*

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

公開日: : Kindle, オススメ書籍, スポーツ

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、ステイホームの継続と静かな年末年始が要請されたこの冬、紅白歌合戦とともに正月のスポーツも例年以上に視聴者を集めたのではないだろうか。そんな正月スポーツの一番人気と言ってもよいのが、この箱根駅伝だ。毎年往復10時間という長丁場でありながら、これだけ視聴者をテレビにくぎ付けにする番組なんて、いまやこの箱根駅伝くらいのものだろう。

 

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

 

そして、確かにこれがむちゃくちゃ面白いのだ。往路・復路・総合という優勝争いはもちろん、メンバーの配置や当日の変更、優勝争いから脱落しても熾烈なシード権争奪戦にくわえて、タスキが無事につながるかどうかまで、全チームそれぞれの順位に合わせた見どころがたくさんあり、つまり消化試合やシーンなんてものが、この10時間のあいだに見当たらないのである。そんなスポーツ、他にありますか?

 

というわけで僕は今年もやはりテレビの前でずっと観戦・応援しちゃったわけなんだけど、今年の往路も面白かったですね~。第一区でトップに立った法政、第二区でのごぼう抜き、優勝候補・青学の失速、大型新人への期待と不安、そしてハイライトの山登りまで、いやあ見入っちゃうよね、ほんとに。

 

さてそんな良質のドラマが豊富なこの箱根駅伝は、だからこそ小説などの舞台にもぴったりだ。以前にもおすすめした『チーム』は、出場を逃した大学から選抜されたメンバーに焦点を当てたからこそ、普段は見えない箱根の舞台裏をのぞいたようなリアルで生々しい、それでいて実にさわやかな読後感が残る名作だ。ぜひこのタイミングで読んでみて欲しい。

ゴールの瞬間まで目が離せない ノンストップ駅伝小説!

箱根駅伝出場を逃した大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。東京~箱根間往復217.9kmの勝負の行方は――選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。

 

 

さらには、経済小説のベストセラー作家として知られる黒木亮は、じつはこの箱根を走っているのである。各大学10人しか走れない厳しい内部競争、だからこそあの箱根を走ったという記憶と経験はそれぞれのランナーのその後の人生を大きく左右するものだ。著者もその一人であり、自伝的作品となった本作もぜひ、箱根が脚光を浴びるこの正月にぜひもっと多くの人に読んでもらいたい傑作なのである。

北海道の雪深い町に生まれ育った少年が、ふと手にした陸上競技誌。その時から走る歓びに魅せられ、北海道中学選手権で優勝するまでに成長するが、それは奇妙な運命をたどる陸上人生の始まりに過ぎなかった。親友の死、度重なる故障、瀬古利彦という名選手との出会い、自らの出生の秘密……。走ることへのひたむきな想いと苦悩を描く自伝的長編。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかり

記事を読む

ヨーロッパ各国サッカーリーグ開幕:データ革命の時代

さて、いよいよ開幕したヨーロッパ各国のサッカーリーグ。ハメス・ロドリゲスがレアルに移籍し、香川真司は

記事を読む

kuzushi shougi

奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門

中学生でプロの将棋棋士となったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人であり、その後も第一

記事を読む

戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術

女子バレーボールのワールドカップもいよいよ終盤戦。リオデジャネイロ五輪への出場権をかけて瀬戸際のニッ

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。中学生になったら電車も大人運賃

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

chess board

機械 vs 人間:チェス、予測、ヒューリスティック

今回もサッカー・ワールドカップ予想をしている、毎度注目の統計家ネイト・シルバー。その彼の著書『シグナ

記事を読む

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院

マンガ大好き芸人も絶賛の異色作『チ。地球の運動について』最新刊がさらにおもしろい

宗教的絶望と科学的真理の葛藤。中世の時代、当時の世界を支配するキリスト

科研費に採択されたら絶対に使いたい超便利クラウドサービス

さて今年も科研費の採択が発表されるシーズンとなったが、昨年応募した方々

NHK「プロフェッショナル」東北魂サンドウィッチマンスペシャル

先日は「ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に」で書いたように、

【Kindle月替わりセール】おすすめの6冊

Kindle月替わりセール、3月末までの期間限定でお買い得となっている

論理思考の駆け引きで騙し合い|カードゲーム「TAGIRON」が熱すぎる

以前に「冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者

ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に

3/22月曜日、NHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」ご覧

新書『英語独習法』が売れている|認知科学者がおしえる思考と学習

岩波新書の今井むつみ『英語独習法』が売れている。僕自身も大変興味深く読

PAGE TOP ↑