*

今年も地元南魚沼で開催の裸祭りに(服を着て)行ってきた

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 南魚沼・新潟

3月3日は雛祭り、というのはあまりにもガールズ目線過ぎる。男ならここはやはり年に一度の一大イベント「裸祭り」の日、と答えて頂きたいところだ。というわけで、今年も行ってきました地元・南魚沼で開催の、1200年以上の歴史を誇る、正式名称「越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭」へと。

 

その毘沙門堂周辺を歩いていると、まずは稚児行列が準備しているのを発見。子どもたちにとっても大きなお祭りだからこそ、化粧も決まっています。

2016-03-03 12.56.19

 

2016-03-03 12.56.58

 

 

続けて見つけたのは、若い男衆の群れ。行進スタート地点に向かって歩いている様子。ちなみに南魚沼では今年は極めて雪が少ない冬を迎えているのだけれども、それでも当日はやっぱり寒い。風邪ひかないように、気合入れてどうぞ。

2016-03-03 12.51.18

 

 

そして蝋燭に灯りをともし、いよいよスタンバイ。このあと大行列を整え、開催場所である毘沙門堂まで練り歩きます。

2016-03-03 12.54.48

 

 

その毘沙門堂で待ち構える人たちの様子がこちら。メインイベントは夜から始まるにも関わらず、こちらも午後の早い時間から準備万端です。

2016-03-03 12.48.16

 

 

これが通称「裸祭り」の正式名称です。ちなみに国際大学からも毎年、留学生グループがこの祭りに参加しており、寒い冬のさなかに(上半身)裸で町を歩き、かつ神聖な真水に体いっぱい浸かるばかりか、巨大な蝋燭を抱えて押し合うクレイジーな Naked men’s festival として知られています。

2016-03-03 12.47.32

 

 

そして、夜になってから始まるメインイベントの押合いの様子については、去年僕自身が体を張って現場最前線で写真撮影してきたレポート「裸の男衆がつくる厳寒の異空間|越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に行ってきた」をご覧頂ければ幸いです。この祭りが終わると、南魚沼もいよいよ春らしくなってきます。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

スノボ平野選手の出身地・新潟県村上市に行ってみたら鮭と酒の町だった

スノーボード男子ハーフパイプ、見事な技で銀メダルを獲得した平野歩夢選手。スノボでは日本人初のメダルに

記事を読む

南魚沼の「雪国まいたけ」が5年ぶりに再上場|その背景で創業者はなんとカナダで再挑戦

新潟県南魚沼に本社を構える企業でもっとも有名なのが、この「雪国まいたけ」ではないだろうか? みなさん

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦が本当にこの夏日本にやって来た

今年の夏は忙しかった。何に忙殺されていたかと言えば、それが実は「アメリカで最もお世話になったあの老夫

記事を読む

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよ

記事を読む

南魚沼の春:桜と山菜ところどころ雪

「南魚沼は今が桜満開」で書いたように、南魚沼の地で桜が開花したのが4月の中旬のこと。東京に比べてずい

記事を読む

今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!

3年に一度開催される国際芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレをご存知だろうか?この「大地の芸術祭」は

記事を読む

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、競争倍率激しい抽選をぶじに勝ち

記事を読む

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

越後長岡藩の熱い夏|最後のサムライの夢の跡

新潟の長岡はこの夏おおいに盛り上がってます。一つ目の理由は、なんといっても映画『峠』がついに公開され

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑