*

史上最年少プロ棋士・藤井聡太の初勝利と『将棋の子』たち

公開日: : 最終更新日:2016/12/27 オススメ書籍, ニュース

史上最年少のプロ棋士が誕生したと話題となったのが2016年9月のこと。それから3か月が経ち、今度は若干14歳2カ月にして史上最年少での初勝利を記録した。長い将棋の歴史の中にあり、大変な快挙である。

毎日新聞)14歳2カ月で将棋界の史上最年少棋士となった藤井聡太(そうた)四段(14)は24日、東京都渋谷区の将棋会館で指された加藤一二三(ひふみ)九段(76)との第30期竜王戦6組ランキング戦で公式戦初対局を迎え、110手で初勝利を飾った。14歳5カ月での初勝利は将棋界最年少記録となった。藤井四段に破られるまで史上最年少棋士と最年少初勝利の記録を持ち、現役では最年長の加藤九段との対局は年齢差が62歳6カ月で、史上最大年齢差。記録ずくめの対局となった。(中略)加藤九段は「中盤、藤井四段が受けに回った手が私には指せない手で、大局観が素晴らしい。寄せも速かった。うまく負かされました。素晴らしい才能の持ち主だと思う」とたたえた。

 

shougi_old_board

 

 

まずもってプロ棋士となるのがいかに困難なことなのかは、「奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門」で紹介したように、この奨励会と呼ばれる育成機関に入門し、そこで数多の天才将棋少年たちと戦い、そして勝ち抜けなくてはならないのである。もちろん勝者がいれば敗者もいるのが勝負の世界であり、だからこそ途中でプロの道を諦め、挫折し、奨励会を去っていく者もまた数多くいるのである。

 

今回、史上最年少でプロ棋士となり、そしてプロ初勝利を飾った藤井聡太四段は、この若き年齢にして、既にそんな過酷な道のりを歩んできたのである。その偉業はもちろん歴史に残る金字塔である一方で、記録には残らない敗れていった者たちを、せめて記憶の片隅にとどめておきたい、そんな気持ちで執筆されたのが、大崎善生の名著『将棋の子』である。まだ幼いともいえる年齢で人生の表舞台から去らねばならなかった彼らは、いまどこでどんな気持ちで何をしているのか?著者の温かいまなざしとともに読んで欲しい将棋の世界の現実がここにある。

奨励会……。そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、しのぎを削る“トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、優しく温かく見守る感動の1冊。第23回講談社ノンフィクション賞受賞作。

 

 

そんな大崎善生のもう一冊の傑作が、ご存知『聖の青春』である。将棋を指した時間はあまりにも短く早逝した村山聖。しかし彼の棋譜は、将棋界の記録となり、その鮮烈な生きざまは数多くのプロ棋士の記憶に残った。「聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖」でも紹介したように、映画化もされた本作をぜひ、その原作で味わって欲しい。すばらしい一冊としておすすめしたい。

重い腎臓病を抱え、命懸けで将棋を指す弟子のために、師匠は彼のパンツをも洗った。弟子の名前は村山聖(さとし)。享年29。将棋界の最高峰A級に在籍したままの逝去だった。名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動ノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞作。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

bijotabi-iwate

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよ

記事を読む

auroras-1203288_640

スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこちで聞こえそうなこの時期を狙って

記事を読む

bestsellers-67048_640

2015年ことしのベストセラー|紙書籍編

先日の「ベストセラー電子書籍編」に続き、今回は本ブログ経由でよく読まれた紙の書籍編を紹介しよう。以下

記事を読む

konchu

若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは言えなくとも、プチブームなのは

記事を読む

medium_3066666879

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の完勝に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう。もちろん僕も毎年正月の楽しみと

記事を読む

medium_12154391735

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

oprah

町山智浩の『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』と、ハズレのない現代米国社会批評シリーズ

「教科書に載っていないし、知ってても全く偉くもないUSA語録」でも紹介したように、町山智浩のエッセイ

記事を読む

container boxes

プロフェッショナルのコンテナ物語

昨晩ひさしぶりにNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀 』を見た。「港のエース、ガンマンの絆」と題

記事を読む

medium_2388310523

申請者必携のハンドブック『科研費獲得の方法とコツ』に最新第4版が登場|採択率を上げる書き方

今年もまた科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。多くの研究者が申請するこの科研費だが、も

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

amazon_stock
Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

shougi_old_board
あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

kindle2014endsale
【Kindleセール】サイバーマンデーでベストセラー書籍がお買い得

Amazon のサイバーマンデーセールでは、Kindle電子書籍も大幅

kindle-1609
【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

medium_4455328823
スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

medium_12154391735
人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

kowai-e
ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑