*

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

公開日: : 最終更新日:2014/03/08 ニュース, 南魚沼・新潟

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、地元だけでは対応できず自衛隊が駆けつけたのは報道の通りだ。そんな中、ここ南魚沼市のお隣・十日町からも同地域に除雪隊が派遣されていたのである。なにしろここは日本有数の、というか世界でも指折りの豪雪地帯。重機というハードはもちろん、雪かきの各種ノウハウやテクニックが存分に蓄積されている。それが今回思いがけない形で、他県でも役に立ったようだ。

 

(NHKニュース)除雪応援隊は、災害支援協定などにより新潟県から埼玉県に派遣された大型の除雪車6台と建設会社の作業員13人です。今月19日から順次、大雪の影響で道路が寸断され集落が孤立した秩父市や小鹿野町に派遣され合わせて70キロの道路を除雪し、27日すべての集落の孤立が解消され活動を終えました。

 

それでは、こうした除雪車を県外派遣しているあいだ、十日町の地元では果たしてどのように雪に対応していたのか。まず第一に、以前紹介したように「消雪パイプシステム」というのは実に優れた仕組みだと思う。これがあれば一定度の雪までは除雪車がなくても十分に対応可能だ。長岡市に始まったこのシステムはその後南魚沼や十日町にも広がり、冬の雪国の道路を片付け続けている。除雪や圧雪ではなく消雪、というのがポイントだ。

 

第二に、雪国の人たちは雪かきがめちゃくちゃ上手い。まあ当人たちにとっては当たり前なのだろうが、僕のような素人目から見ると、彼らのその雪かきっぷりというのは、長年の経験からくる匠の技のようなものを感じる。それは重機の扱い方のみならず、個々人のスコップの使い方まで含めてね。

 

第三に、新潟のこの豪雪地帯で今年降った雪の量は、例年に比べて圧倒的に少ないということらしい。ここで初めての冬を迎える僕にしてみれば、そりゃあもう結構な高さまで積もっていると思えるのだが、普段はこんなものではないらしい。なるほど、例年の降り具合と積もり方というのはハンパないんだな。

 

そういう諸々の事情があって、今年の十日町で2月中旬に開催された第65回という歴史を持つ「雪まつり」は、いくつもの記録づくめだったようだ。まずこの冬の雪の少なさから雪像を造るのに大変苦労したと運営側から聞いた。さらに、気温が例年よりも暖かかったものだから、造り上げた雪像を雨や溶けから守るのもこれまた一苦労だったようだ。

 

さらには、メインイベント開催のまさにそのタイミングで関東が大雪に見まわれ、上越新幹線および関越自動車道も完全ストップとなり、なんと東京からメインゲストが到着できないという事態が勃発。さらには旅行客のキャンセルも相次ぎ、通常の半分程度の集客しかならなかったとのこと。大変残念だが、これはもう関東周辺一体を襲った異常事態だったのだから仕方なし。ぜひ来年はもっといつもの豪雪と寒冷と集客の中での祭りの様子を見てみたいと思う。

 

2014-02-16 13.08.07

2014-02-16 13.48.11

2014-02-16 13.52.24

2014-02-16 14.35.46

2014-02-16 14.52.49

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

japanese igo

囲碁マネーリーグ|井山裕太五冠が11年連続の賞金王そして1億円越え

囲碁棋士の2021年賞金ランキングが発表され、棋聖、名人、本因坊を防衛し王座、碁聖を奪取した井山裕太

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦が本当にこの夏日本にやって来た

今年の夏は忙しかった。何に忙殺されていたかと言えば、それが実は「アメリカで最もお世話になったあの老夫

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、競争倍率激しい抽選をぶじに勝ち

記事を読む

bhutan royal couple

「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道されたように、日本とブータンとの友

記事を読む

新潟県南魚沼市の銘酒「鶴齢」がJALビジネスクラスの機内食日本酒リストに登場

JALが3月1日から、国際線の機内食にて春の新メニューを提供開始したというニュース。今回のメニュー刷

記事を読む

bijotabi winter hakkaisan

君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に

「国際大学(IUJ)の紹介:ロケーション」で書いたように、本学がキャンパスを構えるのが新潟県南魚沼市

記事を読む

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

好きなことだけを仕事にした、新潟県三条市の世界的アウトドアメーカー「スノーピーク」の経営

新潟県三条市に、あのアップルも見学に来る企業があるのをご存知だろうか?それがアウトドアブランドの「ス

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘め

越後長岡藩の熱い夏|最後のサムライの夢の跡

新潟の長岡はこの夏おおいに盛り上がってます。一つ目の理由は、なんといっ

プロテニスプレイヤーの憂鬱|男女格差と上下格差の歴史と現状

ウィンブルドンテニスで今年も熱戦を繰り広げられるなか、Financia

NHK短編ドラマ・星新一の不思議な不思議な世界

7/4月曜から始まるNHKの短編ドラマは大注目だ。なにしろ、あのショー

国語辞典のお金の秘密|時代を映す大改訂

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」が先週の番組で特集したのが国

2022年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界の52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の場所52ヶ所

今年の入学・進級祝いには、三省堂国語辞典第8版がおすすすめ

今年ももう3月、中学・高校・大学入試も結果が出た人も多いだろうし、これ

今年も確定申告の時期がやってきた|クラウド会計とe-taxで手続きは超簡便に

今年もいよいよ確定申告の時期がやってきた。例年どおり3月15日が提出締

PAGE TOP ↑