*

将棋棋士初の栄冠|『Number MVP賞』は 藤井聡太二冠に決定

公開日: : オススメ書籍

先日は以下のエントリでも書いたように、2020年は間違いなく藤井聡太の一年でもあり、将棋棋士がアスリートとして認識された年としても記憶されるだろう。藤井聡太を表紙に据えたスポーツ総合誌Numberは、増刷を繰り返すほど売れに売れた。出版不況や活字離れが声高に叫ばれるものの、よい内容の書籍や雑誌はしっかりと読まれることを印象付けた一件でもあったのだ。

 


 

さて、その藤井聡太二冠が、2020年の『Number MVP賞』に輝いたという素晴らしいニュース。もちろん、プロ棋士の受賞は初めての快挙だ。

 

 

1年間で最も観る者を興奮させ、輝いたアスリートに贈る「Number MVP賞」。

39回目となる2020年のMVP賞は、史上最年少で2つのタイトルを獲得した藤井聡太二冠に決定いたしました。棋士の受賞は初めてのこととなります。

藤井二冠は初めて挑戦者となった棋聖戦・王位戦でも臆せず勝利を重ね、見事に両タイトルを奪取。その恐るべき強さは、将棋という競技の枠を超えた大きな社会現象となりました。まさにMVPに相応しい活躍でした。藤井二冠の戦う姿に触発され、Numberは9月に創刊40年目で初の将棋特集「藤井聡太と将棋の天才」を刊行。大きな反響をいただきました。

藤井二冠は今回の受賞にあたり、次のコメントを寄せてくれました。
「この度のMVP賞の受賞をとても嬉しく思います。新しい角度から棋士の魅力にせまる特集を御誌が取り上げてくださり、それをとても沢山の方々が手にとって見てくださったことに心より感謝しております。今後とも将棋界を応援していただけますようよろしくお願い申し上げます」

今回の授賞については、2021年1月7日発売のNumber将棋特集第2弾「藤井聡太と将棋の冒険」でもお伝えします。

スポーツ・グラフィック・ナンバー
編集長 宇賀康之

 

 

この受賞のスゴさは、過去38回の受賞歴を見てみれば一目瞭然だろう。中田英寿にイチローそして羽生結弦に大坂なおみと、日本スポーツ界に燦然と輝く先人たち、新しい記録と記憶を生み出してきた偉人たち、そんな先達に栄光に連なる、藤井二冠の今回の受賞だ。将棋界にとっても極めて明るいニュースと言えるだろう。

 

だからこそ、ここでNumberによる、柳の下のドジョウを狙った最新号はまた将棋特集なのである(笑)。しかし、これがまたなんだか嬉しいのか悔しいのか分からないが、面白かったのである。いやぁ、読ませるねえ。将棋ファンだけでなく、一般読者向けの雑誌だからこそ、藤井二冠を始めとするプロ棋士たちの生き様や考え方をとても魅力的に描写している。ぜひこれは、今まで将棋にあまり興味がなかった人のこそ、そして藤井二冠をきっかけにちょっぴり将棋に関心を持った人に読んでもらいたい内容だ。ラグビーワールドカップのときも「ニワカ」が注目されたではないか。ニワカのファンがいるからこそ、各種競技やスポーツの裾野が広がり、ビジネスが成り立ち、そして将来につながる育成にも貢献するのだ。だから、今回のNumberのように、ライトなファンを増やすような試みはもっともっと増えていくべきだろう。いずれにしろ、とても面白い内容だったので、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』。その原作自体は23巻をもって

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

2015年ことしのベストセラー|紙書籍編

先日の「ベストセラー電子書籍編」に続き、今回は本ブログ経由でよく読まれた紙の書籍編を紹介しよう。以下

記事を読む

ジョジョの奇妙な英語にまさかの続編ガァァァ|あのクールな台詞はこれで学べ

以前に「ジョジョの奇妙な冒険で英語を勉強するなんて、無駄無駄無駄無駄無駄ですか?」でご紹介した英語テ

記事を読む

大学入試数学 不朽の名問100|大人のための「数学腕試し」

世に数多といる数学のファンと猛者のみなさま、この1冊はもうすでに読みましたか? 科学もので知られる人

記事を読む

華麗な舞台の裏にあるプロテニス選手の過酷な生活|ランキングシステムが生んだ世界的超格差社会

2018年の全豪オープンテニスがフェデラーの優勝で幕を閉じた。自身が持つ四大大会最多優勝記録を20勝

記事を読む

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定 先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』

記事を読む

ゴリラ研究者にして京都大学新総長・山極寿一『「サル化」する人間社会』が、もんのすごく面白かった

現在シーズン2が放送中のNHKスペシャル「ホットスポット」。先月放送された第一回の「謎の類人猿の王国

記事を読む

今年のノーベル経済学賞はアメリカの労働経済学者3名が共同受賞

今年のノーベル賞受賞者が発表されるなか、いよいよ経済学賞の受賞者が明らかとなった。それは、「『自然実

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘め

越後長岡藩の熱い夏|最後のサムライの夢の跡

新潟の長岡はこの夏おおいに盛り上がってます。一つ目の理由は、なんといっ

プロテニスプレイヤーの憂鬱|男女格差と上下格差の歴史と現状

ウィンブルドンテニスで今年も熱戦を繰り広げられるなか、Financia

NHK短編ドラマ・星新一の不思議な不思議な世界

7/4月曜から始まるNHKの短編ドラマは大注目だ。なにしろ、あのショー

国語辞典のお金の秘密|時代を映す大改訂

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」が先週の番組で特集したのが国

2022年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界の52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の場所52ヶ所

今年の入学・進級祝いには、三省堂国語辞典第8版がおすすすめ

今年ももう3月、中学・高校・大学入試も結果が出た人も多いだろうし、これ

今年も確定申告の時期がやってきた|クラウド会計とe-taxで手続きは超簡便に

今年もいよいよ確定申告の時期がやってきた。例年どおり3月15日が提出締

PAGE TOP ↑