*

ゲーマーとお金|さらなる有望産業 eスポーツビジネス

公開日: : 最終更新日:2021/07/30 オススメ書籍, スポーツ

ご存知のとおり今回の東京五輪からは、スケートボードや、サーフィン、そしてスポーツクライミングといった競技が、正式種目として加わった。スケボがオリンピックに?なんて思っていた人も多いと思うが、ここに登場する選手はメダリストはもちろんのことそれ以外も、とくにアメリカでは大人気のスーパースターだったりするわけだ。そうなると、未来の五輪では、プロゲーマーの人たちがオリンピアンとして登場するというのも、あながち夢物語ではないのかも知れない。

 

◎世界的なムーブメントとしてオリンピックの正式種目に検討されるなど大注目!急成長するeスポーツの”超”入門書

「eスポーツがオリンピック種目になる?」
「高額の賞金が出る! 」
「eスポーツが中高生の部活動でも採用」

eスポーツはテレビのニュースをはじめ、さまざまなメディアでここ最近話題になっています。「eスポーツ」という言葉を聞いたことがある人は少なくないかもしれませんが、では「どういうものなのか?」と説明できる人は、どれだけいるでしょうか?本書では、次のような内容を中心に、「eスポーツとは何か?」から、そのしくみ、プロゲーマー、お金のことをはじめ、eスポーツの世界をとことん解説していきます。

・なんでこんなに盛り上がっているのか?
・プロゲーマーになるには? 収入は?
・今からはじめるにはどうすればいい?
・関連する仕事には、どんなものがある?
・活性化するビジネスの数々
・eスポーツビジネスは儲かるのか?

さらに、現役で活躍するプロゲーマーのインタビューの他、eスポーツ専門アナウンサー、チーム運営者、そしてセカンドキャリアを歩む人など、eスポーツ界の要チェック人物6名のインタビューも収録。はじめての人も、乗り遅れている人も、この1冊ですべてわかる!

 

 

 

世界中でプロスポーツビジネスが著しく市場規模を拡大し続けており、日本でも有望な産業として期待されるところだが、その急成長ぶりとコアなファンによる熱狂ぶりでは、eスポーツはものすごいものがある。ゲーム誌『ファミ通』の発表では、以下のように2020年時点での日本のeスポーツ市場規模は約67億円。それが2024年には180億円超にまで急拡大すると見込まれている。

 

 

そんな急成長市場を支えるのが熱心な若年層ファンである。eスポーツの試合観戦者、動画視聴経験者も増加を続けており、その熱狂はますます加速していくことだろう。

 

 

ひと昔前なら、テレビゲームに没頭する子供を親が叱るという光景が一般的だっただろう。しかし今や時代は大きく変わった。スケボのうまい子がオリンピック金メダリストで世界のスーパースターであるのと同様に、たかがゲームを極めた少年や青年がミリオネア・ビリオネアとして名を馳せる新時代なのである。就職せずにユーチューバー、進学せずにeゲーマー、なんてのが普通の進路になる日も近いかも知れない。いろいろと窮屈なこともあるだろうが、今の子供たちはそんな面白い、かつてないほどエキサイティングな時代をこれから生き抜いていくのだろう。

 

「たかがゲーム」って思っていませんか?

実は、プロゲーマーには有名大卒の高学歴が多い。

麻布高校から東大へ進学、そしてプロゲーマーとなり『ストリートファイターV』で世界チャンピオンに輝いた、ときど選手。2018年に『シャドウバース』の世界大会で優勝し賞金1億円を獲得した、現役明治大生のふぇぐ選手……彼らに代表されるように、「ゲームが強い人」は、「勉強もできる人」なのだ。

「ゲームを頑張る力と、勉強を頑張る力には相関があるに違いない」――自身もプロゲーマーである著者は、さまざまなゲームのトッププレイヤーにインタビュー。世界を代表するトッププロゲーマーの頭の中を明らかにした。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

野村克也の頭脳とデータ|戦後初の三冠王そして名監督としての実績と名声

日本のプロ野球界に燦然と輝く実績と名声。戦後初の三冠王の栄誉を手にした名キャッチャーにして、監督とし

記事を読む

海をわたって不可能を可能に|大谷翔平メジャーリーグMVP

大谷翔平、満場一致で最高栄誉のMVPを獲得。投打の二刀流で大活躍のシーズンを見せた大谷、ほんとに漫画

記事を読む

ゴリラ研究者にして京都大学新総長・山極寿一『「サル化」する人間社会』が、もんのすごく面白かった

現在シーズン2が放送中のNHKスペシャル「ホットスポット」。先月放送された第一回の「謎の類人猿の王国

記事を読む

テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織圭。その後の凱旋ツアー

記事を読む

今こそ再び学ぶ『英語の読み方』|読めるか読めないかそれが問題だ

英語学習に関する書籍というのは、それこそ書店に溢れていて、玉石混交でどれを選んだらいいのか分からない

記事を読む

大人になったら国語辞典|ことし成人式を迎える人への最高の贈り物

コロナ感染の再拡大による、全国で成人式の中止や延期が発表されるなど、大変厳しい新年を迎えている。本来

記事を読む

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる「作者の意図は?」といった問い

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

アスリートとお金|有望産業としてのプロスポーツビジネス

いよいよ東京五輪が始まり、改めて注目されるのが今後のスポーツとお金の関係だ。とくにプロスポーツビジネ

記事を読む

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深く読んだ。出版から2年で30万

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑