*

裸の男衆がつくる厳寒の異空間|越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に行ってきた

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 南魚沼・新潟

ご存じの方は皆無だと思うが、越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭という祭りがある。上半身裸の男衆が「サンヨ!」の掛け声とともに押し合うという「奇祭」なのだが、それがなんとここ南魚沼で1200年以上も前から続いている伝統ある行事だというではないか(にいがた観光ナビ)。

 

昨年はタイミングが合わず残念ながら見送りとなってしまったので、今年は僕も張り切って行ってきました。何しろ本学の留学生も揃って参戦するというではないか。だったら僕も行かないワケにはいくまい。ま、もちろん、安全なところから服を来て写真を撮りに行ってきたですけどね。だって寒いでしょ、冬に裸になるなんて。

 

毎年3月3日に開催されるということで、本年はちょうど2週間前の火曜日がそのメインインベントの日となった。日も沈み闇が周囲を包んだのを見計らうかのように登場した数多の裸の男衆。彼らはまずは池の水に頭まで浸かり身体を清める。そして今度は巨大なロウソクを取り出し、本堂へと続く道を照らし始めた。

hadaka1

 

 

続いて登場したのが、騎馬戦のような格好で隊列を組む男衆。上に乗った人たちが大声で叫びながら、その隊列は本堂へ向かってゆっくりと歩みを進めていく。ここだけ魔物や物怪が存在するかのような異世界がそこに広がっていた。

hadaka2

 

 

その本堂で待ち受けるのが、またもや別の裸男衆。しかも今度はロウソクを持って本堂上段に構え、そこから下々を睥睨しているではないか。このあと一体どう展開するのか全く予想できず、オレも身ぐるみ剥がされるんじゃないかしらと、思わずこちらも身構えてしまうではないか。

hadaka3

 

 

そして今度はまた別のところから別の裸男集団が本堂へと駆け込んでくる。そして始まった掛け声と押し合い。下の者が上段へあがろうとするとも、上の者から蹴り落とされるなど、もはや闘争の様相を帯びてきた。オレも巻き添え食ったり、しないよね・・・?

hadaka4

 

 

そして何と、最後に本堂へ殴りこんできたのが、先ほどのロウソク裸男衆。まじかよっ!ここ木造建築ですよ!しかも万が一にも、文化財が消失しちゃったらどうしてくれるんですか!という僕の不安の叫びが全く届かないほどの狂喜乱舞。よくよく見るとこの人達の多くは目がすわっている。しかも酒臭い。寒さを感じぬよう酒をしこたま飲んでから祭りを始めているみたいなのだが、こんな酔っぱらいばっかりだったら、本当に焼けちゃいますって!

hadaka5

 

 

しかも、ロウが溶けてそれがどんどん流れ落ちているんだけど、周囲の観衆にまでロウがかかってくるじゃねえか。ロウソク裸男が本堂場内を走り、それに押し出されるように観客ももみくちゃにされ、オレにもロウがかかってまじ熱かったって!

 

というわけで僕は、最初は安全なところから眺めているだけのつもりだったのに、思いがけず最前線に陣取ってしまったばかりにものすごい迫力でこの祭りを目撃することとなったのである。しかしそのおかげで、老いも若きも日本人も外国人もが、この狂気の異空間にエキサイトする様子を間近で見て取ることができたのである。やはり来年は僕も一肌脱いで新規参戦せねばなるまいか、とは思わなかったけどね。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

南魚沼は今が桜満開

やっぱり雪国なんだなあと思うのは、今ようやく桜が満開となっているから。山の頂にはまだ白雪が残り、咲き

記事を読む

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

長岡の花火大会が今年も素晴らしかった|来年はぜひお越しください

日本三大花火のひとつに数えられる新潟県長岡市の大花火大会。僕は今年も、競争倍率激しい抽選をぶじに勝ち

記事を読む

定点観測して気づいたが、稲の成長速度がものすごく速い

さてご存じの通り、ここ南魚沼一帯はコシヒカリの一大産地である。というわけで、コメの作付けから稲刈りま

記事を読む

bijotabi winter hakkaisan

君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に

「国際大学(IUJ)の紹介:ロケーション」で書いたように、本学がキャンパスを構えるのが新潟県南魚沼市

記事を読む

「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もうご存知ですよね、新潟県燕三条地

記事を読む

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよ

記事を読む

今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!

3年に一度開催される国際芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレをご存知だろうか?この「大地の芸術祭」は

記事を読む

南魚沼の名門老舗旅館「龍言」と将棋タイトル王座戦

軟派な諸兄には「南魚沼といえば美女旅」だが、硬派な諸氏には「南魚沼といえば将棋と龍言」と覚えて頂きた

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所

お正月に見た映画『スラムダンク』にやっぱり涙と鼻水が止まらない

今年の正月には、あの伝説的人気漫画『スラムダンク』が映画化された『Th

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろう

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍

都立浅草高校国語教師・神林先生が愛してやまない飲み屋と呑み助と大将と女将

自宅や実家での新年気分も終わり、今週末あたりから町の飲み屋に繰り出すか

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っ

PAGE TOP ↑