった。」と語らせたほどの、伝説の激闘である。

 

 

この羽生の著書を読んでいた僕にとっては、敗者となった羽生の洞察は大変に読ませる内容だったのはもちろんのこと、今回の渡辺の著作によって、同じ試合の勝者の考えを合わせて読めるという点に、最大の関心があったのである。三連敗と追い詰められた渡辺がどう気持ちを立て直すのか、そしてその後どの一手がターニングポイントとなって、最終的には四連勝で竜王を防衛するという快挙を成し遂げたのか、それはもう本書を読んで頂くのが一番である。

 

興味深いエピソードが満載で、将棋ファンはもちろんのこと、そうでない人も将棋の面白さを知る格好の入門書となるだろう。「南魚沼の名門老舗旅館『龍言』と将棋タイトル王座戦」で紹介したように、地元南魚沼の『龍言』では竜王戦を開催することが多く、そのときの対戦談が語られているのも嬉しい内容だった。

 

最後に一言。ご存じの方も多いだろうが、渡辺の奥さんも(将棋ファンのあいだでは)これまた大変な有名人なのだが、その彼女が三連敗を喫した夫にかけた言葉は今や伝説の語りぐさ。以前にも、あきらめたらそこでお終い、と書いたように、それはまったくもってその通りなのだけれども、このときの彼女ほど、この台詞を最高のタイミングで使った人を、僕は見たことがない。その彼女の一言が、もう負けられないというところまで追い詰められた夫を奮い立たせたのか、させなかったのか、というのも、本書の隠れた読みどころだと思う。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

roland_fryer

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

dictionary

新中学生・高校生から新社会人にまでおすすめする国語辞典4選|辞書それぞれの個性を理解して選ぼう

中学生・高校生から新社会人まで必須アイテムとしての国語辞典 この4月から中学校・高校・大学に入学し

記事を読む

photo credit: jDevaun.Photography via photopin cc

【TEDトーク】国語辞典のすすめ:辞書編纂の面白さは、英語も日本語も同じ

先日のNHK-Eテレ「スーパープレゼンテーション」に、辞書編纂者のエリン・マッキーンが登場。そのトー

記事を読む

credit: ehnmark via FindCC

ニッポンの国宝と景観を守る:外国人だけが知っている美しい日本

昨日書いた「キューバに行くなら今が最後のチャンス」の中で、この国の文化と歴史が色濃く残っているうちに

記事を読む

photo credit: Steve Snodgrass via photopin cc

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

langlands-physics

数学ミステリー白熱教室|数学と物理学の驚異のつながり

「NHK『数学ミステリー白熱教室』本日最終回をお見逃しなく」でも書いたように、先週末でNHKの「白熱

記事を読む

sushi-and-beyond

大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった

ちょっと前に『英国一家、日本を食べる』という本が、その続編「ますます食べる」も含めて大きな話題となっ

記事を読む

2014-10-12 12.39.17

「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた:奇想の画家が発見された背景

相変わらずの伊藤若冲の人気ぶりと言えよう。先日は新潟県立万代島美術館まで「伊藤若冲と京の美術」展を観

記事を読む

satoshi-movie

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

photo credit: KrzysztofTe Foto Blog via photopin cc

2014年、本ブログでのベストセラー:Kindle版および書籍版

今年もいよいよ終わり。ということで、この一年間の本ブログ上でのベストセラーを発表しよう。Kindle

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1605
【Kindle特大セール】日本経済新聞社の書籍全品が半額キャンペーン

Kindle 5周年記念の一環としてか、日本経済新聞社が【全品50%ポ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

kowai-e
ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

nobel-economics-2017
今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、

kouba1
「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もう

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project
盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フ

shougi_old_board
NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

PAGE TOP ↑