*

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

公開日: : オススメ書籍, 研究・論文

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知っている。それの水中版? もちろんそれで大体あっているのだけれども、その具体的内容はというと、海に沈んだ遺跡を発掘したり、沈没船を探索したりして、人類のいまだ知られざる歴史を研究しているのである。その実態をもっと知ってみたいという人は、こちらの記事「地震で沈んだ『海底都市』を発掘せよ 若き水中考古学者の驚きの日常」が参考になるだろう。

 

 

主役は「沈没船博士」こと山舩晃太郎。世界中を飛び回り、大海を潜りまくり、そして今日も新たなお宝を発見するという、インディージョーンズばりの日常生活なのだ。ちなみに同氏は極めてユニークな経歴の持ち主であり、そのキャリアにも興味があればぜひとも別記事「『英語力ゼロで単身渡米』法政大野球部の戦力外投手がアメリカでつかんだ”異色の仕事”」も合わせて読んでみてほしい。

 

そんな山舩晃太郎博士の著書がこちら『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』である。こういう研究最前線の内容を、こんな面白い一般書で読めるなんて機会はなかなかないだろう。であればぜひ、自分の研究や専門にとらわれずに、ぜひとも読んでみて欲しい。こんな分野があったなんて!っていう驚きに満ちた、とてもエキサイティングな一冊としておすすめしたい。

恋人や家族が戯れる海の底で沈没船を探すロマンチスト。それが水中考古学者だ。今日は地中海、明日はドブ川。激アツの発掘デイズ。

英語力ゼロなのに単身渡米、ハンバーガーすら注文できず心が折れた青年が、10年かけて憧れの水中考古学者に。その日常は驚きと発見の連続だった! 指先さえ見えない視界不良のドブ川でレア古代船を掘り出し、カリブ海で正体不明の海賊船を追い、エーゲ海で命を危険にさらす。まだ見ぬ船を追うエキサイティングな発掘記。

 

 

 

さらには、これまで本当に全然知らなかったのだけれども、この「水中考古学」という研究分野は、アメリカのテキサスA&M大学がリードしているんだね。先の山舩博士も同大学の出身なのだが、実はそれだけではないのだ。例えば、以下の一冊『水中考古学 地球最後のフロンティア』を著した佐々木ランディ博士もまた、同じくテキサスA&M大学にて「水中考古学の父」と呼ばれるジョージ・バス氏に師事して博士号を取得したとのこと。

溺れるほど面白い、水中考古学の世界へようこそ。

・坂本龍馬のいろは丸は銃を積んでいなかった?
・海に沈んだイカリから蒙古襲来の神風の進路が判明?
・湖に沈む一隻の釣り舟はキリストの舟だった?
・沈没船から見つかったオーパーツは世界最初のコンピューターだった?

水中に沈む沈没船や遺物から歴史を塗り替える発見が相次ぐ。まだ見つかっていない遺跡も多く、まさに地球最後のフロンティアといえる。しかし、世界に冠たる海洋国家の日本は水中考古学の分野では後れをとっている。貴重な水中遺跡が充分に保護されず失われていく現状を憂い、立ち上がったのが「海のランディ・ジョーンズ」こと佐々木ランディだ。

水中考古学の魅力と価値を伝える使命感で筆をとり、書き連ねた魂の玉稿。「水中考古学者は財宝の夢を見ない。どんな財宝よりも面白いことが水中には眠っているからだ。人類の歴史を解き明かす鍵が君を待っている」――著者

「日本人なら水中考古学」と叫びたくなる知的探求の世界へ、いざゆかん。

 

 

 

そのうえ、この分野にはさらに先輩がいて、数年前に以下の書籍『水中考古学 クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで』を上梓した井上たかひこ博士もやはり、テキサスA&M大学にて「水中考古学の父」ジョージ・バス氏の薫陶を受け、そして東洋人として初めて水中考古学の学位を授与されたそうなのだ。

水中考古学とは、水面下の遺跡や沈没船を対象とする考古学の一分野である。これまで、欧米の研究チームがクレオパトラ宮殿やタイタニック号を発見し、中国・韓国も国を挙げて沈船調査に取り組んでいる。日本でも、長崎の元寇船調査を中心に、国内の体制が徐々に整えられつつある。著者自身、千葉県沖に眠る幻の黒船を発見し、今も調査を続けている。本書では、自身の体験も織り交ぜながら、探検と研究の現場に迫る。

 

 

 

というように、今アツく盛り上がっている水中考古学の世界、そしていずれもテキサスA&M大学にて最先端研究に携わってきた3人の日本人研究者が発表した一般向け書籍。読み比べてみるとそれぞれに刺激があり、今後もさらに彼らを追った若き水中考古学研究者が海を渡り、海に潜り、そしてこの分野がますます発展していくことを確信している。大変に興味深い研究分野であり、とても知的好奇心にあふれた、ロマンチックな本としてすべての人におすすめしたい。夏休みの読書にぜひ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

チェス界のモーツァルト、天才ボビー・フィッシャーの生涯が待望の文庫化

伝説的なチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯を記録した傑作ノンフィクション『完全なるチェス』

記事を読む

2014年、本ブログでのベストセラー:Kindle版および書籍版

今年もいよいよ終わり。ということで、この一年間の本ブログ上でのベストセラーを発表しよう。Kindle

記事を読む

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘められた極意 サッカーの神髄に迫

記事を読む

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多く

記事を読む

これは面白いピタゴラス的発想!|「解きたくなる数学」をビジュアルで考える

以前に「クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニークな視点」でも書いたように、僕

記事を読む

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙を広げる」で激推しした、『英単

記事を読む

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように、昨今にわかに昆虫ブームなのは

記事を読む

マラソンランナー大迫傑という生き方|東京五輪で引退する「愚か者」

オリンピック最終日に開催され、最も注目されるともいってよい種目が、男子マラソンである。そして今年の東

記事を読む

グラデーションマップで類似英単語を効果的に使い分ける

評判のよい英単語帳を新たに買って読んでみた。そしたらこれが期待以上によかったので紹介しておきたい。そ

記事を読む

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所

お正月に見た映画『スラムダンク』にやっぱり涙と鼻水が止まらない

今年の正月には、あの伝説的人気漫画『スラムダンク』が映画化された『Th

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろう

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍

都立浅草高校国語教師・神林先生が愛してやまない飲み屋と呑み助と大将と女将

自宅や実家での新年気分も終わり、今週末あたりから町の飲み屋に繰り出すか

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っ

PAGE TOP ↑