*

冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者たち」「カルカソンヌ」「ドミニオン」を遊び倒そう

公開日: : オススメ

みんなで楽しめる、おすすめボードゲーム3選

以前に「宣教師のアニキの家で『カタンの開拓者たち』にはまる」で書いたように、僕はアメリカで初めてボードゲームの面白さを知った。そして「このボードゲームがスゴイ!」で紹介したように、海外ボードゲームの評価はおもに、「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム大賞」(非常にややこしい名称なのだが)で決まる、ということを知ったのである。

 

さて今年もいよいよ年末年始の休みが近づいてきましたが、皆さんボードゲームの準備はいいですか? 家族や友人揃ってゲームに興じるいい機会だと考えるのはみんな同じ。というわけで昨年はこの時期すでに人気ボードゲームが品切れを起こしていましたからね。今年はどうぞお忘れなく、早めにご準備ください。

 

photo credit: Kevin Dinkel via photopin cc

photo credit: Kevin Dinkel via photopin cc

 

 

そんな数多くのボードゲームの中から、僕がおすすめするのは以下の3つだ。その理由は、「このボードゲームがスゴイ!」にも書いたように、この3つは上記の「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム大賞」をダブル受賞した名作であり、ベストセラーにしてロングセラーの傑作だからである。それでいて小学生くらいから遊べる分かりやすさもあって、絶対におすすめできる、万人に受けるボードゲームなのだ。

 

カタンの開拓者たち

「宣教師のアニキの家で『カタンの開拓者たち』にはまる」で詳述したように、夜を徹してはまってしまったゲーム。日本にも「カタン協会」が存在し、毎月のように全国各地でカタンの大会を開催するなど、根強い人気を伺わせる。ボードゲームを始めるなら、まずはこの作品から!通常3-4人でプレイするスタンダード版に対し、5-6人へと増員できる拡張版も最初から用意しておくことをおすすめするよ(参考「今年は大定番『カタンの開拓者たち』の拡張版を買ってみた」)。

 

世界のボードゲームの中で2000万個以上の販売数を誇る超大ヒットゲーム! シリーズの基本となるスタンダード版です。カタンという無人島を舞台に、拠点となる開拓地(家)を建ててそこから島全体を開拓していきます。対戦相手との開拓競争で、最初に10点(例:開拓地1点)取った人が勝者になります。 具体的には、サイコロによって島から5種類の資源が産出されるので、その資源を元に次の開拓地を建てていきます。ですが、なかなか必要な資源が集まらないこともあります。 そんな時は対戦相手と資源の交換をしましょう。積極的にコミュニケーションを取ることでゲームを有利に進めることができます。小学生(8才)から遊べるほど簡単なルールでありながら、大人もハマるボードゲームの決定版です!

 

カルカソンヌ

大人も夢中「世界のボードゲーム」ランキング(日経新聞)の第3位にランクイン。僕も今年ようやくですが自前のボードを買いましたよ!

 

2014-12-18 18.33.38

 

というわけで、ここはひとつ、まだこのゲームを知らない家族や友人を思いっきりはまらせたいところだ。

 

2001年にドイツで、年間ボードゲーム大賞を受賞して以来、ベストセラーボードゲームです。【特長】地形タイルを並べて大きな地図を作りながら得点を競うゲームです。どこで点を取るか、どんな地図にして点を取るかがポイントです。目先だけの得点では勝てません。将来を読む目が必要です。

 

ドミニオン

同じく、大人も夢中「世界のボードゲーム」ランキング(日経新聞)の第5位にランクイン。拡張版も豊富で様々なバリエーションで遊べる内容。上の写真の通り、こちらも僕は今年ついに念願のマイボードを購入!おかげでこの年末は例年以上に楽しい冬休みとなりそうです。

 

ドミニオンとは、領土のこと。プレイヤーは中世欧州の小王国の領主となり、自分の領土を他のプレイヤーと競いながら拡大していく。このゲームでは、自分のデッキが自分の領土(ドミニオン)を表する。プレイヤー全員は、「銅貨」と「屋敷」しかない小さなデッキを持ってスタートする。ゲーム中に、銅貨を元手に様々なカードを購入し、入手したカードの能力を駆使して自分のデッキを強化しながら領土を拡大していく。そして、ゲーム終了時点で、自分のデッキ内の「勝利点」が最も多いプレイヤーがゲームの勝利者となる。このゲームでは、ゲーム中に購入(入手)する全25種類ある王国カードのうち、1回のゲームで使用するのは10種類のみ。したがって、使用する王国カードの選択次第で、何百通りの戦い方があることが特徴。また、王国カードの使用法にTCG(トレーデイング・カードゲーム)のメカニズムを取り入れてあり、何通りものカードのコンボを発見する楽しみもある。

 


Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

photo credit: Andrew from Sydney via photopin cc

今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選

今年もいよいよ年の瀬。この一年、仕事に関連するオフィス・アイテムを色々と買った中で、これは最高!と思

記事を読む

jakuchu-2016-1

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

2016-06-29 16.03.46

超おすすめ:ノイズキャンセリング・ヘッドホンの最高品質 QuietComfort 35|発売されたばかりのBose最新作をさっそく飛行機で試してきた

「侍ジャパン公認サポートキャプテン」中居正広が選手に贈ったプレゼント 現在大いに盛り上がっているW

記事を読む

microsoft-keyboard

マイクロソフト製ワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic がスゴイ:手首が疲れないおすすめのデザイン

前回「ScanSnapがスゴイ」で書いたように、僕が最近購入した研究室アイテムのうち、ベストは富士通

記事を読む

2014-08-29 15.33.13

うんち終了2日前:おすすめ企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」

「この夏休みどこか1か所出かけるとしたら、ここでしょ!」と、僕が激推しした「トイレとうんち展」が、い

記事を読む

echigo-tsumari-2015-2

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

photo credit: Studio V2 via photopin (license)

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

freee1

クラウド会計 freee(フリー)で、研究費の経費管理がとことんラクになる

ここ最近話題となることが多かったクラウド会計サービス。各社が相次いで新製品・サービスを投入し、いまア

記事を読む

craftbeer-aoyama1

日本のクラフトビール革命|ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」がクセになるほど美味い!

日本でも始まったクラフトビール革命 この夏、日本ではますますクラフトビールを飲む人が増えているよう

記事を読む

16074893670_23154035e1_z

年末年始おすすめのボードゲーム3選|今年は大定番「カタンの開拓者たち」の拡張版を買ってみた

昨年も「冬休みにおすすめの人気ボードゲーム」として紹介したのが次の3つ。「カタンの開拓者たち」「カル

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1605
【Kindle半額セール】絶対に見逃せないおすすめ17冊

現在開催中の「Kindle本 春のフェア」では、数多くの電子書籍が最大

photo credit: Steve Snodgrass via photopin cc
綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々

2015-01-04 12.27.12
春の入学・進級・入社シーズンに絶対おすすめの国語辞典3選

3月は日本全国いたるところで卒業式が行われる。小学校を卒業して中学生に

credit: boxchain via FindCC
【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの

PAK85_kakuteishinkokupen20140312231341_TP_V
確定申告は明日まで|マイナンバー義務化で非常勤講師も手続きを忘れずに

さて、今年の確定申告の手続き期限も明日3/15までと迫ってきたが、必要

medium_12154391735
人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

medium_4789986404
秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフ

2016-03-03 12.47.32
今年も地元南魚沼で開催の裸祭りに(服を着て)行ってきた

3月3日は雛祭り、というのはあまりにもガールズ目線過ぎる。男ならここは

PAGE TOP ↑