*

裸の男衆がつくる厳寒の異空間|越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に行ってきた

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 南魚沼・新潟

ご存じの方は皆無だと思うが、越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭という祭りがある。上半身裸の男衆が「サンヨ!」の掛け声とともに押し合うという「奇祭」なのだが、それがなんとここ南魚沼で1200年以上も前から続いている伝統ある行事だというではないか(にいがた観光ナビ)。

 

昨年はタイミングが合わず残念ながら見送りとなってしまったので、今年は僕も張り切って行ってきました。何しろ本学の留学生も揃って参戦するというではないか。だったら僕も行かないワケにはいくまい。ま、もちろん、安全なところから服を来て写真を撮りに行ってきたですけどね。だって寒いでしょ、冬に裸になるなんて。

 

毎年3月3日に開催されるということで、本年はちょうど2週間前の火曜日がそのメインインベントの日となった。日も沈み闇が周囲を包んだのを見計らうかのように登場した数多の裸の男衆。彼らはまずは池の水に頭まで浸かり身体を清める。そして今度は巨大なロウソクを取り出し、本堂へと続く道を照らし始めた。

hadaka1

 

 

続いて登場したのが、騎馬戦のような格好で隊列を組む男衆。上に乗った人たちが大声で叫びながら、その隊列は本堂へ向かってゆっくりと歩みを進めていく。ここだけ魔物や物怪が存在するかのような異世界がそこに広がっていた。

hadaka2

 

 

その本堂で待ち受けるのが、またもや別の裸男衆。しかも今度はロウソクを持って本堂上段に構え、そこから下々を睥睨しているではないか。このあと一体どう展開するのか全く予想できず、オレも身ぐるみ剥がされるんじゃないかしらと、思わずこちらも身構えてしまうではないか。

hadaka3

 

 

そして今度はまた別のところから別の裸男集団が本堂へと駆け込んでくる。そして始まった掛け声と押し合い。下の者が上段へあがろうとするとも、上の者から蹴り落とされるなど、もはや闘争の様相を帯びてきた。オレも巻き添え食ったり、しないよね・・・?

hadaka4

 

 

そして何と、最後に本堂へ殴りこんできたのが、先ほどのロウソク裸男衆。まじかよっ!ここ木造建築ですよ!しかも万が一にも、文化財が消失しちゃったらどうしてくれるんですか!という僕の不安の叫びが全く届かないほどの狂喜乱舞。よくよく見るとこの人達の多くは目がすわっている。しかも酒臭い。寒さを感じぬよう酒をしこたま飲んでから祭りを始めているみたいなのだが、こんな酔っぱらいばっかりだったら、本当に焼けちゃいますって!

hadaka5

 

 

しかも、ロウが溶けてそれがどんどん流れ落ちているんだけど、周囲の観衆にまでロウがかかってくるじゃねえか。ロウソク裸男が本堂場内を走り、それに押し出されるように観客ももみくちゃにされ、オレにもロウがかかってまじ熱かったって!

 

というわけで僕は、最初は安全なところから眺めているだけのつもりだったのに、思いがけず最前線に陣取ってしまったばかりにものすごい迫力でこの祭りを目撃することとなったのである。しかしそのおかげで、老いも若きも日本人も外国人もが、この狂気の異空間にエキサイトする様子を間近で見て取ることができたのである。やはり来年は僕も一肌脱いで新規参戦せねばなるまいか、とは思わなかったけどね。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

今年も地元南魚沼で開催の裸祭りに(服を着て)行ってきた

3月3日は雛祭り、というのはあまりにもガールズ目線過ぎる。男ならここはやはり年に一度の一大イベント「

記事を読む

新潟県内地域図

越前・越中・越後と、上越・中越・下越

新潟県の面積はなかなかに大きいのだが、さて、日本の都道府県の面積を大きい順に5番目くらいまで正確に言

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦が本当にこの夏日本にやって来た

今年の夏は忙しかった。何に忙殺されていたかと言えば、それが実は「アメリカで最もお世話になったあの老夫

記事を読む

新潟県南魚沼市の銘酒「鶴齢」がJALビジネスクラスの機内食日本酒リストに登場

JALが3月1日から、国際線の機内食にて春の新メニューを提供開始したというニュース。今回のメニュー刷

記事を読む

スノボ平野選手の出身地・新潟県村上市に行ってみたら鮭と酒の町だった

スノーボード男子ハーフパイプ、見事な技で銀メダルを獲得した平野歩夢選手。スノボでは日本人初のメダルに

記事を読む

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

美女と稲刈り:魚沼産コシヒカリ、新米できました

さてさて収獲の秋、味覚の秋、そして食欲の秋。今年も魚沼産のコシヒカリの新米ができましたよっ!以前に「

記事を読む

カブトムシと祭りと日本の夏

ままま、マジですかっ!家の裏でカブトムシを発見しました!いやぁ、カブトムシってデパート以外にもちゃん

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

PAGE TOP ↑