*

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

公開日: : 最終更新日:2014/02/24 オススメ書籍

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の次の時代を築いている勝負師が、その胸の内を存分に語った一冊。

 

この20年、将棋界は“羽生善治”という巨星を中心に回ってきました。今、その巨星に劣らない輝きを放っているのがこの男。史上4人目の中学生棋士としてプロデビューし、弱冠20歳で棋界最高位「竜王」に上り詰め、そのまま5連覇して「初代永世竜王」の称号を得た渡辺明さんです。1970年前後生まれの“羽生世代”に、一回り以上年少の渡辺さんが単身渡り合っている、という状況がもう10年ほど続いています。7割近い通算勝率を誇り、唯一、羽生善治と五分の星を残している彼の強さの秘訣はどこにあるのか? 「ゲンは担がない。将棋に運やツキは関係ない。すべて実力」と言い切る渡辺さんが、人間同士が対峙する将棋という勝負の厳しさ、奥深さ、そしてその一見ドライなスタイルの裏に隠し持った勝負を制するために必要な心構えを惜しみなく語り尽くします。

 

一番の読みどころは、渡辺が羽生に対して持つ尊敬と畏怖の念。羽生VS渡辺の戦いは、絶対的王者の羽生に血気盛んな生意気盛りの若造が挑戦するという構図に見られがちだったが、本書では渡辺が羽生に対して持ち続けている気持ちがびっくりするほど正直に綴られている。しかも、羽生の著書からの引用も多く、相手の著作をきちんと読み込んでいる様子が伺える。渡辺に対する見方が変わる一冊、といっていいかもしれない。

 

shougi_old_board

 

とくに、本書の中で僕個人の興味を最も引いたのは、2008年の竜王戦で羽生を相手に防衛した、あの奇跡ともいえる将棋タイトル史上初の「3連敗4連勝」に関するエピソードだ。「羽生と将棋と大局観」で書いたように、負けた羽生自身はこの戦いのことを既に深く振り返っており、この稀代の棋士に著書『大局観』の中で、「ただ、一つだけ言えることはこの『三連敗四連勝』で私の棋士としての人生観にも変化が訪れたのであった。」と語らせたほどの、伝説の激闘である。

 

 

この羽生の著書を読んでいた僕にとっては、敗者となった羽生の洞察は大変に読ませる内容だったのはもちろんのこと、今回の渡辺の著作によって、同じ試合の勝者の考えを合わせて読めるという点に、最大の関心があったのである。三連敗と追い詰められた渡辺がどう気持ちを立て直すのか、そしてその後どの一手がターニングポイントとなって、最終的には四連勝で竜王を防衛するという快挙を成し遂げたのか、それはもう本書を読んで頂くのが一番である。

 

興味深いエピソードが満載で、将棋ファンはもちろんのこと、そうでない人も将棋の面白さを知る格好の入門書となるだろう。「南魚沼の名門老舗旅館『龍言』と将棋タイトル王座戦」で紹介したように、地元南魚沼の『龍言』では竜王戦を開催することが多く、そのときの対戦談が語られているのも嬉しい内容だった。

 

最後に一言。ご存じの方も多いだろうが、渡辺の奥さんも(将棋ファンのあいだでは)これまた大変な有名人なのだが、その彼女が三連敗を喫した夫にかけた言葉は今や伝説の語りぐさ。以前にも、あきらめたらそこでお終い、と書いたように、それはまったくもってその通りなのだけれども、このときの彼女ほど、この台詞を最高のタイミングで使った人を、僕は見たことがない。その彼女の一言が、もう負けられないというところまで追い詰められた夫を奮い立たせたのか、させなかったのか、というのも、本書の隠れた読みどころだと思う。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

超ヤバい経済学者のゼロベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

『ヤバい経済学』が世界中で大ベストセラーとなったばかりか、その続編『超ヤバい経済学』もヒットさせた売

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読む、勝負師たちの闘う頭脳と揺れない心

Amazon Kindle で電子書籍を出版している数多くの出版社の中でも、KADOKAWA は最も

記事を読む

japanese dictionaries 1

国語辞典業界最大の謎がいま明らかにされる|辞書になった男ケンボー先生と山田先生

近年まれにみるほどの傑作ノンフィクション『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』が、待望の文庫化・

記事を読む

プレゼンを準備する前に繰り返し読みたいおすすめの一冊『TED TALKS』

話題の一冊『TED TALKS』を読んだ。ご存知いまや圧倒的なプレゼンスを獲得したTEDカンファレン

記事を読む

【応募書類受付中】NASAが宇宙飛行士を新規募集|火星に行く大チャンス

もうご存知と思うが、アメリカの National Aeronautics and Space Adm

記事を読む

東大医学部合格者の6割が通う進学塾|受験エリートと塾歴社会

先日、雑誌AERAの特集を読んだ。「東大理III合格者の6割が所属 受験エリートの“秘密結社”」とい

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フェルメール盗難事件 史上最大の

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

japanese dictionaries 1

2016年のベストセラー書籍トップ5冊【国語辞典編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」および【英語編】に続き、本ブログ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑