*

スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析

公開日: : 最終更新日:2016/09/01 オススメ書籍, スポーツ, データ

スポーツ界に広がるデータ革命

これまで何度か書いてきたように、スポーツとデータというのはとても相性がよい。もちろんその相性のよさは、どのスポーツを対象とするのかで大きく変わってくるのだが、ゲーム分析と勝利のためのプランニングにデータが欠かせないものとなっているのは、いまやどのスポーツにも言えることだ。この機会に各スポーツのデータ分析をまとめておきたい。

 

野球/ベースボール

まずは何と言っても、メジャーリーグのデータ分析が有名だろう。「ベースボールの統計学」にも書いた通り、その流れを決定づけたのがマイケル・ルイスの名著『マネー・ボール』だ。ブラッド・ピット主演で映画化もされたのでご存知の方も多いだろうが、Kindle版なら今ならセール中なので、未読の方はぜひこの機会に読んでほしい。データの見方・使い方で、球団経営そのものが大きく変わった米国メジャーリーグのトレンドがよく分かる傑作だ。

 

そして近年では日本のプロ野球にもデータ分析・活用の動きが広がった。セイバーメトリクスという言葉がより一般的になり、関連書の出版も相次いだ。その中でもデータスタジアムという会社は、この分野の先駆けとして圧倒的なデータを蓄積し、突出したポジションを獲得している。今年のプロ野球は先日の日本シリーズで幕を閉じたが、来年は高橋由伸を含め新たな監督の誕生でどんなシーズンを迎えるのか、データとともに楽しみにしようではないか。

 

 

サッカー/フットボール

続いて注目したいのはサッカーだ。「フットボールの統計学」にも書いた通りだが、1つ1つのアクションが数値化しやすい野球と異なり、サッカーの動きはダイナミックでありデータに落とし込みずらい。パスといってもグラウンダーのショートパスなのか、前方へ大きく蹴りだしたロングパスなのか。ゴールの際にも、キーパーの手を弾いて右上に決まったのか、キーパーが一歩も動けずに左下に決めたのか、これらをデータ化するのが大変に難しいことは想像に難くないだろう。

 

だから、野球と比べて大きく後れていてたデータ・サッカーだったのだが、近年の英国プレミア・リーグでのデータ活用に始まり、前回ワールドカップで圧倒的な強さで優勝したドイツまで、いまやサッカー界ではデータ分析が必要不可欠とまでなってきた。

 

そんな近年のサッカーとデータの関係を知るなら、この『サッカーデータ革命』がベストの一冊。「サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊」の中でも紹介した良書で、サッカーの試合を見る新たな視点を与えてくれる。こちらも現在Kindle版が絶賛セール中だ。

 

 

テニス

続いてはテニスだ。「錦織圭のグランドスラムを Slam Tracker でデータ観戦しよう」で紹介したように、今やテニスの試合観戦に、IBMが開発した Slam Tracker は欠かせないツールとなっている。間違いなくこれでテニスの見方が変わるし、面白さがぐっと増した。来年の錦織のさらなる活躍を期待しつつ、テニス四大大会はぜひともデータ観戦をしようではないか。

 

French-open-nishikori0

 

 

バレーボール

そして、バレーボールにもデータ分析/活用の動きがあるというのは、「戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術」で書いた通り。イタリアが先行したバレーボールのデータ分析だが、いまは全日本にも渡辺啓太というデータ・アナリストがおり、その戦略・戦術を裏で支えている。という話を本書『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』で知ったのだが、大変刺激的に面白く読んだ一冊だった。

 

 

ゴルフ

さらにはゴルフにもデータ革命の波が。こちらも現在Kindle版が大幅セールとなっている『ゴルフ データ革命』は、コロンビア大学ビジネススクール教授 Mark Broadie による一冊。専門の数量ファイナンスをゴルフのスコア分析に応用した新指標がゴルフ界で注目され、これまでの勘と経験と格言とは異なるゴルフの実際をデータで見せつける。ゴルフをする人はもちろん、しない人も間違いなく楽しめる一冊だ。データ好きならぜひ。

これはゴルフの「マネー・ボール」だ!ゴルフは、野球やサッカーに比べてデータ分析の分野で一歩も二歩も遅れており、「ドライバーショットは見せるため、パットは稼ぐため」といった昔ながらの格言が信じられているが、実際にスコアを分析してみるとパッティングがロングゲームより大事だというのは誤りであることがわかった。ゲームやプレーの数量的分析が可能になれば、「周回遅れ」のゴルフ界にも変革がもたらされるだろう。

 

 

スポーツもろもろ

アメリカのビジネススクール教授というのは、とくにファイナンスの専門家というのは、スポーツ好きなのだろうか?と思ってしまうように、本書はシカゴ大学ビジネススクール教授の Tobias Moskowitz 等による一冊。メジャーリーグやゴルフにサッカーと、多種多様なスポーツの舞台裏を、データをもとに見せてくれる本書も、スポーツ好き、データ好きなら読んでおきたい一冊だ。おすすめです。

なぜ、勝てる試合を捨てようとするのか?なぜ、審判は地元に有利な笛を吹くのか?なぜ、タイガー・ウッズもパットを外すのか?カウントで微妙に動くストライクゾーン、過大評価されるドラフト1位、真っ赤なウソをつく統計データ、はたしてファンは敵か、味方か?勝敗のホントの鍵を握っているのは誰だ?…スポーツは、行動経済学のネタの宝庫だ。

 

 

スポーツの経済学

「スポーツの統計学」だけでなく、もちろん「スポーツの経済学」も存在する。とくにアメリカの学部生向けには、”Economics of Sports” なるものが開講されていることが多く、僕も留学時代その授業のティーチング・アシスタントをやってみたことがあるのだ。教科書は “The Economics of Sports” 他いくつかの定番書があるほどで、しかもどれも真面目に書かれている。

 

球団の利潤最大化に始まり、独占と禁止法、労働(移籍)市場と組合、契約と報酬の制度から、選手に対する差別の問題まで、応用ミクロ経済学のテキストとして、スポーツファンなら間違いなく面白く読めるトピックばかりなのだ。原著は最新第5版が出版されており、旧版の第4版は2012年に日本語に翻訳されている。スポーツの秋にこそ、ぜひスポーツの統計学と経済学も味わってみては?

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったな

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

adidas

絶対に負けられないサッカー・ワールドカップの舞台裏:スポーツブランドのもう一つの闘い

「絶対に負けられない戦い」に直面しているのは、もちろんサッカー選手だけではない。監督やスタッフ等もそ

記事を読む

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments of History" がよう

記事を読む

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世には二種類の男(自分かそれ以外)

記事を読む

華麗な王者モハメド・アリと、そのアリになれなかった男|沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』と『一瞬の夏』を再読する

2016年6月4日、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが74歳の人生に幕を閉

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なおみのそれぞれベスト8進出をかけ

記事を読む

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだまだ少ないと言えるだろう。とくに

記事を読む

テニス・グランドスラム優勝回数ランキング

【追記】「難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る2016年全米オープ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と統計学のオススメ2冊が半額以下の注目セール

Kindle本日の日替わりセールに、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルー

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセ

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2019年版

今年もまた、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学

PAGE TOP ↑