*

プロテニスプレイヤーの憂鬱|男女格差と上下格差の歴史と現状

公開日: : 最終更新日:2022/07/03 スポーツ, データ

ウィンブルドンテニスで今年も熱戦を繰り広げられるなか、Financial Times の記事 “Don’t blame market forces for female tennis stars being short-changed” を興味深く読んだ。それによると、ウィンブルドンでは2007年からは男女の賞金が同額に設定されているということだ。これは他のプロスポーツを見渡せば、まだまだ珍しい男女差なし、ということになるだろう。例えば、サッカー日本代表をみたって、男子サムライブルーはいつも女子なでしこよりも好待遇であり、結果がでないときにはとくにそれが批判されてきたわけである。

 

一方のテニスにおいては、ウィンブルドンを含めた四大グランドスラムですべてが男女同額になっているのだが、そこに至るまでには長い長い歴史がある。ちなみにグランドスラムのうち最も最初に同額設定となったのが、1973年の全米オープンなので、ウィンブルドンはそれに比べて随分と遅れてからの対応となった、といえる。こうした歴史については日経新聞の記事「全米テニス、高額優勝賞金 男女同額へ奮闘の歴史」に端的にまとめられているので、興味がある方はぜひご覧頂きたい。

 

一方で、先のFT誌の記事が指摘するのは、グランドスラムでは同額となっている一方で、他の一般テニストーナメントではむしろ男女賞金格差が拡大傾向にあるということだ。グランドスラム以外では、男女ともに3セットマッチなのだから、「男子は5セット戦うから」という言い訳は通じない。また、男子の試合の方が視聴者数が多くビジネスの規模が違うという指摘にも、必ずしも同意する者ばかりではないというのは、日経新聞の記事でも指摘されている通りだ。

 

そして関連して僕が思い出すのが、プロテニスというのは、男女ともにトッププレイヤーと下位選手の格差があまりにも大き過ぎ、絶望するほどの断絶がある世界だということだ。そんなことなんとなく知っていたような気もしていたが、本書『テニスプロはつらいよ』を読むと、いやほんと読んでいるだけで胃が痛くなるほど辛さが伝わってくるのである。だって、日本人男子プロテニスプレイヤーと聞かれて、錦織以外の名前を挙げられる人どれくらいいますか? もちろんどの世界もプロは厳しいというのは当たり前のことだ。それでもなお、若い頃からテニス漬けの青春時代を過ごし夢を追い続けてきた若者にとって、もう少しココロ休まる時間があってもよいのでは、というのは甘いのかしら。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途中棄権があったものの、初戦を無

記事を読む

football studium

フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014

以前「フットボール・マネーリーグ2013」で紹介した、"Deloitte Football Mone

記事を読む

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、錦織の4回戦、5時間を超える壮

記事を読む

ゲーマーとお金|さらなる有望産業 eスポーツビジネス

ご存知のとおり今回の東京五輪からは、スケートボードや、サーフィン、そしてスポーツクライミングといった

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営

アメリカで最も人気のあるスポーツと言えば、アメフト(NFL)がナンバーワンなのである。野球(MLB)

記事を読む

fire department in New York

オープンガバメント:ニューヨーク市消防庁のオープンデータ戦略

ニューヨーク市の消防庁が、データを使って建物検査を効率的に行っているというウォール・ストリート記事。

記事を読む

データと恋愛とバレンタインデー

バレンタインデーの週末、みなさまいかがお過ごし予定でしょうか?昨年「バレンタインの統計学と経済学」で

記事を読む

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2016年版

今年もまたこの時期がやってきた。そう、デロイト社によるレポート "Football Money Le

記事を読む

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

【おすすめ書籍】ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす恋愛ビッグデータの残酷な現実

アメリカでベストセラーとなった一冊 "Dataclysm" がようやく翻訳出版された。これは人気出会

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所

お正月に見た映画『スラムダンク』にやっぱり涙と鼻水が止まらない

今年の正月には、あの伝説的人気漫画『スラムダンク』が映画化された『Th

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろう

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍

都立浅草高校国語教師・神林先生が愛してやまない飲み屋と呑み助と大将と女将

自宅や実家での新年気分も終わり、今週末あたりから町の飲み屋に繰り出すか

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っ

PAGE TOP ↑